乳がん Breast cancer

乳がんは、女性では罹患率が最も高いがんで死亡率とともに増加しています。

 

診断

 

以下の検査を組み合わせて行います。

  1. 腫瘍の有無を調べる方法として視触診、マンモグラフィー、超音波検査
  2. 腫瘍がみつかった場合、がんか否かを調べるために細胞新(FNA)、組織診断(CNB、マンモトームなど)の検査
  3. がんと診断された場合、がんの広がりや転移を調べるためのMRI、PET、CT、骨シンチなどの検査
  4. 再発や転移の有無を調べるために、血液中の乳がんの腫瘍マーカー、PET、CT、骨シンチなどの検査が行われます。

 

治療

乳がんは全身病という概念で治療する事が多く、手術・放射線治療・薬物療法を組み合わせて治療します。

 

  1. 手術:砂金は乳房を残す温存療法(+放射線治療)やセンチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清の省略など、縮小手術が多く行われています。
  2. 薬物療法:がんの性状・進行度をみて、ホルモン剤、抗がん剤、分子治療薬などが投与されます。また、手術前に抗がん剤などで治療を行い手術する事も多くなりました。
サイトマップ
ページの先頭へ