対象疾患の多くは、成人の肝臓、胆道(胆管、胆のう、十二指腸乳頭部)、膵臓、脾臓の悪性疾患(がん、リンパ腫など)です。
これらは悪性疾患の中でも予後が悪い、治りにくいといわれており、外科治療だけでは根治できないことも多いため、術後補助化学療法(抗がん剤治療)や、そのほかの治療法を併用する「集学的治療」を行っています。

良性疾患としては、胆嚢結石症、胆嚢炎、総胆管結石症、肝嚢胞、膵嚢胞性疾患、門脈圧亢進症に伴う胃・食道静脈瘤や難治性腹水に対する外科治療も行います。

そのほか、副腎腫瘍や後腹膜腫瘍も対象として外科治療を行います。

臓器別疾患の例と治療法について

肝臓

肝細胞がん

B型・C型肝炎(肝硬変)、アルコール性肝障害が原因であることが多いですが、最近では脂肪肝炎を原因としたものや、正常肝に発がんするものが増えています。

<治療法>
肝機能を評価した上で、手術のほか、ラジオ波焼灼療法 (RFA)、経皮的肝動脈塞栓療法 (TACE)を検討します。
さらには、抗がん剤、分子標的薬、放射線照射、肝動注化学療法 (HAIC)、エタノール注入療法などを組み合わせた集学的治療を行います。
 

肝内胆管がん

肝臓内の胆管に発生するがんです。

<治療法>
手術による切除が唯一の根治治療とされています。手術ができない場合、抗がん剤、放射線治療、肝動注化学療法 (HAIC)が選択されます。
 

転移性肝がん

大腸がんや胃がんのような消化器がんの肝転移のほか、専門科の治療方針によっては乳がんなどの転移も治療の対象としています。

<治療法>
同時性肝転移のほか、転移再発や、抗がん剤で小さくさせてからの肝切除術を行います。ラジオ波焼灼療法 (RFA)を行うこともあります。
 

肝のう胞

肝臓に水の入った嚢(ふくろ)ができます。小さいものは問題ありませんが、おおきくなるとおなかの中を圧迫して食事が摂りづらくなったり、痛みがでます。

<治療法>
のう胞天蓋(てんがい)開窓術といって、肝臓の表面ののう胞を破って、なかの水分を排液し、その天井部分を切り取ります。ほとんど腹腔鏡下の手術で行っています。再発のう胞にはエタノールを注入することもあります。
 

肝内結石症

肝臓の中の胆管内に石ができて、胆管をふさいだりして、黄疸や感染の原因となります。

<治療法>
胆管切石術といって肝外胆管を切って肝内胆管の石を除去したり、それもできない場合は肝臓を切除することもあります。
 

胆道

肝外胆管がん

肝臓から十二指腸までの間の胆汁の流れ道にできるがんです。多くの場合、黄疸で見つかります。

<治療法>
標準術式として、肝門部領域胆管がんに対しては、肝拡大葉切除術を、遠位胆管がんに対しては(幽門輪・亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術を行います。
適応を検討して、これらを同時に行ったり、逆に胆管切除のみの縮小切除を行うこともあります。標準治療ではありませんが、進行度の高い場合は術後に抗がん剤の治療を行うこともあります。
 

胆のうがん

1cmを超える大きさのポリープからはがんである可能性を考慮します。
胆のうは肝臓に接しているため、がん組織が肝臓まで広がったり、胆管におよんだりします。リンパ節転移も高率に起きます。
一方で、胆嚢結石症などで摘出された胆のうにたまたまがんが見つかることもあります。
胆のうがんは早期の場合は予後のよいがんです。

<治療法>
胆のうがんの手術は、胆のうを摘出するだけでよい場合から、肝臓の半分以上や、さらに同時に膵頭部まで切除しなければならない場合までさまざまです。
一例ごとにがんの進み方を把握して、根治術の術式を決定します。
進行がんの場合は予後が悪いため、標準治療ではありませんが、抗がん剤の治療を追加することもあります。
 

十二指腸乳頭部がん

肝臓で作られた胆汁が腸管に流れ出る部分を十二指腸乳頭部といい、胆道がんに含めます。黄疸で発症することが多いです。また普通の上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で見つかることもあります。

