• 看護部
  • 看護部長からのメッセージ

看護部長からのメッセージ

看護部長 折井 こずえ

看護部長よりメッセージ 
 

令和3年4月1日より看護部長に就任いたしました折井こずえです。諏訪赤十字病院は、2023年1月には創立100周年を迎えます。その伝統と誇りを胸に秘め、新しいチャレンジをしていきたいと考えています。

当院は救急医療とがん医療を中心に、急性期から在宅まで幅広いニーズにこたえる地域の基幹病院です。また、院内助産や、看護外来、チーム医療への参加など、看護職が自身の知識とスキルを活かした活動も多くしています。その中で、やりがいを持ちながら、生き生きと働く職場の醸成に取り組んでいます。

看護職は、<一人一人を尊重した思いやりのある看護>を看護部の理念に置き、【生きる(生命と生活)を守る・支える・つなげる】看護実践に皆で取り組んでいます。

また、自身のキャリアアップに向けてキャリア開発ラダーによる教育体制も整備されています。コロナ禍でも、eラーニングや、WEBを使った研修、少人数での研修等工夫をしながら、自己研鑽できる環境にしています。また、赤十字病院の特色でもある、災害救護に関する研修も毎年行われています。

新型コロナウイルス感染拡大で、生活も医療も変わっていく時代ですが、創意工夫しながら変化に対応し、「人も自分も大切にする」看護部になるよう全力で取り組みます。

サイトマップ
ページの先頭へ