病院の特徴

 諏訪赤十字病院は諏訪地域21万人医療圏の地域医療支援病院として、「患者中心の医療」を基本理念に「地域に根ざし、信頼される病院」をめざしている。地域の医師と協力して共同診療を行うなど地域との協力により良質な医療の提供に努めている。2006年、厚生労働省より新型救命救急センター、地域がん診療連携拠点病院に指定され、2009年には長野県の地域周産期母子医療センターの認定を受け、長野県南部地域の基幹病院としての役割を担っている。施設は1999年に諏訪湖畔に移転新築。湖に映える周囲の山々の四季の移り変わりが感じとれる絶好のロケーションにある。湖畔一帯には効能豊かな温泉が湧き、職員風呂にも温泉を利用している。

日本赤十字社が認定する後期臨床研修

 赤十字の医師として、国内で発生する災害や海外で発生する紛争、自然災害などの救護・救援活動に貢献できる臨床医を育成していくため、各赤十字病院が策定した後期臨床研修コースのうち、救急医療や災害医療、国際救援等、一定のプログラム条件を満たした研修コースについては、「日本赤十字社認定後期臨床研修コース」として認定しています。 研修コースは、「日本赤十字社認定臨床医コース」と「日本赤十字社認定専門医コース」の2つで、それぞれのコースを修了した医師には認定証を交付しています。

※赤十字医療施設間及びほかの医療施設と共同の研修コースの認定も可能

諏訪赤十字病院の後期臨床研修ポイント

 豊富な症例、臨床経験豊かな多くの指導医、垣根のない医局の雰囲気の中で、初期研修終了後のパワーアップを行い、大学や、高度医療を提供する医療機関でより専門的な研修や、病院総合医、そして地域のプライマリケア医へとつなげるよう支援する。

後期臨床研修概要

  1. .医療の専門職としての倫理と責任を自覚し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識して地域のニーズに応え、安全で良質な医療の提供できる。また医学及び医療の発展に寄与できる質の高い診療能力を修得する。
  2. .赤十字の理念を理解し、赤十字の医師としての国内外の災害・紛争などの救護・救援に貢献できる。

学会認定・修練施設等

・日本内科学会専門医教育病院 ・日本神経学会専門医准教育施設
・日本呼吸器学会専門医認定施設 ・日本呼吸器内視鏡学会専門医認定施設
・日本消化器病学会専門医認定施設 ・日本消化器内視鏡学会専門医指導施設
・日本循環器学会専門医研修施設 ・日本腎臓学会専門医研修施設
・日本透析医学会専門医認定施設 ・日本血液学会血液研修施設
・日本外科学会専門医制度修練施設 ・日本消化器外科学会専門医修練施設
・日本乳癌学会専門医関連施設 ・呼吸器外科専門医合同委員会専門医関連施設
・日本整形外科学会専門医研修施設 ・日本形成外科学会専門医認定施設
・日本脳神経外科学会専門医C項訓練施設 ・三学会構成心臓血管外科専門医基幹施設
・日本皮膚科学会専門医研修施設 ・日本泌尿器科学会専門医教育施設
・日本産科婦人科学会専門医卒後研修指導施設 ・日本眼科学会専門医研修施設
・日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設 ・日本医学放射線学会専門医修練施設
・日本麻酔科学会麻酔科認定病院 ・日本ペインクリニック学会専門医指定研修施設
・日本病理学会専門医研修認定施設(B項) ・日本救急医学会専門医指定施設
・日本臨床腫瘍学会専門医研修施設 ・日本精神神経学会精神科専門医研修施設
・日本脳卒中学会専門医研修教育病院 ・日本手外科学会専門医研修施設
・日本周産期・新生児医学会専門医補完研修施設(暫定) ・日本集中治療医学会専門医研修施設
・日本放射線腫瘍学会認定医認定協力施設 ・日本がん治療認定医機構認定医研修施設
・日本静脈経腸栄養学会NST稼働施設/専門療法士実地修練施設 ・日本人間ドック学会優良人間ドック/健診施設/専門医研修施設
・関連10学会構成腹部/胸部大動脈瘤ステントグラフト実施施設  

