4階東病棟

 

  産科・婦人科・乳腺外科・NICUを担当しています。産科は正常な妊娠分娩の「院内助産」からハイリスク妊娠分娩を、ハイリスク新生児はNICUで担当し、「地域周産期母子医療センター」の役割を持っています。助産師外来(マミー外来)で、妊娠から育児まで継続して支援しています。

 

 

  婦人科・乳腺外科は細やかな看護を心がけ患者さんの思いを大切にしています。患者会や婦人科の女性相談室では、がん患者さんの思いを大切にしています。患者会や婦人科の女性相談室では、一人ひとりの思いを聴き、思いに沿った看護を提供させて頂いております。女性の味方で和やかな雰囲気です。


 

 

4階西病棟

 

4西病棟は小児科、救急科、皮膚科、消化器外科、内科、眼科、の入院患者さんを主に担当しています。

診療科 定床数
 小児科  小児科10床
 救急科  4床
 皮膚科  2床
 外科  4床
 内科  4床
 眼科  4床
 放射線科

 1床

 回復室  4床

 

概要

小児科は新生児から思春期にかけての疾患を診療しています。

救急科は外傷や入院を必要とする症状が突然出現した患者さまの対応をしています。

皮膚科は、アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎など)や自己免疫疾患(類天疱瘡など)、入院の必要な皮膚疾患を診療しています。

外科は甲状腺の疾患や、そけいヘルニア など、手術の必要な疾患を診療しています。手術後は全身管理を行った後、円滑な社会復帰をお手伝いします。

内科は多岐にわたる疾患を診療しており、在宅や地域、施設、と連携しながら退院支援しています。

眼科は白内障や網膜剥離など手術が必要な疾患を診療しています。手術後の点眼管理などをお手伝いしています。

 

ひな祭り、七夕、ハロウィン、クリスマスなど季節に合わせたイベントを行っています。

お子さんから高齢の方まで、

4西病棟の親切で明るく優しいスタッフが、患者様の療養のお手伝いをしています。

 

 

 

 

5階東病棟


 私たちの病棟は心臓血管センター(循環器内科・心臓血管外科)46床の病棟です。病棟内にHCU4床を併設し重症患者の対応にあたっています。医師10名、看護師32名、看護助手4名、病棟クラーク1名のメンバーで成り立っています。また、他部門のスタッフとも協力し患者ケアを行っています。

  毎日、“元気よく笑顔で”をモットーに仕事をしています。医師との連携もとりやすく、コミュニケーションを大切に日々の患者の看護へつながるよう心がけています。

  主に心不全・心筋梗塞・狭心症といった疾患、心臓血管外科患者としては冠動脈バイパス術、弁置換術といった手術患者を対象としています。毎日心臓カテーテル術を実施しています。また、心臓血管外科では予定OPと緊急OPがあり、術前・術後患者を看護しています。今年度から新しい治療を行うことになり、心臓血管センタースタッフが一丸となって準備をしているところです。活気あふれる病棟です。

 

 

  スタッフのキャリアアップに関しては定期的な学習会の場をつくっています。症例をもとに心疾患の病態・検査・治療を理解して、知識・能力アップにつなげています。

 

5階西病棟

  5階西病棟は消化器外科と呼吸器外科の周手術期の治療と看護を行っている病棟です。
患者さんの治療がスムーズにいくよう、医師や看護師だけでなく、薬剤師や栄養士、リハビリテーション療法士、医療ソーシャルワーカーなど様々な職種のスタッフと協力しながら、手術前のお手伝いや、手術直後のケアをさせていただいています。できるだけ快適に過ごしていただけるよう、頑張っています。

 

  5階西病棟には、手術直後や集中的な治療が必要な患者さんを収容する『ハイケアユニット(HCU)』があります。
手術直後の患者さんの変化を見逃さないように、的確な観察を行い、看護ケアを充実させています。

 

 

 

 

 

 

 

  いろいろな職種の方たちと協働して医療・看護にあたっています。病棟担当薬剤師、病棟クラーク、看護助手さん。みなさん、なくてはならない存在です。

  ドクターとのカンファレンス。褥瘡ケアチーム、NST、呼吸ケアチームは、消化器外科には大事なチームメンバーです。

 
 

 

6階東病棟

整形外科・形成外科・歯科口腔外科病棟

整形外科・形成外科・歯科口腔外科の病棟です。体の機能障害や痛みで日常生活に不自由を抱えている患者さんが入院されます。急性期病院なので外傷患者さんも多く、老若男女さまざまな方の治療に携わっています。障害を引き受けて、患者さんが望む生活にスムースに移行できるよう、医師・看護師・リハビリスタッフ・社会福祉士など多職種と連携をとり患者さんを支援しています。患者さんの回復をともに感じられるやりがいのある病棟です。明るく笑顔がいっぱいです。

