• はばたけ!!すわっこ研修医

胸腔穿刺勉強会 10月

 


 

 こんにちは(^^)1年目研修医堀江です(^^)早いもので諏訪湖周辺は紅葉真っ盛りで秋も深まってきています。

  研修生活も半年を過ぎ、現在研修ローテーションも5つ目の科となっています。前回は外科、現在は麻酔科で研修していますが、様々な手技をやらせていただく機会があります。毎度毎度緊張しますが、指導医の先生方の丁寧なご指導のもと、少しずつできることが増えていくのは嬉しいです。

  先日、私たち研修医が外科の竹田先生に胸腔穿刺の実技指導をしていただく機会がありました。1人1人模型を使って実際の手技を1からやりながらアドバイスをいただきました。コツや注意すべき点を手を動かすことで覚えることができ、とても有意義な時間となりました。

   この他にも、エコーや縫合など年間通していろいろな勉強会があります。手技は実際に手を動かさないと習得できないので、こういった機会にポイントをしっかり学んで実際の現場でスムーズに実施できるようにしたいです(^^)

花火大会の救護  2015.8.15


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは1年目研修医の金本といいます

今回は前回のと少しかぶってしまいますが、8月15日の花火大会での救護のことと9月5日での新作花火大会のことを書きたいと思います。smiley

 

 

毎年、花火大会になりますと諏訪市の人口の何倍もの人が花火を見にやってきます。

そして毎年、その時期には諏訪赤十字病院・諏訪消防署・諏訪警察・消防団が一つとなり救護を行います。赤十字病院では上級医の先生と研修医と看護師、事務の数人で救護班を結成し、花火大会の本部にて救護を行います。

自分は8月15日の救護に参加しました。

 

救護自体が初めてであったので最初は何をすればわからなかったが、救護の主な仕事は病院当直での救外でやることと違ってやれることはかなり限られます。

例えば、縫合や点滴はできず、経口薬を渡したり、傷口を洗浄して絆創膏を貼ったりすることぐらいしかできませんでしたが、病院へ行ってもらう必要があるときは救急車をすぐに呼んだりします。

 

今年は天気が良かったため去年と同じように傷病者も少なくかなり平和であったと思います。

 

 

話が変わり、9月5日の新作花火大会は8月15日のと比べると規模が少し小さくなっていますが、それでも人が多いことには変わらず、同じように救護がありました。

この日は自分は非番であったため同期の近藤先生とともに花火(の屋台の飯)を楽しみました。その際、救護所に寄り、救護の人達に補給物資(屋台の飯)を贈与しました。

 

 

さすが、日本で有名な花火大会の一つでありお金を払ってでもいいところで見たくなる気持ちになりました。また、来年も天気に恵まれ、無事に花火が迎えられるといいなと思いました。

最高の2時間 2015.8.15


 

 

こんにちは 一年目研修医の青村といいます
今回は8月15日に行われた第67回の諏訪湖花火大会について書いてみたいと思います。

諏訪=花火といっても良いほどに花火は諏訪湖の名物で、夏場には20時30分から花火が毎日打ち上げられています。
さらに8月15日の花火大会は圧倒的な規模を誇り、来客は毎年50万人程度と、諏訪市の人口の10倍にもなります。

というわけで、人生初の花火大会を見物するべく湖畔通りに繰り出してみました。ひとりで


湖畔にはたくさんの屋台がでていて、町中がお祭りムードでした。
浴衣を着たたくさんの人、立ち並ぶ屋台、ビールにおつまみ、綺麗な花火・・・
いつもと違う諏訪の雰囲気に思わず感動してしまいました。最高の2時間を過ごさせてもらいました。


月並みな感想ですが、単純に楽しいと思える素晴らしい雰囲気の花火大会でした。来年も行きたい・・・


あと9月5日には新作花火大会があり、研修医として救護班に参加します。
花火を見てたい気持ちもありますが、しっかり救護がんばります!

