年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 833 200 246 353 628 827 1826 2712 2123 517
〔定義〕
年齢階級別(10歳刻み)の患者数を表示しています。
〔解説〕
平成28年度中に当院を退院した患者さんを年齢階級別に集計しました。退院患者さんの年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度知ることができます。
当院は、地域医療支援病院の指定を受け、地域がん診療連携拠点病院としてがんの治療を積極的に行っていることや、脳卒中センター、心臓血管センター、救命センターを有し、脳疾患や循環器疾患に24時間対応していることから、幅広い年齢層の患者さんを診療しております。なお、地域周産期母子医療センターを設置し、0歳~9歳の患者さんの受け入れが多いのも特徴です。
 
 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
 
呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 62 12.50 12.35 0.00 74.61  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 23.24 21.25 15.56 84.22  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 45 19.98 19.92 11.11 75.96  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 13.69 14.83 15.38 77.31  
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 21 15.90 19.34 0.00 73.62  
〔解説〕
当呼吸器科で対応する疾患は、肺癌・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・気管支喘息・びまん性肺疾患(間質性肺炎)・呼吸器感染症・睡眠時無呼吸症候群など多岐にわたります。当院は地域がん診療連携拠点病院でもあり、最も多い入院目的は肺がんの薬物療法です。平均年齢が75歳前後と合併症を有する高齢者も多く、チーム医療の介入や安全性を重視し初回導入は入院で行うことが多いです。また高齢化に伴い誤嚥性肺炎も増加しています。ガイドラインに沿った抗菌薬治療をはじめ、退院後の生活も考慮して、呼吸リハビリや口腔ケア、ワクチン接種などにも時間をかけながら積極的に取り組んでいます。間質性肺炎は、特発性、膠原病性、薬剤性など原因が様々です。難治例も少なくなく、適応のある症例では積極的に抗繊維化薬を使用したり、十分な説明のもと集中治療室での呼吸管理も行っています。 
呼吸器センターとして、呼吸器外科をはじめ、他科との密な連携をとっています。
消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 10.16 11.06 8.77 79.74  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 31 6.71 5.50 0.00 49.29  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 29 7.79 11.74 3.45 76.83  
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍、胃憩室症、幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 10.15 10.93 3.85 68.31  
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 26 7.27 9.19 0.00 65.88  
〔解説〕
消化器科では、膵・胆道疾患に対して積極的な診療を行っており、特に総胆管結石による胆管炎に対しては緊急でERCPを行っています。基本的には約1週間の入院で治療は終了しますが、ご高齢の患者さんや、引き続き胆嚢結石の治療を外科で行う場合は、延長する場合があります。
膵・胆道の悪性腫瘍による閉塞性黄疸も、総胆管結石と同様に早期に内視鏡的に胆道ドレナージを行い、手術適応があれば外科へ転科、不適応の場合にはステントを挿入し、早期に退院可能です。
ウイルス性腸炎や虚血性腸炎も季節で波がありますが。比較的多い疾患であり、ほとんどの場合には保存的加療で治癒します。
胃・十二指腸潰瘍での入院はピロリの除菌の普及で件数は減りましたが、鎮痛剤内服などによる急性出血性潰瘍は、緊急内視鏡による止血術を行います。
循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 189 3.15 3.06 0.00 70.59  
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 115 5.25 4.71 1.74 72.59  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 89 23.80 17.95 11.24 80.97  
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 61 4.72 5.51 0.00 62.93  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 59 10.36 11.38 3.39 80.05  
〔解説〕
・第1位は冠動脈(心臓の筋肉に血流を届ける血管です)造影検査入院です。胸痛がある方や心電図異常がある方で、狭心症や心筋梗塞の診断のための検査です。
・第2位はカテーテル(細い管)を用いた冠動脈治療のための入院になります。冠動脈の狭窄部や閉塞部にバルーンのついたカテーテルを通過させ拡張を行います。
・第3位は心不全入院です。心筋梗塞や弁膜症だけでなく、高血圧や不整脈も心不全の原因となり、高齢の方の心不全入院が増加しています。
・第4位はカテーテルによる不整脈(脈が速くなる不整脈)治療です。先端を心臓内の不整脈を引き起こしている部位にもっていき、熱を加えて不整脈を根治する治療です。
・第5位は脈が遅くなった方へのペースメーカー治療です。
小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 199 6.48 6.18 1.51 0.00  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 79 3.48 5.50 0.00 4.14  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 65 4.86 6.02 1.54 1.35  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 58 5.00 5.79 0.00 5.95  
150040xxxxx0xx 熱性けいれん 手術・処置等2なし 49 3.24 3.95 4.08 2.16  
〔解説〕
当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、新生児集中治療室(NICU)を有し、長野県立こども病院や、信州大学医学部附属病院とタイアップして、ハイリスク分娩に対応しています。また、地域の産科施設で出生し、直ちに治療が必要となった新生児の受け入れを行っております。
小児科病棟では、一般診療所から紹介されてくる、外来治療の継続が困難となった胃腸炎、気管支炎、肺炎等の小児の入院加療や、当院の救命救急センターに救急搬送されてくる、小児のけいれん性疾患等の受け入れを行っております。また、諏訪地区小児夜間急病センターのバックアップ施設として、地域医療の受け皿となっています。