 

病棟を構成するスタッフは…

整形外科
形成外科

整形外科の医師6名が診療にあたっています。
下肢の機能再建・上肢の外科・脊椎外科を専門とする医師が診療を担当します。外傷の治療も積極的に行っています。

形成外科の医師3名が診療にあたっています。
乳房再建・手指切断の再接着など外科的治療や熱傷の治療を行います。

歯科口腔外科

一般歯科で扱えない、リスクの高い患者さんの抜歯や、全身麻酔下でののう胞切除・腫瘍切除を行っています。

 

6階西病棟

 

6西病棟は病床数50床の消化器センターです。消化器内科30床・腫瘍内科6床・消化器外科15床で構成されており、検査目的の短期入院から、長期の療養を余儀なくされる患者さんもいます。私たちは、どの患者さんに対しても、段階や病状に応じてその人らしく療養できることを心がけています。そのため、入院中や退院後の療養環境について、患者さんをはじめ患者さんを支えるご家族のみなさんの力になれるよう、医師や他職種との症例カンファレンスを定期的に開催し、最善の方法を検討しています。

 


 

 また、6西病棟ではバディー制チームナーシングを取り入れており、お互いが協力し合う風土があります。そのため、喜びも苦しみもみんなで分かち合いながら仕事をすることができています。

 

 

 

 実際の現場での援助や関わりを大切にし、職種の垣根を越えて協力しあい、チームで解決していく、そんなあたたかい病棟です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7階東病棟

 私たちの病棟は、血液内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科の3科の病棟です。専門性の高い治療が展開される病棟です。

  写真は朝のミーティングの様子です(感染予防のためマスクは必需品なので顔が見えず失礼します)。患者さんの治療の確認や看護ケアについて話し合っています。

  主に、血液内科は化学療法や幹細胞移植(自家移植・同種間移植)、腎臓内科は血液透析や腹膜透析、糖尿病・内分泌内科は糖尿病教育入院やインスリン導入を行っています。めまぐるしい中、39の笑顔でケアを行っています。

 

 

 

 

報告・連絡・相談

“ホウレンソウ”の実践中。

 

 

 

 

 

カンファレンス中

チームワークは抜群です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点滴の準備中。2人で確認をしているところです。真剣です!!

院内で点滴の数が一番多いです。毎日写真の3倍の点滴を行っています。

 

 

 

退院後の環境整備中

スミからすみまで丁寧に

お掃除をしています。

助手さんの縁の下の力持ちは

ピカイチです。

 

 

 

 

 

 

ある日、クリーンルーム(ISOクラス6以上)の窓の外に突然ツバメの雛が舞い降りて来ました。ためらっていた雛たちでしたが、次々に大空へ飛びたって行きました。

 

7階西病棟

すてきな笑顔と出会える病棟、7西病棟。

7階西病棟は病床数49床で呼吸器内科・泌尿器科の療養病棟です。医師・看護師・看護助手・病棟クラークが一丸となり患者様の療養生活が安全・安楽で適切な医療が提供できるよう、日々病棟運営に努めています。診療科の特徴として、入退院を繰り返す患者様が多く、チームで継続看護ができるよう、様々な職種と情報・意見交換をするために、カンファレンスを積極的に行っています。また、主要疾患の入院患者に積極的にクリニカルパスを使用し、早期退院を目指せるように活用しています。未来の看護師育成にも協力し、看護学生指導にもスタッフが丁寧に関わっています。


 

 スタッフの一押しはなんといっても病院初の男性師長です!!!メガネの奥に秘められた知性と感性を強く感じませんか?仕事とプライベートが充実できるように勤務表作りが抜群です!!!また、スタッフが働きやすいように感謝と笑顔を大切にし、心地よい病棟環境をスタッフと共に目指しています。

 

 

 

 

女性が多い職場ですが、男性スタッフも4人で頑張っています。女性の繊細さに男性の力強さが加わりよりよい看護が提供できるようになり、職場の雰囲気も穏やかです。

 

 

 

 

 

皆さんのご意見が私たちの明日への看護の糧となるので、ぜひ声をかけていただけたらと思います。

           

最後に皆さんと出会える時のために、笑顔に磨きをかけてスタッフ一同精進していきます。

 

8階東病棟

 こんにちは。
8階東病棟は、脳外科・神経内科・耳鼻科の病棟です。脳卒中センターとしてSCU(脳卒中ケアユニット)を備えています。
脳外科・耳鼻科の手術をはじめ、脳卒中の急性期看護から神経難病や老年期、慢性期まで幅広い看護を行っています。リハビリテーション課や医療社会事業部など他部門との連携を大切にし、病棟デイなどの取り組みも始めています。
日々のケアを介し、患者さんの回復を感じ患者さんの心に寄り添う中、スタッフ一同やりがいを持って毎日仕事をしています。
明るい雰囲気を持った8階東病棟です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8階西病棟