2015.7.25  中部ブロック 赤十字病院スポーツ大会 

こんにちは。

一年目研修医の頼母木(たのもぎ)です。

研修も5か月目に突入しました。

知識や技術は満足には増えず、反対に腹回りの脂肪が順調に増えていく日々に

焦りを感じる今日この頃です。

ということで、『勉強をしよう。』

ではなく、『スポーツをしよう』ということで中部地区日赤スポーツ大会に行ってきました。


参加選手

研修医エール

 

中部地区日赤スポーツ大会は中部地区(愛知、岐阜、滋賀、長野)の赤十字病院愛が

愛知に集まって毎年行われています。

競技は野球、フットサル、バレーボール、ソフトボール、駅伝などがあり、

ここで上位に入ると、なんと全国大会まであるんです。けっこうがちです。

研修医も半分ほどは諏訪赤十字病院のスポーツクラブに所属しているので、

スポーツ大会に行ってきました。

 

私が所属する野球部は二回戦で惜しくも敗退し、全国大会出場はなりませんでした。

私も代走で試合に出してもらいましたが、少し出ただけでもうへとへとでした。

久しぶりにいい汗が流せたのでまた明日から仕事頑張りたいと思います。


 

 

 

2015.6.14 BBQ 感謝


 

 

こんにちは。一年目研修医古井です。

研修医としての生活が始まって3か月が経ちました。だんだんと業務にも慣れてきて、その分任される仕事も少しずつ増えてきました。自分の勉強不足を実感する毎日です…汗

 

ところで先日!大和病院長のご厚意で、先生の自宅でのBBQに研修医一同ご招待いただきました!

美味しいお酒とお肉をいただき…〆はサーモンの燻製で。いやはや美味でした。。

しっかり英気を養って翌日からの仕事に励むことができました。

 

 

 

 

 

 

朝の勉強会やBBQなど僕たち研修医のことをいつも気にかけてくださる大和先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

写真は一年目研修医と大和先生で。みんなよい笑顔ですね!

病院祭 笑劇場  すわえもん ””のび太の感染列島””     2015.05.30

 こんにちは。研修医一年目の山家です。

 六月に入りいよいよ一年目も当直が始まり、戦々恐々とする毎日ですが、泥臭く、日々いろいろなことを学びながら汗を流して研修を頑張っています。

 

 

さて、前回の投稿でも触れていましたが、先日5月30日に病院祭が行われました。我々一年目と二年目のたすき掛けプログラムの先生方共同で笑劇場「すわえもん」をやらせていただきました

日々の研修の合間を縫って準備をし、特に直前の一週間は肉体的にしんどい思いもしましたが、本番では皆出し得る最大のパフォーマンスを発揮することができたと思います

多くの先生方、患者さん、職員の方から「超大作だったね。」「感動した。」「涙出た。」と賛辞のお言葉をいただき、中にはお世辞もあるでしょうが、確かな達成感を感じることができました

お越しいただいた方々、本当にありがとうございましたm(__)m

 


 

 夜は二年目の先生方の計らいで慰労会を開いて頂きました

 ゆっくりお酒を飲んだのは久々でした。ありがとうございました!

 病院祭もようやく終わり、より一層日々の研修に打ち込もうと、並ならぬやる気がみなぎっております。

 今週から頑張るぞー

もう直ぐ  ” 病院祭 ”   2015.5

こんにちは、研修医1年目の近藤です。

4月から働き始めて、もうすぐで2か月です。少しずつ仕事に慣れてきましたが、まだまだ毎日が修業です

 

ところで、5/30に諏訪赤十字病院の病院祭があります。そこで、研修医1年目と2年目で劇をします。しかも、1時間‼‼ なので、今は仕事が終わった後に皆で集まって劇の練習をしています。正直ツラい時もありますが、同期達と協力して楽しくやっています(^^♪ もはや劇の練習が1番大事な仕事に思えてきました。笑

 

劇のテーマは「ドラえもん」ならぬ「すわえもん」です。愛と感動(?)の超大作になっているので、皆さんぜひ見に来てください‼

 

さっ、今から劇の練習をしよ~

 

朝勉強会  2015.4

4月担当のサムです。

1年間の研修が終わり、2年目の研修が始まりました!

新しく1年目の研修医の先生方が入ってきて教わるだけから教える側になり、四苦八苦している毎日です!教えるって難しい!