プログラム概要

諏訪赤十字病院後期臨床研修の一般目標

  1. 医療の専門職としての倫理と責任を自覚し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識して地域のニーズに応え、安全で良質な医療を提供できる。
  2. 医学の成果から生涯にわたって学び続け、また医学及び医療の発展に寄与できる質の高い診療能力を修得する。
  3. 人の命と尊厳を確保し、患者に共感を示し、健康上の諸問題に対して適切かつ効果的な全人的医療を、医療チームとして提供できる。
  4. 赤十字の理念を理解し、赤十字の医師として国内外の災害・紛争などの救護・救援に貢献できる。

 

後期研修の特長

1.内科臨床医コース:

幅広く内科全般を研修後、日本内科学会認定内科医を取得し、その後、専門科を決めたいと考える医師が対象。血液内科、腎臓内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、救急科、総合診療など各科へのローテーション(1年間)と専門科(2年間)

2.外科臨床医コース:

日本外科学会外科専門医をめざす医師が対象。外科、心臓血管外科、呼吸器外科、肝・胆・膵外科、救急科、総合診療など

3.整形外科臨床医コース:

日本整形外科学会専門医をめざす医師が対象。整形外科、救急科、総合診療など。

4.産婦人科臨床医コース:

日本産婦人科学会専門医をめざす医師が対象。産婦人科、救急科、総合診療など

5.心臓血管外科臨床医コース:

日本外科学会専門医、三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医を目指す医師が対象。心臓血管外科、外科、救急科、総合診療など。循環器科と心臓血管外科を統合し「心臓・血管センター」(2008年7月)開設。24時間体制で心臓、血管病の緊急疾患に対する集中、救急、高度医療研修が可能

 

諏訪赤十字病院後期研修プログラム

プログラム詳細PDF

諏訪赤十字病院家庭医後期研修プログラム

プログラム詳細PDF

諏訪赤十字病院信州型総合医養成プログラム

プログラム詳細PDF

平成29年度採用情報

募集要項
研修内容
詳しくは各コース 後期研修プログラムを参照

 

募集人員
各コース 3名

 

応募資格

1.2年間の初期臨床研修修了予定者 (平成27年 医師免許取得者)
2.上記研修修了者及びそれと同等の者(平成26
年 度以前医師免許取得者)

 

処 遇
(身 分) 正規職員

 

給 与
給 与 基本給
543,200円(俸給+医師確保調整手当)※ 下記諸手当含まず
諸手当 地域手当/通勤手当/住居手当/扶養手当/時間外手当
(日本赤十字社給与要綱による)
宿日直手当/拘束手当 
賞 与 日本赤十字社給与要綱により支給(3.95ヶ月/平成24年度実績)
保 険 全国健康保険協会健康保険/厚生年金保険/労働者災害補償保険/雇用保険 加入
宿 舎 不動産物件の斡旋 及び 住居手当支給により補助

 

服 務(勤務体制)
勤務時間 8時30分 ~ 17時00分(休憩45分) 38時間45分/週
休 日 土曜日・日曜日・国民の祝日・諏訪赤十字病院創立記念日
年末年始の6日間(12月29日より翌年1月3日まで)
有給休暇 年間21日以内(初年度:15日)

 

福利厚生
ベネフィット・ワン会員(福利厚生サービス)加入
スポーツ大会、互助会主催の旅行・ボーリング大会 など
院内託児所あり

 

採用試験について
出願手続
応募希望者は、次の書類を取り揃え提出する
(1)応募願書(要 写真添付)1通
※ 写真はすべてカラー・上半身脱帽無背景・3ヶ月以内撮影のもの/直筆のこと
(2)医師免許証(写) 1 通
(3)健康診断書 1 通
応募希望者は、上記の書類を添えて、諏訪赤十字病院教育研修課宛にその旨を申し込むこと

 

出願方法
出願は郵送又は持参とする
郵送にあたっては、出願書類全てを封筒に入れ、“簡易書留郵便”とする。

 

出願期間

出願期間については 諏訪赤十字病院 教育研修課 までお問い合わせください。

TEL:0266-57-6286

選考試験日
出願者には別途通知する

 

選考方法
面接

 

書類の宛先・お問い合わせ
〒392-8510 長野県諏訪市湖岸通り五丁目11番50号
諏訪赤十字病院 事務部 教育研修課
電話 (0266)57-6286 (直通)
FAX (0266)57-6036
Mail: kensyu@suwa.jrc.or.jp
サイトマップ
ページの先頭へ