部署の紹介

 当院の理念にある「信頼され、心のふれあう医療」の実践とは、病む人の視点に立って質の高い安全な医療を提供することであり、患者さんの安全を第一に、職場および地域の安全の確保に努めています。

スタッフ個々の努力に加え、病院組織全体としての取り組みが不可欠であるため、インシデント・アクシデント情報の収集を行い、個人の責任追及でなく、組織のシステムの改善に視点をおき、組織横断的な対応策が効率的かつ円滑に機能するような環境作りに心がけています。

また、研修等を企画・運営するとともに、医療安全対策ニュースとして随時情報を発信し、職員の教育を担っています。

 

安全確認に、患者さんもご参加いただいています。PDF

スタッフの紹介

医療安全推進室長(医師)

医療安全管理者(看護師)

他、医療安全推進室員(医師2名、薬剤師1名、看護師2名、臨床検査技師1名、診療放射線技師1名、臨床工学技師1名、事務1名)

業務の紹介

① インシデント・アクシデント報告制度に基づいた事故分析、再発防止活動

② 医療安全管理委員会、医療事故監査委員会の運営

③ 医療事故を起こした職員に対する精神的・心理的な支援

④ 安全な業務手順を組織横断的に検討するためのワーキンググループなどの結成やその活動の支援

⑤ 医療安全管理のための部署間の調整、対策等の提案

⑥ 安全管理のための指針やマニュアルの作成及び改訂、部門別マニュアル作成の支援

⑦ 医療安全に関する講演会、研修会の企画及び教育活動

⑧ 医療安全に関する院外の情報収集と対応

⑨ 医療安全に関する院内の活動の評価

⑩ その他、医療安全推進に関すること

 

 

医療安全川柳

 当院では、医療安全に対する意識の向上を目的に、毎年11月25日(いい医療に向かってGO)を含む一週間を「医療安全推進週間」と位置づけています。「医療安全推進週間」とは、医療事故をなくすための啓発週間です。主な取り組みとしては、2009年度より医療安全標語を職員から募集し、優秀作品にイラストを添えて翌年度のカレンダーとして各部署で掲示してきました。

 医療安全推進週間の取り組みとして、8年間続けた「医療安全標語」募集を、昨年度より「川柳」に転換し、併せて一般の方の参加を募りました。今回の応募数は一般の方から66、職員・看護学生から198、合計264作品と、多くのご応募をいただきました。また、一般の部では選抜作品への投票も行い、来院された方や病院スタッフからたくさん投票していただきました。しばし「医療安全(患者安全)」を意識していただけたものと感謝しております。

医療安全川柳2018入賞を発表します!!PDF

一般・病院スタッフ・看護学校の皆さんからいただいた秀逸な12作品です!

 今後も、医療安全川柳大募集!は医療安全週間にあわせ、11月~12月に行います。一般の方には「医療安全への患者参加」を知り、実行していただくきっかけとして、医療に携わる方には啓発活動の取り組みとして、医療安全に関する出来事や思いをユーモアや風刺のきいた「五・七・五」にしてください。投稿お待ちいたします。

2017年度の入賞作品はこちら→PDF

サイトマップ
ページの先頭へ