メンタルヘルスサポートチームの役割

メンタルヘルスサポートチームでは、諏訪赤十字病院の職員および諏訪赤十字看護専門学校の学生が、心の健康を保持し、心身ともに安定した状態で就業・就学に励むことができるよう、厚生労働省が公示した「労働者の心の健康の保持増進のための指針」に基づき、メンタルヘルスのサポートを目指し活動を行っています。

活動内容

  1. セルフケア
    職員個人の自助力を高めるためのサポートをします。
  2. ラインケア
    所属長を中心に、各部署内で相談対応ができる体制をサポートします。
  3. メンタルヘルスサポート相談窓口によるケア
    チームメンバーが個別相談を行います。
  4. 施設外資源によるケア
    院外の相談機関や治療機関を利用できるよう情報提供を行います。

スタッフの紹介

医師(産業医2名、精神科医1名)、臨床心理士2名、看護師(人事労務担当1名、教育担当1名、看護専任教師1名)産業保健師1名、理学療法士1名、薬剤師1名、事務(人事労務担当1名、事務局1名) 計13名

サイトマップ
ページの先頭へ