外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 84 9.40 12.73 0.00 70.86  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 57 6.47 6.59 0.00 60.05  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 57 2.07 4.64 0.00 56.75  
06007xxx9906xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等26あり 53 3.98 12.36 0.00 68.92  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし 43 14.09 11.74 0.00 76.40  
〔解説〕
外科の入院患者の中で最も多い疾患は肺の悪性腫瘍(肺がん)手術症例であり、当院ではほぼ全例に胸腔鏡下の手術を行っています。近年肺がん症例が増加し、高齢者に対する手術積極的に行っていますので、平均年齢は70歳を超えていますが、平均在院日数は10日未満であり、短期間での退院が可能になっています。2番目に多い疾患は乳房の悪性腫瘍(乳がん)手術症例であり、乳房温存手術を多く行っています。3番目に多い疾患は乳房の悪性腫瘍(乳がん)に対する抗がん剤投与症例であり、乳がん患者さんの増加に伴い、抗がん剤を投与する症例も増加しています。乳がんの治療では抗がん剤の投与が重要であり、平均在院日数は2.07日と短期入院にて治療を行っています。4番目に多い疾患は膵がんに対する抗がん剤投与症例です。膵がん症例は増加していますが、進行がんとして発見されることが多く、手術後の再発症例や、切除不能症例に対して行われています。5番目に多い疾患は肝がんに対し、肝動脈塞栓術を行った症例です。肝がんに対する治療として肝切除、ラジオ波焼灼術とともに多く行われています。
整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 107 26.75 27.63 83.18 82.94  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 73 21.90 24.42 54.79 66.01  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 49 21.55 26.26 61.22 76.16  
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 副傷病なし 37 4.43 5.49 0.00 57.11  
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 25 2.12 3.07 0.00 71.68  
〔解説〕
1)救命救急センターである当院へは、高齢者の骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折が、諏訪市はもとより諏訪市外からも救急搬送され、内科、麻酔科など、関連科の協力を得て、速やかに人工骨頭挿入術(人工骨頭置換術)を行っております。内科的併存症がある高齢者が大部分ですが、院内各科のレベルが高く、大部分の患者さんの併存症に適切に速やかに診療対応でき、安全に手術を行っています。
2)股関節症、大腿骨頭壞死症などの股関節疾患による股関節痛で歩行や日常動作が著しく制限されている患者さんに、人工股関節置換術を行うことでそれらを著しく改善しています。特に、当院では、県下で初めてナビゲーションシステムを2015年9月に導入し、全例に使用してきています。このナビゲーションシステムは、CTデ-タに基づいて正確に人工関節の部品を設置でき、脱臼などの合併症予防、よりよい耐用性に有用です。さらに、切る筋肉なども少なくなり、リハビリが早くなり、入院期間も短縮しました。また、周囲の大血管の位置もこのシステムによって把握でき、より安全に手術ができるようになりました。このような長所があるナビゲーションシステムの導入以来、他の医療機関から人工股関節置換術の対象患者さんの紹介が増えてきています。部品のゆるみなどで破たんした人工股関節に対する再置換術も行っています。
3)人工膝関節置換術は、膝関節症や関節リウマチによる膝痛で、歩行や日常動作が著しく障害されている患者さんに行ってきています。当院では、膝機能と耐用性に優れた臨床実績がある機種を用いることで、合併症が少なく、耐用性も良好となっています。部品のゆるみなどで破たんした人工膝関節に対する再置換術も行っています。
形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 33 2.85 3.44 0.00 68.18  
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし - - 18.22 - -  
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 - - 7.91 - -  
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.46 - -  
140100xxxxxxxx 眼の先天異常 - - 4.66 - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
形成外科の入院患者で最も多い疾患は、年齢とともに徐々に瞼(まぶた)が上がりづらくなり、瞼が重い、視界が狭い、頭痛、肩凝りなどの症状を来たす眼瞼下垂症でした。形成外科ではその手術治療を積極的に行っています。
そのほか、皮膚の化膿や壊死を切除して植皮などの手術で傷をふさぐ手術、乳癌手術により失われた乳房をインプラント(人工乳房)で再建する乳房再建手術、加齢による変化や先天的な原因によって、まつ毛が目に触れるようになる眼瞼内反症に対する手術、等を入院の上、行っています。
脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 48 10.40 9.87 8.33 75.56  
010030xx01x00x 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2なし 副傷病なし 39 13.41 15.99 0.00 68.41  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 30 17.10 16.54 36.67 73.47  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 19 21.32 19.35 52.63 71.42  
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 18.27 22.47 20.00 65.00  
〔解説〕
当科で診療する疾患別分類では、脳血管障害(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、モヤモヤ病など)、頭部外傷と脳腫瘍が中心です。脳血管障害は救急搬送されすぐに診断して治療を開始できるよう、神経内科医師とも連携し、脳卒中集中治療ユニット(SCU)を構築しており、365日24時間対応できるようにしております。多くは内科的治療になりますが、脳梗塞では発症して4.5時間以内に投与するtPAを中心として、信州大学脳血管内治療医師とも連携し、8時間以内であれば血栓回収術も行っています。脳出血ではガイドラインに沿った対応をし、手術が必要であればすぐに対応できるように対応しております。頭部外傷では主に慢性硬膜下血種の治療となりますが、すぐに手術対応できる体制を整えております。脳腫瘍はまずは診断および検査を行い、必要に応じて手術を行っております。長野県全域において脳腫瘍の手術は信州大学に次いで2番目に多い病院です。内視鏡を用いて経鼻的腫瘍摘出術も行っております。
