はじめに

2019年4月1日、諏訪赤十字病院に「緩和ケアセンター」が開設されました。
諏訪赤十字病院はこれまで、地域がん診療連携拠点病院として地域の皆さんに高度急性期医療を中心に診療を行ってきましたが、今回「緩和ケアセンター」を開設し、がんの患者さんが抱える様々な困りごとに対して医療、ケアを提供していきます。

緩和ケアとは 〜緩和ケアはがんと診断されたときから〜

皆さんは「緩和ケア」と聞くとどのようなことを思い浮かべますか?
「もう出来る治療がなくなって、なにもしないで過ごすこと」とか「がんが進行してしまって終末期といわれる状態になってから、初めて受けるケア」とか、そんなイメージ持ったりしていませんか?

現代は二人に一人はがんと診断される時代になりました。
これまでよりも「当たり前の病気」になりつつあります。
もしがんと診断されたらいろいろな心配ごと、困りごとが出てきます。
例えば、①がんと診断されてとても不安(気持ちの上での心配ごと)、②今やっている仕事は続けられるのか(社会的な心配ごと)、③がんに伴う痛みや、治療の伴う手術や抗がん剤治療のつらさのこと(体が受ける痛みに関する心配ごと)、④家族このことや自分が生きている意味にかんする心配(自分の立場、生きている意味に関する心配ごと)などいろんな心配が頭をよぎります。

「緩和ケア」はここに上げた様々な「心配ごと、困りごと」に、がんと診断されたその時から関わる「医療」であり「ケア」です。

緩和ケアセンターの役割

緩和ケアセンターのメンバーは様々な職種で構成されています。

身体のつらさをケアする医師、こころのつらさをケアする医師、緩和ケアに関する特別な資格を持った認定看護師、痛み止めや吐き気止め、不安や不眠など緩和ケアに必要な薬に詳しい薬剤師、こころの悩み相談担当の臨床心理士、がんになっても食べられる食事について相談にのってくれる管理栄養士、薬の副作用などで口の中にトラブルが生じたときに相談にのってくれる歯科医師、歯科衛生士、がんになっても出来るリハビリを一緒に考えてくれる理学療法士、緩和ケアセンターの窓口となって地域の皆さん、開業医の先生とセンターとの連携をとる相談支援員、そして緩和ケアに関わるすべてのことがらを総合的に管理するジェネラルマネージャー。

緩和ケアセンターは緩和ケアが必要な皆さんを一丸となって支えていく「チーム」です。

地域に対する活動

緩和ケアセンターでは地域に向けて緩和ケアに関する様々な活動を行っています。
・諏訪緩和ケア研修会
・緩和ケア講演会
・諏訪地域緩和ケア研究会
・諏訪地域緩和ケア連絡会
・緩和ケアマップ作成
また、「日本癌治療学会認定がん医療ネットワークナビゲーター・シニアナビゲーター認定見学施設(指導責任者:栗崎功己)」にも認定されています。

構成メンバー


 

武川 建二(センター長・副院長・消化器科)
栗崎 功己(副センター長・緩和ケア内科・身体症状担当医師)
丸山 史(病院長補佐・精神科・精神症状担当医師)
森林 美恵(ジェネラルマネージャー・認定看護管理者・看護師)
西 庸丈(がん性疼痛看護認定看護師)
宮下 たえ子(緩和ケア認定看護師)
赤坂 知香(薬剤師)
青木 祐子(相談支援員・看護師)
御子柴 敬子(公認心理師・臨床心理士)
他、歯科医師、歯科衛生士、理学療法士、管理栄養士

サイトマップ
ページの先頭へ