看護教育について

諏訪赤十字病院では、赤十字医療施設共通のシステムである「キャリア開発ラダー」を導入し、継続教育の仕組みを整えています。赤十字キャリア開発ラダー は、看護実践能力の指標を段階別に明示し、一人ひとりの看護師がライフスタイルにあわせて、主体的に目標に向かってキャリアアップできるようにするための システムです。このシステムを活用することによって、全国の赤十字医療施設間のネットワークを通じた教育や、人事交流を行うことが可能です。自分のペース に合わせて、継続してキャリアアップできるよう、教育や環境を整えて支援しています。

諏訪赤十字病院看護部の継続教育の理念と教育目標

継続教育の理念

諏訪赤十字病院、看護部の理念に基づき、その時代の人々の健康のニーズに対応でき、専門職業人としての自律した看護師の育成をはかる。

教育目標

  1. 専門職業人として必要な知識・技術を習得・開発する能力を養う。
  2. 対象者を支えるチームの一員として協働・連携・調整できる能力を高める。
  3. 赤十字病院の役割を理解し、赤十字活動ができる能力を養う。

教育体制

諏訪赤十字病院は、地域医療支援病院、救命救急センター、地域がん診療拠点病院の認可を受け、 諏訪地域における中核病院として高度先進医療の提供を使命としています。 そのため、当院で働く看護師には、それに対応できる高い能力と専門性が求められています。
看護部では、看護師がもてる資質や能力を高め、高度先進医療の担い手として活躍できるよう、 キャリア開発ラダー(図1)を用いています。 目標を自己決定し、必要な教育を必要な時期に受けることができ、能力を適切に評価されることは、 看護師一人ひとりの自尊心を高めることにつながります。それによって、看護の仕事を通じて看護師が自己成長することができるよう支援するための体制です。

諏訪赤十字病院 キャリア開発ラダー

当院の新人教育組織図

新人教育

新人看護師は、学生から社会人への役割移行や、 看護現場でのリアリティショックといった大きなストレスにさらされます。 諏訪赤十字病院では、新人教育のキーワードを『つながり』とし、 病院職員全員で新人看護師の教育やサポートをしています。 また、新人看護師教育研修委員会を組織し、 On The Job Training(OJT)、Off The job training(Off-JT)を計画的に行っています。 OJTでは、チューター制を導入しており、新人看護師一人ひとりに先輩ナースが身近な相談相手としてサポートする体制をとっています。

新人看護師教育スケジュール

H25年度他部署ローテーション研修

  1. 前期・中期・後期に分け、合間に病棟のOJTと
    技術チェックの時期を確保。
  2. OP、ICUは病棟経験を積んでからの研修。

 

サイトマップ
ページの先頭へ