肝がん Liver cancer

肝がんは、原発性肝がんと転移性肝がんに大別されます。原発性肝がんは、正常な肝臓に発生することは少なく、B型肝炎、C型肝炎が原因で慢性肝炎、肝硬変を経て肝がんになります。B型肝炎、C型肝炎ウィルスに感染している場合には、定期的なチェックが大切です。

 

 

診断

画像検査と腫瘍マーカーを組み合わせて診断します。転移性肝がんでは原発巣の検査も必要です。

  1. 超音波検査:がんの大きさ、数、広がりをみます。
  2. CT,MRI検査:造影剤を使うことでがんの性質や分布、転移、周囲臓器との関係をみます。
  3. 腫瘍マーカー:血液検査でAFT、PIVKA-Ⅱ
  4. 血管造影検査:がんの位置や血管との関係をみます。

 

治療

がんの進行度だけでなく肝機能を加味して治療法を選択します。

  1. 手術:肝切除が最も根治性が高い
  2. 局所療法:ラジオ波焼灼、経皮的エタノール注入療法
  3. 肝動脈塞栓術、肝動注化学療法などがあり、当院では患者さんに最適の治療を選択しています。

また近年分子標的治療薬ネクサバールも使用可能になり肝外転移などに対して投与しています。

サイトマップ
ページの先頭へ