心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050163xx02x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等2なし 27 19.11 17.74 7.41 72.00  
050050xx01110x 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等11,2あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 23 23.91 27.92 0.00 66.87  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 22 11.50 12.74 0.00 76.73  
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 21 21.62 24.70 9.52 69.81  
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 19 3.11 4.87 0.00 74.53  
〔解説〕
心臓血管外科は心臓疾患、胸部・腹部の大血管および末梢血管の患者さんを担当していますが、循環器内科と連携し、特にそれらの外科治療を行っています。
外科治療の内容としては虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術、心臓弁膜症に対する弁置換術、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術およびステントグラフト内挿術が上位を占めています。
産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 65 8.49 10.05 0.00 46.08  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 54 9.19 9.88 0.00 34.63  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 50 5.78 6.42 0.00 43.22  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 36 10.47 13.29 0.00 63.58  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 21 2.52 5.12 0.00 61.24  
〔解説〕
地域周産期母子医療センターとして、切迫流産、早産、多胎妊娠、妊娠高血圧症候群、母体合併症、前置胎盤、胎児異常などハイリスク妊娠・分娩管理を行っています。特に前回帝王切開例・骨盤位・多胎妊娠なども、できるだけ経膣分娩をモットーとし、骨盤位には外回転術も行っています。また、子宮筋腫・卵巣腫瘍・内膜症などの婦人科疾患に対し、手術だけでなくホルモン療法を中心とした総合的女性ヘルスケアを神経内科・整形外科・精神科などと連携して行っています。
眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 26 8.27 7.72 0.00 70.46  
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 14 10.29 10.53 0.00 50.71  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 11 11.64 7.01 0.00 73.55  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 - - 9.15 - -  
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 - - 8.27 - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
眼科で入院される方はほとんどが手術での入院になります。
白内障手術、緑内障手術、硝子体手術が眼科では比較的多く行われている手術であり、当院では一部の疾患を除きこれらのすべての手術に対応しています。
耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 41 5.61 7.47 0.00 54.76  
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 18 4.67 8.12 0.00 15.67  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 17 5.29 5.24 0.00 70.35  
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 12 5.58 5.50 0.00 35.58  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 11 5.64 7.75 0.00 62.73  
〔解説〕
耳鼻咽喉科では、慢性的な鼻汁や鼻閉を生じえる慢性副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術の入院数が最も多くなっています。次いで扁桃肥大によるいびき等に対する扁桃やアデノイド切除手術の入院数。次いでめまい難聴等の前庭機能障害に分類される入院で主として薬物投与の入院。急性咽頭疼痛で発症する扁桃周囲炎や扁桃周囲膿瘍の補液のための入院。ついで耳下腺や顎下腺の腫瘍等の手術となっています。
神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 40 15.30 16.54 27.50 70.85  
010160xx99x00x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 16.68 18.71 8.00 73.52  
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 20.21 19.35 54.17 69.17  
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 23 22.74 18.76 43.48 76.26  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 24.82 21.25 29.41 75.12  
〔解説〕
神経内科での入院患者内訳において、JCS(意識レベルを評価する指標)10未満の脳梗塞症例が最も多く、平均在院日数は約2~3週間です。約3割の症例が、当院での急性期治療後にリハビリ病院へ転院して、リハビリを継続しています。2番目に多い症例は、パーキンソン病であり、精密検査やリハビリを目的に約2~3週間の入院した後に自宅へ退院しています。3番目に多い症例は、慢性硬膜下血で、平均在院日数は約2~3週間です。神経内科への入院患者における平均年齢は約70歳以上であり、高齢者の患者さんが多いのが特徴です。
皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 21 4.67 8.78 0.00 75.48  
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 10.25 11.97 0.00 63.00  
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - - 8.96 - -  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし - - 4.28 - -  
