• 看護部
  • 副院長兼看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長 宮坂 佐和子

    副院長兼看護部長よりメッセージ 

 当院は救急医療とがん医療を中心に急性期から在宅までを補完 する地域基幹病院の役割を担う中で、看護部は「生きる(生命と生活)を守る・支える・つなげる看護」の提供をめざして様々なフィールドで連携とチーム力の強化を大切にしています。特に、地域包括ケアシステム構築に向けて、安心で安全な高齢者ケアの 向上と、看護職がやりがいを持ちながら働き続けたい職場作りを重点目標として様々なことに取り組んでいます。

 

「私たちは、赤十字の基本原則に基づいて、

 一人ひとりを尊重した思いやりのある看護を提供します」

の看護部理念を掲げて、常に患者さんに安心を提供できるためのコミュニケーション力と看護実践能力を高めることに努めています。

 教育体制は、赤十字医療施設キャリア開発ラダーを基盤として、新人看護職員研修はチューター制と多職種合同オリエンテーション&フォローアップ研修など、専門職として円滑なスタートができる教育体制を整えています。リーダーシップ研修・看護研究などのレベル別研修は外部講師による年間を通じてのサポートがあり、実践に活かせる確実な学びにつながっています

 働き方改革においては、バディ制チームナーシングを実践してお互いが補完しあえる風土づくりと業務改善に取り組んでいます。

 チーム医療(緩和ケア・認知症ケア・入退院支援・NST・褥瘡ケア・摂食嚥下ケアなど)を推進し、多職種協働と看護の専門性発揮に力をいれています。患者さんも職員もハッピーになるために、共に看護のこころを育んでいきましょう。

サイトマップ
ページの先頭へ