<治療法>
(幽門輪・亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術が標準的な根治手術です。進行がんの場合、進行がんの場合は予後が悪いため、標準治療ではありませんが、抗がん剤の治療を追加することもあります。
 

胆のう結石症

胆のう内に石が形成される病気です。
無症状の場合や、胆石発作と呼ばれる刺すような痛みが、みぞおちや右の肋骨の裏にあることもあります。のう管という細い管の部分にはまり込んで(陥頓(かんとん))、胆嚢炎の原因となることもあります。さらに総胆管内に落ちて総胆管結石となることもあります。

<治療法>
無症候性の場合は、原則的に手術適応はありません。
発作を認めた場合、手術は胆のう摘出術が基本で、一般的には腹腔鏡下で行われることが多いです。
 

急性胆のう炎、慢性胆のう炎急性増悪

右の肋骨の裏の痛みや発熱で発症します。症状が進むと胆のうが腐って(壊死)破れたりして、腹膜炎という重篤な状態になります。

<治療法>
症状がでて早いうちは緊急手術を行います。
手術は胆のう摘出術が基本で、一般的には腹腔鏡下で行われることが多いですが、炎症が強い場合は、開腹して安全に手術を行います。
発症から時間が経っていたり、全身状態が悪い場合は、経皮経肝胆のうドレナージ術 (PTGBD)という、体外から肝臓を通って胆のうに管を入れて感染した胆汁を体外に排出させる処置を行います。炎症が治まったところで手術を行います。
 

総胆管結石症

肝臓内の胆管でできた石や、胆のう内にできた石が総胆管内に「落ちる」ことで発症します。
胆管をふさいでしまうと、黄疸がおこったり、細菌感染により、急性閉塞性化膿性胆管炎という重症の胆管炎に至ったりします。

<治療法>
胆道閉塞を来している場合は内視鏡医に依頼して、内視鏡的に石の除去や胆道ドレナージを行います。その後落ち着いたところで胆のうを摘出することが多いです。
内視鏡的に石が除去できない場合は、手術によって石を取り出します。
最近は腹腔鏡下手術で行うこともあります。
 

胆管腺腫

胆管の良性腫瘍です。
比較的まれですが、胆管は悪性腫瘍(がん)の方が多いので、がんを否定することがしにくいです。

<治療法>
良性か、早期がんとして、肝外胆管切除のような比較的、負担の少ない手術を選択します。腸管を使った胆道再建を行います。
 

良性胆管狭窄

悪性腫瘍以外の何らかの原因で、胆管が狭窄して、黄疸や胆管炎を来すことがあります。

<治療法>
内視鏡治療などの負担の少ない治療が基本ですが、これらで解決しない場合、外科治療の適応となります。
 

膵胆管合流異常症

膵管と胆管は十二指腸壁内で合流して乳頭部から十二指腸に開口しますが、先天性に合流場所に異常があることがあります。これは、膵液と胆汁が相互に逆流することで胆管炎や膵炎の原因となり、また胆道がんの原因の一つとされています。

<治療法>
がん発生の予防のために、膵液と胆汁の相互逆流を遮断する手術(分流手術)が必要です。特に胆管拡張例では肝外胆管切除と胆嚢摘出術を行います。胆管拡張がない場合は、胆のう摘出のみを行う場合もあります。
 

膵臓

膵臓がん(膵頭部がん)

膵頭部(膵臓の右寄り)のがんです。
膵頭部には、胆管や膵管があり、これらが合流するところでもあります。黄疸で発症する場合が多く見られます。また膵管もがんでふさがれるため、拡張し、膵臓の機能が落ちます。糖尿病の発症で見つかることもあります。

<治療法>
膵頭部がんに対する標準術式は、(幽門輪・亜全胃温存)膵頭十二指腸切除術です。がんは、門脈や肝動脈という重要な血管を巻き込んでいることも多く、その場合はこれらを合併切除します。膵臓癌は進行度が低くても手術治療のみでは予後が悪く、術後補助療法を行うことが標準治療です.
 