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.06 - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
総合病院の皮膚科のため、手術治療が必要な皮膚がんや皮膚の良性腫瘍の症例が多くみられます。
また、蜂窩織炎や丹毒など比較的重症で、入院治療が必要な症例も多く紹介されます。
泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 71 6.94 7.44 0.00 77.13  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 27 11.41 11.72 0.00 64.93  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 20 6.80 9.98 0.00 75.65  
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 12 10.42 12.52 0.00 67.75  
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 11 11.73 11.71 9.09 77.45  
〔解説〕
診療内容としては、悪性腫瘍の診断・治療が中心となっている。手術件数では、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術が1番多く、昨年に比べ増加傾向である。
また、膀胱や腎尿管などの尿路上皮癌に対する化学療法も積極的に施行されています。
糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 11 3.36 11.48 0.00 58.73  
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 11 7.91 14.91 0.00 64.73  
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - 14.61 - -  
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - 12.20 - -  
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 13.78 - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
糖尿病・内分泌内科では、①毎月第4週または第3週に月曜日からの2泊3日のクリニカルパスを用いた短期教育入院を受け入れています。また②血糖コントロール不良のための治療方針の変更、③外来導入が困難な場合のインスリン導入目的も入院で受け入れています。②③の場合は、個別に指導計画を立て、食事療法・運動療法・薬物療法を理解して頂いて実行出来るように各職種が対応しています。高齢の患者さんでサポートが必要な場合はご家族を含めて理解出来るように対応しています。特殊な内分泌疾患には信州大学医学部附属病院の糖尿病・内分泌代謝科との連携で対応しています。①②③とも、多職種で関わり、短期間であっても充分な知識・技術を身につけて頂くことが特徴です。
今後は、CDE-J(日本糖尿病療養指導士)が、糖尿病以外の疾患の治療目的で入院中の患者さんの療養支援を行って、糖尿病を持った患者さんと同様に治療を受けることができるようにしていきます。糖尿病治療の目的である「糖尿病を持たない方と同様な健康でいきいきした生活を送ること」が出来るようにチームで関わり、糖尿病合併症を無くすような診療を展開していきます。
腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 6.28 8.87 0.00 68.81  
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 24 8.58 12.84 4.17 74.46  
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 18 10.11 14.77 16.67 70.33  
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 17 15.53 22.67 5.88 67.71  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 11.47 21.25 13.33 79.87  
〔解説〕
腎臓内科の業務は①血尿やむくみが出たり、自覚症状がなくても血尿・タンパク尿等の健康診断で見つかる慢性腎炎の患者さんの診断と治療。②慢性腎臓病;CKDの患者さんの治療。③CKDから透析や移植に至ってしまった患者さんの治療。④急性腎不全の診断と治療。⑤電解質異常の診断と治療。等が主な診療の対象です。このうち、①に含まれる検査が腎生検という検査で、腎臓疾患の診断のために最も重要で、当院では、年間30例位、入院で施行しています。②は主に外来通院患者さんの診療です。③の透析には血液透析と腹膜透析があります。血液透析には前腕シャントという血管手術が必要で、当院は予定、緊急合わせ、年間60~80例の手術があります。透析導入が30例前後で多くは血液透析ですが、腹膜透析を選択される患者さんも年間2~3例いらっしゃいます。慢性透析患者さんは当院では110~120名の方が通院されています。長い経過の方は30~40年透析を続けられており、慢性維持透析患者さんの診療も大きな割合を占めます。④は当科のみでみるよりも、他科との連携で一緒に診療することが多く、しばしば集中治療室での治療となります。⑤は症例数は多くはありませんが、点滴や全身管理の根幹に関わる大切な分野です。また他に当科の特徴として他に、(1)一昨年より在宅血液透析を始めたこと。(2)多発性のう胞腎に対する新規治療薬の投与が多いこと。などがあげられます。
救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 34 4.09 5.50 0.00 47.62  
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 31 3.19 5.24 0.00 74.26  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 3.65 7.52 0.00 55.52  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 19.41 21.25 17.24 84.86  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 17 12.53 12.43 17.65 78.65  
〔解説〕
ウイルス性腸炎:急に起こり下痢や嘔吐などの消化器症状を認めます。内科的な疾患ですが症状が強い場合は救急部にて入院で点滴加療を行うことがあります。前庭機能障害:前庭器官の異常で起きるめまい発作です。耳鼻科的な疾患ですが、症状が強い場合は救急部に入院で点滴加療を行うこともあります。頭蓋・頭蓋内損傷:事故などにより頭部に損傷を受けた状態で、脳外科的な処置が必要な場合もありますが、経過観察で入院の際は救急部で経過を見ることがあります。誤嚥性肺炎:嚥下機能の低下で、気管に食物等が入って炎症を起こす内科的な疾患ですが、症状により救急部に入院で抗生剤治療を行う場合があります。腎臓または尿路の感染症:尿路系の感染で膀胱や、腎臓で細菌性炎症を起こした内科的な疾患ですが、症状により救急部に入院で抗生剤治療を行う場合があります。
血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 84 9.98 16.83 0.00 64.67  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 67 31.07 41.96 0.00 71.15  
