糖尿病療養指導士(CDEJ)の役割

 月に1度行われる教育入院患者の症例検討会では、各職種のスキルを活かし各患者さんに適した対応を検討しています。 

 委員会では教育入院PRによる医療連携の推進、世界糖尿病デーの企画運営、透析予防管理指導の検討を行うと共に新たな糖尿病療養指導士育成にも取り組んでいます。

入院して糖尿病の勉強をしてみませんか?

 平成29年度 糖尿病教育入院についてはこちらから
                        糖尿病教室の予定はこちらから

 

 

主な活動内容

・糖尿病教室(外来):6回/年、糖尿病教育入院:12回/年 の実施

・糖尿病療養指導士の育成

・糖尿病に関わる機器・薬剤の管理方法の検討

・日本糖尿病学会参加

・世界糖尿病デーの企画運営

構成メンバー

 

・医師 2名    ・看護師 8名   ・薬剤師 4名

・検査技師 2名  ・栄養士 4名   ・理学療法士 1名

サイトマップ
ページの先頭へ