はじめに

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)とは、入院患者さんに最良の栄養療法を提供するために、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床検査技師など職種を越えて構成された医療チームのことです。
多職種が関わることで、患者さんの状態を総合的に評価することができます。

病院では入院の原因となった疾患を治療することが第一ですが、栄養不良状態では治療に難渋します。
栄養サポートを必要とする患者に対し、適切な栄養アセスメントを行うことにより、適切な栄養療法を提言・選択・実施し、栄養状態の改善を図ります。
また、退院や早期社会復帰を目的に栄養面において提言を行います。

また医療従事者全体に対して栄養療法を啓蒙しスキルアップを図っています。

スタッフ紹介


 

医師 4名

看護師 2名 + リンクナース 13名

管理栄養士 1名

薬剤師 2名

臨床検査技師 1名

医療クラーク 2名

NSTの病院での役割

◆院内における栄養療法の普及と職員の教育

◆適切な栄養スクリーニング、栄養アセスメントの確立と標準化

◆栄養障害の早期発見と早期治療による治療効果の向上

◆栄養障害に伴う合併症の減少

◆患者QOLの向上

◆褥瘡の発生予防と早期治療

◆カテーテル敗血症、院内感染の減少

◆摂食不良患者の減少

◆栄養剤、薬剤、資材の統一による経費削減

◆在院日数の短縮

活動内容

臨床活動

◆栄養管理体制の整備

◆NSTカンファレンス及び回診(4回/週)

◆コンサルテーション対応(随時)
 


NSTカンファレンス

NST回診

ミーティング

◆栄養サポートチーム会(1回/月)
 

◆症例検討会(1回/月
 

啓蒙と研究活動

◆全職員対象の勉強会の開催(3回/年)

◆チーム内でのミニ勉強会の開催(10回/年)

◆学会や研究会等への参加、研究発表
 


NST勉強会

NST勉強会実技

 

認定資格について

◆日本静脈経腸栄養学会のNST稼働施設認定

◆日本栄養療法推進協議会のNST稼働施設認定

◆TNT医師 6名

◆NST専門療法士8名

サイトマップ
ページの先頭へ