地域がん診療連携拠点病院の役割

 地域がん診療連携拠点病院は、全国どこでも質の高いがん診療が受けられる体制を整えるために国が二次医療圏ごとに指定した病院です。

 

【診  療】

  • 集学的治療及び学会の診療ガイドラインに準ずる標準的治療、応用治療を行います。
  • クリニカルパスを積極的に導入し計画的な診療を推進します。
  • 緩和ケアチームによる緩和医療を提供します。
  • セカンドオピニオンに応じます。

 

【研  修】

  地域内の登録医をはじめとする医療従事者への研修を積極的に行います。

 

【情報提供】

  • 相談支援センターを設置し地域住民の相談を受け付けるとともに、患者や家族の方々への情報提供と交流の場を提供します。
  • 院内がん登録の結果を公表するとともに、がん診療の質と治療成績の向上に努めます。

【がん診療連携拠点病院指定書】

  平成27年3月31日に「地域がん診療連携拠点病院」の指定が更新されました。

  指定期間:平成27年4月1日~平成31年3月31日

  これからも質の高いがん診療の体制整備に取り組んでいきます!

【他施設との情報共有と相互評価】

当院は、情報共有と相互評価の為、県がん診療連携拠点病院と県内の地域がん診療連携拠点病院で構成されている長野県がん診療連携協議会に参加しています。

【都道府県がん診療連携拠点病院】   信州大学医学部附属病院 
【地域がん診療連携拠点病院】   諏訪赤十字病院  他 県内6施設
   佐久医療センター 飯田市立病院 長野赤十字病院 
        長野市民病院 相澤病院 伊那中央病院
【地域がん診療病院】
   信州上田医療センター 県立木曽病院 北信総合病院 

 

 

 

平成29年度 長野県がん診療連携協議会(2017.8.24)参加 

長野県全体のがん診療の水準の均てん化を図るとともに、長野県内の各地域がん診療連携拠点病院間の連携協力体制を図るため、年1回信州大学医学部附属病院にて開催される「長野県がん診療連携協議会」に、当院から院長、がん診療推進室室長、室員2名の計4名が参加しました。

会議では「第10
回都道府県がん診療連携拠点病院連絡協議会」の報告がなされた後、各部会からの報告や今後の予定について話し合いがなされました。(写真は会議の様子)
 


 

 

【参加病院・施設】
信州大学医学部附属病院、佐久医療センター、飯田市立病院、長野赤十字病院
長野市民病院、相澤病院、伊那中央病院、諏訪赤十字病院
北信総合病院、信州上田医療センター、木曽病院

長野県健康福祉部、長野県歯科医師会

 

当院は今後とも、県内他施設との連携協力をもとに、

質の高いがん診療提供体制を整備してまいります!

 

 
 
 
 
 
 

 
サイトマップ
ページの先頭へ