 精神科30床の病棟で閉鎖病棟(保護室3床を含む)と開放病棟とに分かれています。
精神疾患のみならず、総合病院である特殊性を活かして他科と連携し身体合併症をもつ患者さんを受け入れ、治療にあたっています。
精神科看護は、治療的な人間関係を基盤に回復過程にあわせたセルフケア援助を通して、患者さん自身の自己実現を目指し、その人らしく生きていくための成長や回復過程を支援するものです。
患者さんも看護師も十人十色で、その関係性はそれぞれ異なります。看護師はその関係性の中で自分を振り返り、自分らしい看護を探しながら成長していけるよう努力しています。

 

 

ICU

 ICUには、8つのベッドがあり、たくさんの患者さんを受け入れています。多くICUに入室されるのは、心臓血管外科、消化器外科、脳神経外科ですが、院内のあらゆる診療科の大きな手術の後や、高度な治療が必要とされる患者さんが入室されます。

現在ICUには、看護師・看護助手も含め26名が働いています。集中ケアの認定看護師もいます。みんなまじめで一生懸命p(^^)q!高度化していく医療に遅れをとらぬように、お互いに刺激し合い、日々技術を磨き学習を積んでいます。いろいろな医療機器に囲まれ、機械的な音であふれている環境の中で治療する患者さんに、安全で確実、丁寧で温かい看護ができるように日々努めていますv(^^)v

患者さんにとって、ICUでの治療は、入院中の一部です。医療・看護が途切れることなく提供できるように病棟や手術室、様々な職種のスタッフとの連携をよくして、患者さんが一日も早く回復できるように協力しあっています。

 

血液浄化センター

血液浄化センターでは、月~土まで一日60人前後の患者さんの透析を行っています。

みなさんは透析ってご存知ですか?

 

本来なら腎臓が血液をきれいにする機能を持っているわけですが、腎臓の機能が低下した患者さんは『ダイアライザー』という人工腎臓を使って血液をきれいにするのです。患者さんは、一日おきに4~5時間かけて血液をきれいにするため、週3回必ず来院し、治療を受けます。通院される患者さんの苦労は大変なものです。腎臓の替わりをする治療法には、血液透析・腹膜透析・腎移植があります。

 

 

 

また、透析の患者さんは血液の流れが悪いので足病変のリスクが高まることからフットケアにも力を入れています。専門の研修を受けた看護師がリスクの高い患者さんの足病変合併症予防・異常の早期発見につなげるために月に一度30分かけてフットケアを行っています。

 

 

血液浄化センターでは、医師・看護師・臨床工学技士・クラーク・看護助手が一致団結して患者さんが安全・快適に透析ができるよう、また健やかに毎日を送ることができるよう日々努めています。

 

新棟1階

 新棟1階は、通院治療センター・がん相談支援センター・緩和ケアを担当しています。3つの専門的な分野の看護師が連携をとって、患者さんの生活の一部となるがん治療の、身体面・心理面・社会面を援助します。がん治療において、各病棟・外来の中心的役割を果たせるように、一丸となって頑張ります。

 

 

 

 

 

 

外来


                   

 当院の外来は、内科(呼吸器、循環器、消化器など、7つの専門科に分かれています)、外科、整形外科など、28の診療科があり、多いときで一日約800~900名程の患者さんが来院します。看護師は約50名。地域中核急性期病院の外来であり、以前に増して外来看護師に求められる知識や技術も多種多様で高度になっています。また、地域包括ケアが重要視される中、当院でも外来・病棟・地域が連携し継続看護が行われる様に継続記録の充実等にも力を注いでいます。

医師、看護師はもちろん、薬剤師、放射線技師、検査技師、事務など様々な部署のスタッフとの連携を図りながら、患者さんが安全に安心して外来診療が受けられるようチーム一丸となって援助・支援を行っています。

 

手術室

 

 

概要紹介

訪問看護ステーション


 

 諏訪赤十字訪問看護ステーションは、「在宅療養を希望される方が、生活の質を高めつつその人らしく安心して生活できるよう、必要なときにいつでも支えます」を理念として、病院等から在宅療養に移行される方や、現在地域で療養されている方々とご家族を、笑顔と誠意でサポー トしています。
詳細は、こちらをご覧下さい。

 

救命救急センター

救急外来と救急病棟10床を持っており、一次から三次にわたる救急患者さんを受け入れています。診療科は幅が広く、脳卒中、急性心筋梗塞、重症外傷など専門的治療を必要とする患者さんの看護を行っています。またドクターカー運用もしているため、出動には看護師が同乗し、救急重症患者さんの搬送をチームで行っています。

 

サイトマップ
ページの先頭へ