130060xx97x00x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 37 13.84 15.76 5.41 78.00  
130040xx99x0xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 手術なし 手術・処置等2なし 27 8.78 12.95 0.00 76.37  
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 19 8.16 10.82 0.00 75.95  
〔解説〕
当科で最も多い診断群分類は、非ホジキンリンパ腫に対してリツキサンという薬剤による化学療法を実施している症例です。2番目に多い診断群分類は、白血病に対して化学療法および輸血などを実施している症例です。3番目に多い診断群分類は、骨髄異形成症候群に対して輸血などを実施している症例です。
当科では、血液内科領域の3大がんである“急性白血病”“悪性リンパ腫”“多発性骨髄腫”を中心に血液疾患全般にわたり幅広く対応しています。悪性リンパ腫ではこの領域の治療成績を飛躍的に向上させたリツキサンを中心とした最先端の化学療法を施行しています。また、根拠に基づいた標準的な治療を行うことにより極めて有効な治療成績を残しています。一方で、高齢の方でも日常生活の質を保てるよう輸血を含めた支持療法にも力を入れており、すべての患者さんに身近な医療を提供できるよう努めています。
腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
060035xx99x30x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 39 4.97 6.93 0.00 73.90  
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 24 2.54 6.88 0.00 65.46  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 19.36 21.25 27.27 84.18  
060030xx99x3xx 小腸の悪性腫瘍、腹膜の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり - - 7.86 - -  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 11.72 - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
大腸および胃癌の新規薬剤の導入は、皆様が安心して行えるように入院で行っています。
早期有害事象がなければ即退院できます。
比較的頻度の少ない小腸癌については、当科で積極的に加療してます。
膀胱腫瘍は治療選択が限られている癌腫ですが、泌尿器科と連携して治療に当たっています。
地域医療において専門外でも果たすべき一般診療の一つとして、誤嚥性肺炎も積極的治療をしています。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード
 
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 11 10 32 - 73 1 7
大腸癌 29 45 20 37 - 103 1 7
乳癌 70 69 19 - - 25 1 7
肺癌 66 14 38 44 - 111 1 7
肝癌 20 - - - - 129 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

〔定義〕
5大癌について初発患者はUICCのTNMから示される病期分類による患者数を、再発患者(再発部位によらない)は期間内の患者数を集計しています。患者数は延患者数です。患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
初めて5大癌(胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌)に罹患し入院した患者さんの人数をUICC分類別に集計しています。また、癌が再発して入院した患者さんの人数を癌腫別に集計しています。平成28年度中に入院した実患者数となっており、対象期間中に複数回入院された患者さんも1例としてカウントされています。初発例としてカウントした患者さんは再発例には含まれません。再発患者さんについては、他病院で治療(手術や化学療法など)を受けた患者さんも含まれます。Stage(病期)とは、がんの進行状態を示すものであり、数字が大きくなるにつれ癌が進行しているといえます。
当院には各科の専門医・指導医が多く在籍し、消化器内科と外科では胃癌・大腸癌・肝癌の患者さんを広く受け入れ、呼吸器内科と呼吸器外科では肺癌の患者さんを広く診療しています。
胃癌では、Stage Iの割合が多くなっており、早期の段階で胃癌が見つかり紹介されている結果と推察しています。Stage Iの患者さんには、低侵襲治療である内視鏡治療(胃カメラ)や腹腔鏡手術を行っております。一方で、StageIVの進行癌も多く手術や化学療法など患者さんの状態に合わせた治療を積極的に行っています。
全国的には、大腸癌と肺癌の罹患数が増加しています。当院でも、大腸癌と肺癌の症例数が増えています。大腸癌は、各Stageとも人数に大きな変化はなく、手術のほとんどは腹腔鏡下に行い、また進行癌に対しては化学療法を積極的に行っております。
肺癌は、当院で急激に症例数を増やしております。周辺病院に呼吸器外科医が居ないこと、当院においては呼吸器外科医が増えたことが原因です。各Stage多くを扱い、とくに進行癌や再発例に対しては呼吸器内科において化学療法を積極的に行っております。再発例が多いのが特徴です。手術では、胸腔鏡補助下に低侵襲手術を行っております。
乳癌は女性の癌の中で最も多い癌で、近年増えています。当院は地域の先生方や大学と協力し、診断から治療まで幅広く診療を行っております。Stage IとIIが多いのが特徴です。手術は可能な限り乳房温存手術を行っております。ガイドラインに則り手術前後の化学療法も積極的に行っております。
肝癌は、再発が多く、患者さんの状態に合わせて手術や内科的な治療を行っております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
 
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 19 9.68 58.53
中等症 79 16.82 73.90
重症 32 16.75 82.97
超重症 18 14.44 85.56
不明 - - -
〔定義〕
成人の市中肺炎について、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を示しています。重症度分類は『A-DROP』という分類を用いています。患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患する肺炎のことです。この指標では、細菌による肺炎を集計しており、ウイルス肺炎や誤嚥性肺炎、院内肺炎、気管支炎などは対象外です。脱水や低酸素状態、意識障害や血圧低下などを認める重症~超重症の症例は高齢者が多く、退院後の生活も考慮してやや入院期間が延長します。ガイドラインに沿った抗菌薬治療だけでなく、最新の機器(人工呼吸器、NPPV、ネイザル・ハイフロー等)を積極的に活用し、様々な病態に応じた呼吸管理を行っています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
 
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 7.36 67.09 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 249 21.92 77.67 37.26
