• お知らせ

11月30日(月)リソースナース活用講座を開催しました。

変化する医療現場で働くみなさんを支援します。

当院には現在専門分野において資格を持つ17名の認定看護師が在籍しております。
『リソース(資源)ナース講座』と題し、様々な分野の情報を地域に役立て、施設
在宅と協働して在宅患者を支えていく体制づくりを目指しています。
第一回目の11月30日
は『静脈注射、採血時のケア』について施設で働く皆さんと
一緒に学び、実際にシミュレーションで静脈注射や採血を体験していただきました。

 


座学の様子

シュミレーターを使用し静脈注射

 


手順を確認しながら

採血の練習


<施設から参加いただいた受講者の皆さんの声>  

・久しぶりに採血、点滴を行い、現在使用してる留置針についても知ることが出来た。
・血管の選び方、留置針の穿刺の仕方を実践する事が出来て良かった。
・留置針は施設にあるが細いタイプのものがないので自部署で使用を提案したい。 等   
                            

 

次回は 12月7日(月)『褥瘡、皮膚トラブル、浮腫による浸出部位の処置』
について行います。 詳細はこちらから ⇒
 リソースナース活用講座②
                 (お申し込みは終了いたしました)

<今後の予定>
 
12月24日(木)『状態変化時のフィジカルアセスメントとBLS』
            詳細はこちらから ⇒ 
リソースナース活用講座③ 

                             申し込み用紙 ⇒ こちらから

 

 1月14日(木)『尿カテーテルの交換(バルーンカテーテル)』
        

 1月25日(月)『喀痰吸引、排痰援助』
         
        
  ※(詳細は追って連絡します)


 

 

エントランスの飾り棚を更新しました!

12月に入りサンタさんがお出迎え ♪

金澤みどりさん(院内ボランティアさん)による砂でできた粘土の上に
布を重ねた素敵な作品です。




 


寒いこの季節にほっこりしませんか

サンタさんがお出迎え


サンタさんの飾り棚は12月いっぱい展示予定です。
是非お立ち寄りください。
来月は新春にふさわしい飾りを予定しておりますのでお楽しみに!!

泌尿器科で『腹圧性尿失禁』における手術を開始しました。

せきやくしゃみでもれる尿失禁が手術で治る可能性があります

当院での腹圧性式尿失禁の治療について詳細はこちらから

諏訪法人会諏訪支部様よりリラックススペース一式を寄贈いただきました!

50周年記念事業として

一般社団法人諏訪法人会諏訪支部設立50周年記念事業として、当院エントランスホール
にリラックススペース一式をご寄贈いただきました。
 
 


11月20日の式典にて目録贈呈の様子
小口名誉院長(右)
 

リラックススぺス一式

 


 

 

本日12月1日より設置し、早速掲示版にも活用させていただきました。
大切に使用させていただきます。皆さん是非ご利用ください。
この度は諏訪法人会諏訪支部の皆さま誠にありがとうございました。

                 諏訪法人会のホームページはこちらから

ネパールから看護師・助産に携わるスタッフが当院で研修!

安全な分娩の増加や産前産後ケアを受ける妊産婦が増加するために

ネパールはアジア地域の中で妊産婦死亡率の高い国のひとつです。
11月27日(金)、ネパールの看護師、助産師4名と、助産師やマネージャーとして
母子保健事業の日本人スタッフの方々3名の合計7名が当院での研修にご参加いただき
ました。

この研修は、駒ヶ根市の『ネパール交流市民の会』の皆さまの企画で日本の病院での
周産期医療と周産期看護を理解することを目的とし当院では、各期における母子保健
及び看護を実際に見て、産婦に寄り添う看護や妊産婦への一連の関わり、助産師の
独自の機能について学んでいただきました。



       ネパールの看護師と助産に携わるスタッフの皆さん (前列)
        当院職員と当修事業のスタッフ・通訳の皆さん(後列)

 


分娩室の見学

先日産まれた赤ちゃんとも交流

 


マタニティヨガも体験

マミー外来も見学

見学を通じて、『日本は妊娠して間もない時からエコーなどでお腹の赤ちゃんを
見ることが出来ることに驚き、心拍も測れてすごい感じた。日本のシステムは
とても良い』と感想を述べていました。



諏訪赤十字看護専門学校に場所を移し、学生と交流しました。

 


ネパールの挨拶ナマステで学生とご挨拶

お互いに聞きたいことを質問

 


また会えると良いねと握手

異文化を理解し最後は皆で記念撮影


当院は今後もこのような実習・研修を積極的な受け入れをしていきます。
今回、携わって下さったスタッフの皆さまご協力ありがとうございました。


 

11月より『在宅血液透析』始めました!

