科の紹介

 食道癌、胃癌の他、食道運動機能異常(食道アカラシアなど)や食道良性腫瘍、胃良性腫瘍(GISTなど)、食道裂孔ヘルニアなどに幅広く対応しています。当科では手術が中心的な治療方法になりますが、手術前や手術後、がん再発時に行う化学療法や放射線治療も積極的に行っています。診断と治療には各専門医(食道外科専門医、消化器外科専門医)が責任をもってあたり、各疾患の病期(Stage)に応じた治療(手術、化学療法、放射線治療)を提供しています。各専門医は日本食道学会や日本胃癌学会ガイドラインに則した治療に精通し、各疾患の日本における標準治療を提供することが出来ます。また、2011年から鏡視下手術(胸腔鏡下手術・腹腔鏡下手術)を導入しました。傷が小さいことや丁寧な手術ができることなどから、鏡視下手術は患者さんに優しい手術であると言われています。さらに胃の良性腫瘍(GIST)に対しては、消化器内科医と協力し腹腔鏡下内視鏡下胃切除(LECS)を行い胃の温存に努めています。


 

 

 

2011年手術実績(鏡視下手術)

 食道癌、胃癌の他、食道運動機能異常(食道アカラシアなど)や食道良性腫瘍、胃良性腫瘍(GISTなど)、食道裂孔ヘルニアなどに幅広く対応しています。当科では手術が中心的な治療方法になりますが、手術前や手術後、がん再発時に行う化学療法や放射線治療も積極的に行っています。診断と治療には各専門医(食道外科専門医、消化器外科専門医)が責任をもってあたり、各疾患の病期(Stage)に応じた治療(手術、化学療法、放射線治療)を提供しています。各専門医は日本食道学会や日本胃癌学会ガイドラインに則した治療に精通し、各疾患の日本における標準治療を提供することが出来ます。また、2011年から鏡視下手術(胸腔鏡下手術・腹腔鏡下手術)を導入しました。傷が小さいことや丁寧な手術ができることなどから、鏡視下手術は患者さんに優しい手術であると言われています。さらに胃の良性腫瘍(GIST)に対しては、消化器内科医と協力し腹腔鏡下内視鏡下胃切除(LECS)を行い胃の温存に努めています。

2011年手術実績(鏡視下手術)

食道癌12例(8例) 胃癌42例(9例) 胃GIST 6例 (5例)
食道裂孔ヘルニア1例(1例) 胃潰瘍幽門狭窄2例(1例) 食道憩室1例(1例)
食道穿孔1例 びまん性食道痙攣 1例(1例)  
サイトマップ
ページの先頭へ