その他 14 25.57 68.07 1.90
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,
脳梗塞に至らなかったもの
3日以内 - - - -
その他 10 11.10 73.00 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -
〔定義〕
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。発症日から「3日以内」「その他」に分けて集計しています。患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
脳梗塞入院は国際統計分類として、I63$(脳梗塞)と分類されます。
発症して3日以内に入院される患者さんがほとんどであり、平均年齢は約78歳で、高齢の患者さんが主体となっています。約2~3週間の入院後の4割の患者さんがリハビリ継続目的にリハビリ病院または施設へ転院しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード

 

消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 87 1.02 2.38 0.00 69.06  
K654 内視鏡的消化管止血術 39 0.44 10.28 2.56 69.87  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 4.41 8.38 8.11 80.57  
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 35 0.46 9.06 0.00 76.91  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 27 0.63 6.30 3.70 76.59  
〔解説〕
消化器科でもっとも多い手術手技は、大腸ポリープに対する内視鏡的切除です。年間500例以上行いますが、ほとんどは外来の日帰り手術です。抗血小板剤の内服や合併疾患により一部は入院で行います。胃や十二指腸潰瘍からの出血による吐血、大腸の憩室からの出血による血便などの緊急の場合には、受診後早期に内視鏡的止血術を行い、早期の退院を目指します。悪性胆道閉塞に対する内視鏡的ステント留置術については、診断・治療を目的に早期にERCPを行い、その後の治療方針により、プラスチックステントか金属ステントを留置します。肝細胞癌の治療はいろいろありますが、内科では肝動脈塞栓術を行う患者さんが多数入院します。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 79 3.10 3.65 2.53 73.90  
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 41 1.95 8.37 2.44 77.46  
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 39 2.10 3.13 2.56 66.82  
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 31 0.06 12.19 3.23 72.03  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 30 1.53 3.63 0.00 74.47  
〔解説〕
・第1位は冠動脈の狭窄部や閉塞部を拡張しステントを留置する治療法です。狭心症や心筋梗塞のための治療になります。
・第2位は脈が遅い方のためのペースメーカー植込術です。
・第3位は脈が速い不整脈のためのカテーテルアブレーション治療です。不整脈が通る通路をカテーテル先端から熱を加えて変性させる治療です。
・第4位は狭心症で発作が悪化するため、緊急で治療を行った冠動脈治療です。
・第5位は下肢の動脈狭窄や閉塞に対するカテーテル治療です。歩行した際の下肢の痛みを改善します。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 11 0.00 21.45 9.09 0.00  
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -  
K060-33 化膿性又は結核性関節炎掻爬術(肩鎖,指(手,足)) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
出生時に、胎外生活に必要な呼吸循環動態の移行が順調に進行しない新生児は、全出産の約10%でみられます。このような状態を新生児仮死と言います。 また、約1%の新生児は、出生時に積極的な心肺蘇生処置を受けなければ死亡するか、重篤な障害を残すといわれております。しかしながら、突発的な新生児仮死を完全に予測・予防することは不可能であるため、当院では小児科、産科の医師のみならず、分娩に立ちあう全ての職種がNCPR (Neonatal Cardio-Pulmonary Resuscitation :新生児心肺蘇生法)の講習を受け、突発的な新生児仮死に備えております。さらには、当院のインストラクター資格の保有者が、地域の周産期関係者に対してもNCPR講習会を定期的に開催しており、新生児心肺蘇生法の普及に努めております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 78 3.53 7.58 3.85 64.41  
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 68 1.53 9.72 1.47 71.38  
K6335 鼠径ヘルニア手術 66 0.86 2.73 0.00 68.33  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 59 1.00 4.54 0.00 59.88  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 52 5.48 9.73 1.92 73.67  
〔解説〕
外科の手術数で最も多かったのは腹腔鏡下胆嚢摘出術でした。胆嚢結石症、急性胆嚢炎などの疾患に対してほぼ全例に腹腔鏡下の手術を行う方針としています。従来行われていた開腹術と比較して痛みも少なく、短期間での退院が可能になっています。2番目に多い手術は胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術でした。近年肺がん患者さんの増加が著しく、手術症例が増加しています。当院では肺がんに対する手術をほぼ全例に胸腔鏡下で行っています。3番目に多い手術は鼠経ヘルニア手術です。当院では症例により腹腔鏡下手術も積極的に行っています。4番目に多い手術は乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清をを伴わない))でした。乳がん患者さんに対する乳房温存手術であり、当院では乳房温存手術の比率が高くなっています。5番目に多い手術は腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術でした。大腸がんの患者さんも増加しつつあり、当院では進行がん症例であっても可能な限り、腹腔鏡下に切除を行い、術後の在院日数も10日未満に短縮されています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 120 1.92 19.78 56.67 70.07  
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 93 1.86 21.83 74.19 79.46  