 

今日は研修医主体でおこなっている朝の勉強会について紹介したいと思います!

諏訪赤十字病院では火曜日から金曜日の朝7:15-8:00まで勉強会を行っています。それぞれの日でやることが異なるので簡単に説明します。

 

火曜日は研修医が経験した珍しい疾患や非典型的な経過をたどった症例を発表するMornig reportです。前回は両下肢の浮腫を主訴にした悪性リンパ腫の1例が発表されました。

 

水曜日は救急科をローテーションしている研修医による救急カンファです。救急外来で経験した症例や救急外来で必要な手技、知識を発表・経験します。前回は急性腹症をテーマに様々な画像を供覧しました。

 

木曜日はNew England Journal of Medicineに掲載されているCase reportの抄読会です。英語の症例を訳して発表します。発表者以外の研修医には全文が渡されないため、鑑別疾患を考えながら推論していきます。

 

金曜日はEBMで、2週間前にMorning reportで発表された症例に関しての論文を検索、Evidenceを自分で検索し発表します。ここでは論文の内容や質に関して議論していき、症例がどうであったかと議論します。

 

と、朝から精力的に勉強しています!研修医が経験した症例をお互いに共有できますし、英語の勉強や論文の読み方も勉強できます。いずれも自主的ですが上級医の先生方にも参加していただき有意義なものです!

修了式                                             2015.03.20

こんにちは。

研修医1年目の西脇です。

先日、2年次の先生の研修修了式が行われましたので、

その様子をアップいたします~

この日はイベントが盛りだくさんで15:00から植樹祭が行われました。

植樹祭はH20年から続いていて、今年はムクゲという樹を植樹しました

花言葉は『信念』ということです。

僕も信念を持った医師として成長していきたいと改めて思いました。

 

この日の夜は祝賀会もあり2年次の先生方を送り出しました

医師会の先生や地域でお世話になった先生、また指導医の先生方や当院の初期研修を修了した先生方も遠方から駆けつけてくださいました。

研修医が一同にこれだけ集まれる時間はなかなかないので、とても楽しかったです。

 

今年1年はほんとうにあっという間に過ぎました。

2年の先生はいなくなってしまい寂しく不安に思いますが、これからは僕らが先生方に教えていただいたように、新しく入る先生に教えていきたいと思います。

2年次の先生方、本当にお疲れさまでした

そしてありがとうございました

 

 

12年ぶりの再会

みなさん、こんにちは! 研修医のうっちーといけです。

諏訪ではまだ10月にして、本格的な寒さを迎えてきました。これからは非常に美しい銀世界が待っている!・・・ということにしておきましょう。。。

医師になってもう半年が過ぎ、大事な1年目も折り返しを迎えました。半年経って果たして自分がちゃんと成長できているのか、と不安も募るところですが、新しいことを吸収したり経験したりする楽しさを実感しているのも事実です!

そんな1年目後半戦の10月には、全国赤十字スポーツ大会や諏訪マラソンなど、寒さも吹き飛ばす熱いイベントがありましたので、報告します。

全国赤十字スポーツ大会とは、フットサルや野球やバスケ、テニスなどさまざまな種目において各地方のブロックで勝ち上がった強者たちが一同に集まる、赤十字職員による全国大会です!!

今年は開催地は・・・なんと・・・東北地方最大の都市、仙台でした。仙台と聞くと、牛タンやずんだ餅など、魅惑するものがたくさんありそうで、わくわくしてきますね。

ボクはバスケの方で参加させていただき、1勝1敗と喜びと悔しさの両方を味わい貴重な経験をすることができました。学生時代と比べ、めっきり運動量が落ち、メタボ予備軍への仲間入りを恐れなくてはならない状況へと陥りそうですが、やっぱり体を動かすっていいですね^^

夜はレセプションがあり、個人的な話ですが、小学校の同級生で研修医になった人に12年ぶりに再開し、いろんな場所で古き友人もがんばっているんだな、と励まされました。

各地にいる様々な仲間、ライバルと切磋琢磨し、今後もがんばっていこう、とリフレッシュできた旅でした。

サイトマップ
ページの先頭へ