ご自宅で患者さんが介助者の手助けをもとに実施



                                                            
                  PDFはこちらから

 

 

 

 

本日24日(火)より華道家元池坊諏訪支部青年部有志による作品展が開催されています。

1階エントランスホールにて生け花の展示を行っています。

11月24日(火)より、生け花の展示を病院エントランスホールにて行っています。
今回の展示は2部制となっており、前半は本日24日より25日(水)17時まで、後半は26日(木)8時30分から27日(金)17時までとなっています。
入院患者の皆さんの癒しとともに、普段生け花に触れ合う機会の少ない方々にも魅力を伝えたいと年2回開催され、今回で5回目となりました。
前半だけでなく、後半の展示会にも足を運んでいただければ、幸いです。
また、今回は最終日に和楽器の演奏とコラボレーションしたロビーコンサートを執り行う予定です。
多くの方の癒しとなると思いますのでどうぞご覧ください。

 


作品一覧

生け花の彩

 


草木の組み合わせによる表現

展覧の様子

 

当院より浪江町民に対する健康調査支援事業に派遣!

いわき市で保健・健康の状況把握、健康相談、健康教室などに対応

この度、当院の山田看護師がいわき市内にある日赤なみえ保健室を拠点として、
福島原発災害により福島県いわき市内に避難している浪江町民の健康調査と健康支援
を併せて行う事業への派遣が決定しました。20日(金)壮行会を当院にて開催しま
した。


山田看護師は、国際救援事業にも積極的に参加しており、平成26年度に国際救援派遣
に係る研修を修了し、日本赤十字社事業局国際部に国際救援派遣要員として登録されま
した。


山田看護師の派遣期間  :  平成27年11月24日~12月25日(計32日間)
 

        抱負を述べる 山田春香 看護師
 


大和院長より激励の言葉

担当病棟の箕輪師長より花束贈呈

 当該事業には、平成26年1月~2月まで当院の大方看護師を派遣しており、
山田看護師は当院から2人目の派遣要員となります。
山田看護師からは被災から4年の月日が経ち、未だ避難を余儀なくされている方の
想いを聞き取りながら、その支えとなれるよう従事したいと抱負を述べていました。


体調に十分留意され、救援活動に精励されますことを職員一同祈念いたします。

           当院の『赤十字の活動』のページはこちらから

 

東京海上日動火災・あんしん生命様がPET-CTを見学

PET-CTを受診し、適切な治療へと繋げたい 

11月18日(水)に東京海上日動火災保険株式会社(諏訪支社)、東京海上日動
あんしん生命保険株式会社(長野生保支社)の総勢18名の皆さまが当院のPET
ーCTを見学にいらっしゃいました。今回の見学は、保険会社の皆さま自らが最新
の正しい情報を知り『知ろう・お伝えしよう・お役にたとう』というお客様をがん
から守る運動の趣旨にのっとり実現しました。

 


技師よりPET検査の概要説明

実際に検査の流れを確認

技師よりPET-CTの具体的な効果や、必要性、費用など症例交えてお話をさせて
いただきました。

 


PET-CT見学

機械の操作室

見学者からはご質問もいただき、当院としても多くの方にPET-CT検査を知って
もらえた有意義な見学会となりました。

 

リソースナース活用講座開催!(看護師対象)

『リソースナース活用講座』をシリーズで開催!

当院には現在専門分野において資格を持つ17名の認定看護師が在籍しております。
『リソース(資源)ナース講座』と題し、様々な分野の情報を地域に役立て、施設
在宅と協働して在宅患者を支えていく体制づくりを目指しています。


 

 

   

   

   リソースナース活用講座①

   リソースナース活用講座②

         
    申し込み用紙 ⇒ こちらから 

 

 

 

 

 

 

 

    

サイトマップ
ページの先頭へ