大腸がん Colorectal cancer

診断

大 腸がんは無症状のことが多いですが、早期発見には検診などで行われている便潜血反応が有用です。診断には大腸カメラが必須であり、大腸がんと診断された場 合には治療方針決定のために肺や肝臓への転移・リンパ節転移の有無や、がんと周囲の臓器との位置関係などをレントゲンや超音波、CTなどを使って調べま す。

 

治療

一般に早期大腸がんや腺種(ポリープ)なら、内視鏡的に切除できます。しかし、進行がんや一部の早期がんは手術の対象となります。当院では小さい傷 で手術を行う腹腔鏡手術を積極的に取り入れており、現在は大腸がんの手術のうち約8割を腹腔鏡手術で行い、早期退院が可能となっています。また、術後はが んの進行度によっては再発予防の抗がん剤(術後補助化学療法)が必要となりますが、当院では通院治療センターと連携して外来通院で行っています。再発や転 移を生じてしまった場合も各種抗がん剤や分子標的薬を用い、患者さんごとに薬剤を選択して治療を行っていきます。

サイトマップ
ページの先頭へ