• 看護部
  • 副院長兼看護部長からのメッセージ

副院長兼看護部長からのメッセージ


副院長兼看護部長
宮坂 佐和子

 当院は、救急医療とがん医療を中心に急性期から在宅医療までの連携を補完できる、諏訪地域の基幹病院です。地域医療支援病院、救命救急センター、がん診療連携拠点病院、地域災害拠点病院、地域周産期母子医療センターなどの認定を受けて、病院の機能拡大・充実に伴い看護職は年々増加し、看護の専門性を発揮する場が拡大してきています。

 看護部は「私たちは、赤十字の基本原則に基づいて、一人一人を尊重した思いやりのある看護を提供します。」の理念を掲げて、常に患者さんに安心を提供できるためにコミュニケーション能力と看護実践能力を高めることに努めています。そして、「生命と生活を守る・支える・つなげる看護」の提供をめざして、外来・病棟・在宅・地域の連携とチーム力の強化を大切にしています。

 教育においては、赤十字医療施設キャリア開発ラダーを基盤として、特に新人看護職員研修をチューター制と他部署ローテーション研修などを導入し、看護職として円滑なスタートができるための充実した教育体制を整えています。また、明るく働き続けられる職場環境をめざして、育児支援を中心としたワークライフバランスの推進に取り組んでいます。

 職員の笑顔が患者さんの笑顔につながり、患者さんの笑顔が職員のやりがいにつながる笑顔とこころがクロスする病院で、共に看護の夢と喜びを膨らませましょう。

サイトマップ
ページの先頭へ