部署の紹介

 画像センターでは、X線検査やCT検査・MRI検査等により、体内情報を画像として提供する画像診断部門と、外部から放射線を照射し、病気の治療を行う放射線治療部門で構成されています。

 診療放射線技師は「放射線と画像の専門職として診断の補助を行い、診断しやすい画像を提供するとともに、安全で精度の高い放射線照射を行う。」という基本方針のもと、医師・看護師・事務の方々と協力して業務にあたっています。

スタッフの紹介

部長  山下 公仁彦五味 光太郎渡邊 智治
技師長  牧内 正史
診療放射線技師

 診断部 27名(男性18名 女性7名 非常勤2名)

 治療部5名(男性5名)

看護師  診断部3名 治療部2名
事務  3名

 

認定資格

 
第1種放射線取扱主任者  2名
第2種放射線取扱主任者  2名
第1種作業環境測定士  1名
第2種作業環境測定士  1名
シニア放射線技師  1名
アドバンスド放射線技師  1名
放射線管理士  1名
放射線機器管理士  1名
医療画像情報精度管理士  1名
Ai認定診療放射線技師  1名
検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師  4名
日本血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師  3名
救急撮影認定技師  3名
X線CT認定技師  1名
磁気共鳴専門技術者  1名
核医学専門技師  1名
超音波検査士     消化器  3名
           健診  3名
           泌尿器  1名
           体表  2名
           血管  1名
医学物理士  2名
放射線治療品質管理士  2名
放射線治療専門放射線技師  1名
医療情報技師  2名

業務の紹介

Ⅹ線検査

 

 


 

 X線という電磁波を用いて胸部・腹部や骨などの撮影を行い生体内の情報を得る検査です。専用の撮影室での検査の他に、病室や手術室での撮影も行っています。

  画像は全てデジタル保管されており、電子カルテ画面で観察・診断に使用しています。

  X線-TV室は、X線を出しながらの透視画像を見て骨折の整復を行ったり、バリウムやヨード造影剤を用いて消化管や肝臓・腎臓などの各臓器の検査・撮影をします。また、内視鏡などを用いての検査・治療も行っています。

 

 

 

 血管撮影室は、血管の中にカテーテルという細い管を挿入し、造影剤を注入して血管を選択的に撮影する検査です。また、カテーテルを使用した手術(詰まった血管を再開通させたり、腫瘍の栄養血管や出血の原因となる血管を塞栓するなど)も行っております。

  現在2台体制で各診療科が様々な検査や手術を行っています。そのうちの1台がハイブリッドカテ室といって、カテーテル検査・手術と開胸・開腹手術が併せて出来る血管撮影室です。最近ではTAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)やTEVAR・EVAR(ステントグラフト内挿術)など高度な治療も行っています。


 

 

 

CT検査

CT検査

 CT装置(Aquilion ONE、Aquilion 64)が、稼動しています。CT装置は、X線を使用して、体の輪切り画像や、さまざまな断面画像、3D画像を撮影・作成しています。
 Aquilion ONEは、脳全体や心臓を1秒以内で撮影でき、また前の装置に比べて撮影時間が短く、被ばくも低減されております。現在は2台で、患者様に優しい検査を提供しています。

MRI検査

MRI検査

 

 MRIは、強力な磁場と電磁波を利用して身体の内部を画像化する検査です。様々な断面の画像が得られ、造影剤を用いなくても血管等の描出が可能です。またX線を使用していないため放射線被ばくがありません。

従来の装置に比べ検査時間が短くなり、装置の開口径も大きくなったため、以前より快適に検査を受けて頂けます。
 


 

 当院では、MAGUNETOM Avant・Aereの2台体制で全身の特殊検査に対応しています。また、救急診療においても、脳卒中や脊髄損傷など重篤な疾患には、24時間撮影可能な体制を整えております。

 MRIは強力な磁場と電磁波を利用しているため、ペースメーカー等の体内金属がある方は検査が受けられない場合があります。

 詳しくはMRI室スタッフまでお気軽にお問い合わせください。


 


 

 

 

核医学検査

 

 核医学センターではガンマカメラ(E-CAM)、PET-CT(DISCOVER 710)を使用して常に最先端の技術と知識で、安全かつ良質な検査を提供しています。ストロンチウムによる有痛性骨転移疼痛治療、ヨウ素による残存甲状腺破壊治療・バセドウ病治療もおこなっています。核医学検査・RI療法でご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。


PET-CT装置

ガンマカメラ装置

放射線治療

放射線治療

 最新型線形加速器システム(CLINAC iX)を導入しています。3次元立体画像で、治療計画が可能であり、60対のマルチリーフコリメータで、限局照射ができます。また、診断用X線装置OBI(オンボード・イメージャー)を搭載し、画像誘導機能(IGRT)を用いた、強度変調照射(IMRT)を行っています。

サイトマップ
ページの先頭へ