• お知らせ

8月5日(金)高校生の一日看護体験を開催しました!

2016年08月05日 病院情報

諏訪地域と上伊那地域の高校生46名が参加!

8月5日(金)諏訪地域と上伊那地域の高校生46名(男性4名、女性42名)による一日看護体験を開催しました。
一日看護師に任命され、白衣を着用し、キャンドルサービスを行い、病棟で看護を体験しました。午後には当院の看護師、諏訪赤十字専門学校の学生を交えて座談会を行いました。



 


憧れのナースキャップ

キャンドルサービス

患者さんと談笑

患者さんとのふれあい

妊婦さんのおなかを確認

赤ちゃんの入浴補助

看護の前に手洗いチェック

友達の脈拍を聴きとります

 

【看護体験の感想】
・患者さんがうれしそうにしてくれて、自分もうれしくなった。
・話を聞くだけではわからないことが体験できてよかった。
・とてもやりがいのある仕事だと実感した。たくさん勉強しないといけないので、頑張ろうと思った。
                                など

 

今回の体験を通じて、看護への理解を含め、今後の進路を考える機会になればと思います。
数年後には、一緒に働けることを心待ちにしています!


諏訪赤十字看護専門学校のHPはこちらから

「医療と質とその指標」のページを最新情報に更新しました!

2016年08月05日 病院情報

経営管理、診療機能、救急・災害、地域医療などのデーターを更新

医療の質とその指標(QI)のページはこちらから

看護学生インターンシップを開催しました!

2016年08月04日 病院情報

8月2日(火)~4日(木)までの3日間の看護体験!

8月2日~4日まで、看護学生のインターンシップを開催し、学生4名が参加しました。
3日間のインターンシップを通して、看護の現場を体験してもらいました!

 


 

 

 

 

【参加者の声】
・まだ実習もしていないので、看護師の日々の業務をみるとてもいい機会だった。訪問看護や病棟などいろいろ見学が出来て、実習にむけての勉強になった。
・実習ではみれないところもみることができた。説明もわかりやすくしていただいていい体験だった。
・3日間、看護師ひとりひとりの業務の取り組み方をみることができて、とても勉強になった。


今後の学習や就職の準備に役立てていただければ幸いです!
 

次回は9月7日(水)~9日(金)に開催いたします。
→インターンシップのご案内はこちらから

8月3日(水)高校生職場体験(医技職)を開催しました!

2016年08月03日 病院情報

諏訪・塩尻・伊那地区の高校生37名が参加!

8月3日(水)諏訪・塩尻・伊那地区の高校生37名による高校生職場体験を開催しました。
医療機関での体験を通して、将来の自分の生き方や進路を考える機会、また希望の職種を実体験することでその職種についての理解を含め自己の適正について再認識する機会になることを目的として開催しました。

まず7つの職場の医療現場見学を行い、その後に希望する9つの職種の現場体験を行いました。

 


臨床検査技師

理学療法士

薬剤師

臨床工学技士

 
 
 

 


救急救命士

体験後の感想記入

 

職場体験の感想

・医療に関わる職に就きたいと考えているので、選択の一つとして今後に活かしていきたい。
・自分は人と話すことが大好きだし、一緒に何かをするということが好きなので、今回の職場
 体験でより理学療法士という仕事が素敵だと思いました。
・医療現場にはたくさんの職業があることがわかりました。希望する職業につけるように頑張
 りたいです。
                                         など

数年後には、一緒に働けることを心待ちにしています!


 

当院初の地震体験イベントを開催しました!

2016年08月02日 病院情報

当院に地震体験車がやってきた!~地震について考えてみませんか?~

8月1日(火)当院では初めての試みとなる地震体験イベントを開催いたしました。
このイベントを通じ、地域の皆様が災害を身近なものと感じ、災害への関心をさらに高める機会や日頃の備えについて今一度考えていただくきっかけになればと企画しました。


 
 

職員、一般の方あわせて約150名が体験しました。

体験した方からは
・地震を体験する機会がないので、貴重な経験になった。
・災害医療分野で活動をしたいと思っている人にはとてもよい機会ではないか。
・地震車で揺れるのがわかっていてもすごく怖い。日頃の備えがすごく大事だと思った。
・とても怖かった。揺れがひどく、子供を助けるのも難しい。
といった声が聞かれました。

 


家族で体験する様子

すごい揺れにびっくり!


多くの人に地震を体験してもらうことができ、災害への関心を高める機会になりました!

当院は災害拠点病院として災害発生時に迅速に対応できるよう努めています。

→災害拠点病院のページこちらから

画家小林英一様より絵画3枚を寄贈いただきました!

2016年08月02日 病院情報

多くの方に観てもらえたら嬉しいとの想いから

8月2日(火)原村在住の画家小林英一様より3枚の絵画を寄贈いただきました。
絵画はいずれも約160cm×130cmと大きなもので、小林様がヨーロッパ現地に赴き感じた
ものを風景に取り入れ主に朝の風景を題材にしています。
キャンパスに和紙などを部分的に貼り、葦ペンを使い墨や水彩などで描かれております。
しばらくの間、当院のエントランスホールに展示し、その後は4階病棟などに飾る予定です。

小林英一様は、『多くの方に観てもらえるのが嬉しい。今後も要望があれば寄贈したい。』
とお話されました。




大和院長は、「小林さんの絵は色彩が魅力的。患者さまの中には不安を抱えているいる方も
いるのでこの絵を観て心安らいでもらいたい」と感謝の気持ちも込め述べました。




                   小林 英一 様

小林様、この度は貴重な絵画を寄贈いただきありがとうございました。
大切に飾らせていただきます。
 

 

全国赤十字病院スポーツ大会への切符を手にしました!

2016年08月01日 病院情報

フットサル・ソフトボール・野球の3種目が全国大会へ!

7月30日・31日で開催されました中部ブロック赤十字スポーツ大会において
当院より軟球野球・バレーボール・硬式テニス・駅伝・フットサル・バスケットボール
ソフトボールの7種目で参加し、このうちの3種目フットサル(優勝)・ソフトボール(優勝)
軟式野球(準優勝)が10月29日・30日に長崎で行われる全国大会への切符を手にしました!


 


軟式野球(準優勝)

バレーボール

 


駅伝

フットサル(昨年に引き続き優勝)

 


バスケットボール

硬式テニス

 


ソフトボール(優勝)

  
 選手に皆さん本当にお疲れ様でした!

 全国大会に行かれる3種目の選手の皆さんは
 10月の試合に向けてこれからも練習頑張って
 ください!

 職員一同応援しております!









 

第8回ハートラちゃん講座開催しました!

2016年08月01日 病院情報

四賀小学校(諏訪市)のPTAの皆さん52名を対象に【救急法】を開催!

7月30日(土)プールの監視が始まることから四賀小学校のPTAや教員(52名)を対象に
ハートラちゃん講座の【救急法】を開催しました。


 


 

 

当日の様子はこちらから
ハートラちゃん講座についてはこちらから




 

サイトマップ
ページの先頭へ