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 68 2.28 11.25 26.47 61.07  
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股) 34 7.03 21.65 91.18 81.68  
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 27 0.15 1.52 0.00 54.44  
〔解説〕
A)人工関節置換術 股、膝:股関節症、大腿骨頭壞死症などの股関節疾患による股関節痛で歩行や日常動作が著しく制限されている患者さんに、人工股関節置換術を行うことでそれらを著しく改善しています。特に、当院では、県下で初めてナビゲーションシステムを2015年9月に導入し、全例に使用してきています。このナビゲーションシステムは、CTデ-タに基づいて正確に人工関節の部品を設置でき、脱臼などの合併症予防、よりよい耐用性に有用です。さらに、切る筋肉なども少なくなり、リハビリが早くなり、入院期間も短縮しました。また、周囲の大血管の位置もこのシステムによって把握でき、より安全に手術ができるようになりました。このような長所があるナビゲーションシステムの導入以来、他の医療機関から人工股関節置換術の対象患者さんの紹介が増えてきています。部品のゆるみなどで破たんした人工股関節に対する再置換術も行っています。人工膝関節置換術は、膝関節症や関節リウマチによる膝痛で、歩行や日常動作が著しく障害されている患者さんに行ってきています。当院では、膝機能と耐用性に優れた臨床実績がある機種を用いることで、合併症が少なく、耐用性も良好となっています。部品のゆるみなどで破たんした人工膝関節に対する再置換術も行っています。
B)骨折観血的手術:救命救急センターである当院へは、高齢者の骨粗鬆症による大腿骨近位部骨折が、諏訪市はもとより諏訪市外からも救急搬送され、内科、麻酔科など、関連科の協力を得て、速やかに人工骨頭挿入術(人工骨頭置換術)や観血的整復固定術を行っております。内科的併存症がある高齢者が大部分ですが、院内各科のレベルが高く、大部分の患者さんの併存症に適切に速やかに診療対応でき、安全に手術を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 33 0.79 1.00 0.00 66.30  
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 11 0.73 1.00 0.00 38.45  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - - -  
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
形成外科で最も多く行っている手術は眼瞼下垂症手術でした。眼瞼下垂症は加齢によっておこるものがほとんどで高齢社会の現在では非常に多い疾患です。形成外科ではその手術治療を積極的に行っています。
眼瞼内反症は、加齢による変化のほかに先天的な原因のものがあります。加齢性のものは70歳以上の方が多く局所麻酔で、先天性のものは幼児期~学童期に全身麻酔で手術が行われます。
高齢者の増加により、皮膚癌(皮膚悪性腫瘍)も多い疾患です。多くの皮膚癌は手術治療が第一選択になります。形成外科では腫瘍を切除しても変形や傷跡が最小限になるよう配慮して手術を行います。
乳癌は近年増加している癌です。乳癌手術後のインプラント(人工乳房)による乳房再建手術も積極的に行っています。
そのほか大きい皮膚腫瘍などを入院で手術治療しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 49 0.16 9.55 10.20 76.59  
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 45 1.00 17.51 13.33 65.91  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 21 4.33 21.33 19.05 63.81  
K164-5 内視鏡下脳内血腫除去術 15 0.20 29.67 100.00 76.40  
K1742 水頭症手術(シャント手術) 13 2.15 16.77 30.77 76.46  
〔解説〕
当施設では、脳神経外科で行う手術のほぼ全ての疾患に高度に対応できるよう、高機能の手術用顕微鏡、術中ナビゲーション、術中神経モニタリング(術中電気生理学的検査)、フルハイビジョンの神経内視鏡を有しております。一般に脳神経外科の手術症例数の統計では、多くの病院で慢性硬膜下血腫の術が一番多くなり、当院でも同様です。次いで、くも膜下出血の原因である脳動脈瘤の治療として、開頭クリッピング術、血管内コイル塞栓術を多く行っております。当施設では神経内視鏡技術認定医がいるため、内視鏡による低侵襲な治療を積極的に行っています。脳腫瘍の手術も多く行っており、長野県内では信州大学病院に次いで2番目に多く治療しております。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上) 36 4.47 19.44 2.78 65.42  
K5607 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(その他のもの)) 31 3.13 22.19 22.58 75.29  
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 16 4.00 6.56 0.00 79.06  
K5551 弁置換術(1弁) 15 4.40 17.67 0.00 72.07  
K560-21 オープン型ステントグラフト内挿術(弓部) 12 4.25 41.83 25.00 71.17  
〔解説〕
当科は心臓疾患、胸部・腹部の大血管および末梢血管の患者さんを担当していますが、循環器内科と連携し、特にそれらの外科治療(ステントグラフト内挿術を含む)を行っています。
外科治療の内容としては虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術、心臓弁膜症に対する弁置換術、腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術およびステントグラフト内挿術が上位を占めております。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K877 子宮全摘術 64 1.02 7.25 0.00 50.59  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 51 0.94 4.45 0.00 43.24  
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 47 6.26 6.96 0.00 33.94  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 34 1.21 4.38 0.00 46.29  
K879 子宮悪性腫瘍手術 31 1.19 10.94 0.00 63.68  
〔解説〕
卵巣腫瘍・内膜症・子宮筋腫などに対し腹腔鏡手術や経膣手術を積極的に導入し、低侵襲手術に心がけています。麻酔科医による硬膜外麻酔を併用した帝王切開には小児科医師も立ち会い、毎日、小児科による新生児の診察を行っています。子宮癌、卵巣癌の進行癌症例には、広汎手術のみでなく、抗癌剤を併用したり放射線を組み合わせた化学放射線療法も行います。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 308 0.04 1.99 0.00 77.71  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 41 0.02 7.78 0.00 68.59  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 21 0.14 9.86 0.00 64.10  