膵臓癌(膵体尾部がん)

膵体部(膵臓のまんなか)と膵尾部(膵臓の左寄り)のがんです。膵頭部と違ってあまり症状の出にくいがんです。見つかったときに進行してしまっていることが多いのもこのがんです。

<治療法>
膵体尾部がんに対する標準術式は、膵体尾部切除術です。標準的に脾臓も合併切除します。がんが腹腔動脈や総肝動脈を巻き込んでいる場合は、これらを合併切除することもあります。膵臓癌は進行度が低くても手術治療のみでは予後が悪く、術後補助療法を行うことが標準治療です。
 

膵神経内分泌腫瘍(NET, NEN, MEN)

神経内分泌腫瘍は、明らかに悪性のもの(NEC)と、良性だが悪性と同じようなふるまい(転移)をするもの (NET)があります。また、ホルモン産生をするもの(機能性)としないもの(非機能性)があります。機能性の中には、膵以外にも腫瘍が発生するもの (MEN)もあります。

<治療法>
腫瘍径の大きなもの (1cm以上)は手術(切除)適応があります。単発の小さいものは、核出術といって腫瘍のみを取る場合もありますし、多発のため、膵臓を全部摘出する必要がある場合もあります。
NECの場合は、膵臓癌と同じように手術を行います。術後の薬剤治療は、腫瘍の性質によって異なり、それぞれのケースで検討します。
 

膵のう胞性腫瘍 (IPMN, MCN, SCN)

膵内にのう胞性の病変が生じることがあります。内容は粘液だったり、さらっとした液(漿液)だったりします。特に粘液は膵管のなかを流れにくく、詰まる原因となって膵炎を起こすことがあります。またこれらは最初は良性の腫瘍ですが、年月が経ってがん化することがしられています。

<治療法>
腫瘍の状態によっては手術が適応となる場合があります。まず、がんを疑う場合です。増大傾向であったり、のう胞内になにか腫瘍のようなものが確認できて、それが大きい場合です。次に膵炎を繰り返す場合です。腫瘍の場所、進行度などで術式は変わります。
 

慢性膵炎

膵炎を繰り返す場合です。アルコール性が最も多いですが、アルコールと全く関係なく起こることもあります。

<治療法>
基本的には内科的治療ですが、これらが効果のない場合は手術が適応となります。膵管や胆管が狭窄したり、膵管内に石が充満した場合は、これらの位置や状態に応じて膵切除術を行います。
 

十二指腸

十二指腸がん

比較的まれながんです。

<治療法>
十二指腸のがんの中でも、乳頭部に近いものや水平部といわれる部分のがんに対しては膵頭十二指腸切除術が必要となることがあります。
 

十二指腸原発消化管間質腫瘍

消化管間質腫瘍 (GIST) は、がんとは異なり肉腫の一種ですが、転移するなど悪性腫瘍の仲間です。胃がもっとも多いですが、十二指腸に発生することもそれほどまれではありません。
あまり症状はありませんが、進行すると腸閉塞や破裂して出血したりします。

<治療法>
破裂するなどしない、小さいうちに切除することが肝要です。十二指腸の中でも、乳頭部に近いものや水平部といわれる部分のがんに対しては膵頭十二指腸切除術が必要となることがあります。
術後は分子標的薬の内服を追加することが推奨されています。長い期間を経て再発することもあり、術後も定期的な検査が望まれます。
 

脾臓

脾悪性リンパ腫

悪性リンパ腫は全身性の血液悪性疾患ですが,脾臓に腫瘍を形成することがあります。

<治療法>
脾腫瘍の診断目的や、全身性リンパ腫の治療方針の決定のためのリンパ腫の種類の同定、外科治療目的に脾摘出術を行います。
 

脾良性腫瘍

脾腫瘍は画像診断のみで良悪性が判断できないことがあり、悪性を否定できない場合、摘出することがあります。

<治療法>
特に良性の可能性が高い場合は積極的に,腹腔鏡下脾摘出術を行っています。
 

食道・胃静脈瘤

肝硬変など、門脈圧亢進症が存在し、食道や胃の静脈が怒張し、破裂の危険がある場合、破裂してしまった場合があります。

<治療法>
内視鏡的治療に対し難治性の場合、食道・胃から流出する血管(静脈)を切除するとともに、門脈へ流入する脾静脈からの血液を遮断する目的で脾臓そのものを摘出します。
 

サイトマップ
ページの先頭へ