• ないちんがえる

新規記事

1月9日

新年明けましておめでとうございます。

ブログのアップが9月~していない状況でした。

新年になり、年頭の決意に今年ブログのアップを定期的にするというものをあげました。

定期的というのは年1回ではありません。

アップする回数により皆さんに判断していただきます。

 

新年に入り、寒さが厳しくここ何日かマイナス10度にせまる気温laughとなり

ふと諏訪湖を見ると、全面結氷に近い状況です。

今年は御神渡りができるかとても楽しみになっています。

(私の予想ではあと3日位寒い日が続くとできるのではと諏訪湖を眺めました。)

巷ではインフルエンザが流行していますので

手洗い、うがいの徹底に心がけましょう。

 

新人看護職員の集合教育・最新!

8月の目玉*多重課題研修にチャレンジ

病棟での業務にすこしずつ慣れてきてはいるものの、たった一人の患者さん
を受け持った学生時代と違って、看護師は複数の患者を受け持つ・・・。
これが「多重課題」。
今、どの業務が最も大事なのか、どの患者さんへの対応が最優先なのか??

先輩看護師でさえ、日々悩みながら看護をしています。
しかし、これができないと、看護師業務はまわらない
そして、秋の夜勤導入を控えてこの時期に研修で訓練していきます。
演習はひとり4分間。点滴交換に呼ばれたと思ったら、ふらつきのある患者さんが
「トイレに行きたい」って先輩看護師役のスタッフに何を頼もうかな?
あっという間の4分間を、ビデオ撮影します

研修の目標は①あわてたとき自分はどんな風になるのか?自分のクセを知る!

                 ②業務の優先順位のつけ方や、考え方を知る! です。

研修センターの模擬病室にも関わらず、新人さんの様子はまさに「真剣に焦る」
「真剣に迷う」「真剣に走る」とても頼もしい姿でした。


呼吸状態の悪い患者さんに吸引します

ひとりずつカメラ撮影されたものを観て振り返り…
 

慌てる自分を冷静に見ることは、恥ずかしくもあり落ち込むこともあるけれど、
一緒に観ている同期も研修スタッフも必ず「いいところ」をフィードバックしてくれて、
励まされます。
勤務がつらくなることもあるけれど、だんだんできるようになる。
部署の先輩に励まされ、集合教育で同期にも励まされ、新人さんはみんな精一杯がんばっています

サイトマップ
ページの先頭へ