K2683 緑内障手術(濾過手術) - - - - -  
K281 増殖性硝子体網膜症手術 - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
眼科で行われる手術の中で最も多いものが白内障手術である水晶体再建術になります。
当院では外来通院でも白内障手術を受けていただくことが可能です。
傷が小さいため痛みも少なく、受けていただいた方の満足度も非常に高い手術となっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 30 1.93 4.33 0.00 54.83  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 18 1.00 3.50 0.00 18.78  
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 12 1.00 4.42 0.00 57.25  
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 - - - - -  
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
全身麻酔下(場合によっては局所麻酔下)での慢性副鼻腔炎等に対する内視鏡下副鼻腔手術が上位を占めています。上顎洞、篩骨洞、前頭洞、蝶形洞のうちいくつ手術操作が及ぶかによって、3型=複数 4型=4つ全て 2型=一つに分類されます。口蓋扁桃肥大や、習慣性扁桃炎にたいする口蓋扁桃摘出術も多数を占めています。鼓膜チューブ挿入術は中耳に液体が貯まる滲出性中耳炎に対する手術です。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 19 0.00 2.84 0.00 75.95  
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) - - - - -  
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
手術が必要な皮膚悪性腫瘍と皮膚良性腫瘍の症例が多く、必要に応じ腫瘍切除後の傷を治すための植皮術も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 72 1.28 6.07 0.00 76.71  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) 20 1.30 4.50 0.00 75.65  
K773 腎(尿管)悪性腫瘍手術 12 1.33 8.75 0.00 73.92  
K800-2 経尿道的電気凝固術 - - - - -  
K843 前立腺悪性腫瘍手術 - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
手術件数では、膀胱腫瘍に対する経尿道的手術が1番多くなっている。全体としては膀胱および前立腺悪性腫瘍に対する手術件数が増加傾向であった。
また、平成28年10月より前立腺悪性腫瘍に対しロボット支援腹腔鏡下手術を導入した。腎副腎に対する腹腔鏡下手術とともに、低侵襲で質の高い医療を目指します。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 53 2.91 6.53 7.55 67.91  
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 5.07 6.57 7.14 72.71  
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -  
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
当科での手術につき概説します。当科は内科ですが、透析に関わる手術を執刀します。
日本中もで当院でも透析の患者さんの90~97%の患者さんは血液透析を受けておられます。
血液透析に必要な血管(シャントといいます)の新規作成手術が、当科で最も多い、内シャント造設術です。シャントは長年使っていると、閉塞したり、不具合を起こし、それらの修正手術がシャント血栓除去手術やシャント結紮術です。腹膜透析を始めるときの手術が連続携行式腹膜透析カテーテル留置術で、毎年数例ずつですが施行しています。
IgA腎症という、最も多い糸球体腎炎の治療の手術が両側扁桃摘出術です。これとステロイドパルス治療を組み合わせIgA腎症の治療の行っています。
腫瘍内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用
パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 13 3.85 28.92 7.69 64.85  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) - - - - -  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 - - - - -  
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) - - - - -  
〔定義〕
患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
抗癌薬治療は多剤併用療法において、中心静脈カテーテルポートを必要とすることが多くなっています。
癌の合併症である腹膜播種に伴う尿管狭窄については、泌尿器科に依頼し、尿管カテーテル留置及び腎瘻造設を行っています。
癌性腹水が高度貯留した場合に、QOL維持に有用なCART(抜いた腹水を必要成分だけ抽出して血管内に戻す処置)ができます。
抗癌治療に至らぬ早期消化管腫瘍については、内視鏡的治療をしています。
また消化器癌の進行に伴う通過障害については、各種ステント留置術なども行っています。
 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード
 
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 12 0.12
180010 敗血症 同一 16 0.16
異なる 38 0.37
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 72 0.70
異なる 10 0.10
〔定義〕
最も医療資源を投入した傷病名について入院の契機病名との同一性を区別して集計しています。患者数が10未満の場合は-(ハイフン)を記載しています。
〔解説〕
入院契機と同一というのは入院時からその疾患があるもの、異なるというのは入院中にその疾患を発症したものを意味します。
播種性血管内凝固症候群(DIC)と敗血症には、その原因となる疾患(出血、肺炎や尿路感染など)があることがほとんどで、それらが重症化した場合に発症します。当院では「救命センター」を有し重症患者を積極的に受け入れており、敗血症「同一」16例にそれが表れています。DIC「異なる」、敗血症「異なる」には、院内で重症化したものが多く含まれます。例えば、入院時からあった肺炎や尿路感染症、手術後感染症の重症化などがそれにあたります。数値的には、高くない値です。
真菌感染症は、免疫力が低下したときに合併する場合が多く、当院においては化学療法(抗がん剤治療)後に多く起こっています。
当院では、手術・処置・検査を行う際には合併症を起こさないよう細心の注意を払い、起こりうる合併症については患者さんに説明を行った上で各処置を行っております。主な合併症として、透析シャントの閉塞や処置後の出血があげられますが、数値的にも高くない値です。

更新履歴
2017/09/29
平成28年度病院指標を公開しました。

サイトマップ
ページの先頭へ