胃がん Stomach cancer

診断

がんを根治するためには早期に発見することが大切です。当院では、早期がんの診断や癌の広がりを診断するために色素散布やNBIといった最新技術を用いています。

 

治療

化学療法(抗がん剤治療)、内視鏡治療(胃カメラによる治療)、手術、再発治療全てを積極的に行っております。

治療には十分経験を積んだ学会指導医が責任をもってあたり、日本における標準治療を提供しております。

治療方針は、消化器科医、外科医、放射線治療科医、通院治療センター看護師が集まる症例検討会(キャンサーボード)で決定し、個々の患者さんに適した最新の治療を提供しています。

ごく早期の癌に対しては消化器科専門医が内視鏡治療―内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)を行っております。外科手術領域では、体に優しい低浸襲手術の一つである腹腔鏡手術が全国的に広まりつつあります。

当院でも2011年から同手術を導入しました。進行がんに対しては、手術と化学療法を組み合わせた治療を行っています。

 


胃癌内視鏡

胃癌色素内視鏡
サイトマップ
ページの先頭へ