部署の紹介

感染制御のための組織

 感染管理室は感染管理室は病院長直轄の組織で、病院を利用するすべての方々を感染の危険から守るための感染管理組織の中心的な役割を果たしています。院内外の感染に関する情報を収集、分析し適切な感染対策がとれるよう情報提供や教育、指導等の実務を担っています。メンバーは感染制御チーム(ICT)と、抗菌薬適正使用支援チーム(AST)の一員でもあり、感染防止対策委員会、看護部感染対策委員会(リンクナース会)と連携をとりながら、病院を利用するすべての方々を感染の危険から守るために活動しています。

感染制御室会議
感染管理室会議
全職員対象研修会
全職員対象研修会

 

 

スタッフの紹介

・医師4名(感染管理医師:ICD2名)

・看護師3名(感染管理認定看護師:ICN2名)

・薬剤師2名(感染制御専門薬剤師:BCICPS1名)

・臨床検査技師3名(感染制御認定臨床微生物検査技師:ICMT1名) 

・医事職員2名

業務の紹介

活動内容

院内感染サーベイランス

・微生物サーベイランス
(一部、JANIS:厚生労働省院内感染サーベイランス、
SICSS:信州インフェクションコントロールの参画)
・各種医療関連感染サーベイランス
(JANIS:厚生労働省院内感染サーベイランス)
・医療関連感染サーベイランス・プロセスサーベイランス

 

感染対策の指導・評価

・院内ラウンド

 

抗菌薬適正使用のための支援

・情報提供、TDMの実施、指導

 

院内教育

・全職員対象研修年2回、その他職種別研修等

 

コンサルテーション

・抗菌薬関連、感染防止対策等
・アンチバイオグラムを利用した適正な抗菌薬使用の推進

 

マニュアルの作成および改訂

 

アウトブレイク対応

・流行期のポスター掲示および啓発
・アウトブレイクの早期発見と対応

 

感染管理室ニュースの配信

 

感染防止対策の相互評価

 

地域の病院(感染防止対策加算2病院)とのカンファレンス

 

諏訪地域感染対策ネットワーク参加

研修医への教育
研修医への教育
ラウンド風景
ラウンド風景

 

 

サイトマップ
ページの先頭へ