初期臨床研修について

研修期間 2年間
研修スケジュール 2年間
研修プログラム例 内科6ヶ月、外科1.5ヶ月、小児科2ヶ月、産婦人科1ヶ月、麻酔科2ヶ月、整形外科1ヶ月
救急部3ヶ月、精神科1ヶ月、地域医療1ヶ月、選択5.5ヶ月

 

基本例(1年次)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(1.5ヶ月) 外科(1.5ヶ月)麻酔科(2ヶ月)小児科(2ヶ月)内科(2ヶ月)救急(2ヶ月)整形外科(1ヶ月)

基本例(2年次)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(2.5ヶ月) 救急 地域 産婦 精神 選択科(5.5ヶ月)

 

外科希望2年次ローテート例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
腎臓 救急 外科 外科 救急 小児 形成 地域 産婦 放射 外科 外科

 

整形外科希望2年次ローテート例

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
呼吸 呼吸 整形 整形 整形 地域 精神 放射 救急 産婦 整形 整形

 

 

研修状況 平成29年4月現在
■諏訪赤十字病院 (基幹型/当プログラム) 2年次 :8名
1年次 :7名
■信州大学医学部附属病院 (協力型/たすき方式) 2年次 :1名
1年次 :1名
計 17名

 

研修医の声  松尾雄一郎 

私が初期研修病院を選ぶ上で考えたこと  

 

私は初期研修病院を選ぶにあたって、まず経験できる症例が豊富であることを重視しました。初期研修期間中に、各科のcommon diseaseを一通り経験したいと考えたからです。その上で、救急対応にある程度自信を持ちたいと考えたため、救急患者を積極的に受け入れている病院を選びました。おそらく同じような基準で初期研修病院を選ぼうと考えている方も比較的多いのではないでしょうか。

 

実際に諏訪赤十字病院で初期研修を行って

 


 

私は現在、2年間の諏訪赤十字病院での初期研修を終えようとしている段階でこの文章を執筆しています。2年間を振り返ってみて、上記の基準で考えれば諏訪赤十字病院はまさにうってつけの病院であったと感じます。

 救急患者は基本的に断らずに全員受け入れますし、地域の診療所、病院からの紹介患者も多数集まってきます。また、地域の中で、高度急性期医療を行なう「最後の砦」としての役割を担っているため、重症患者の急性期管理を行なう機会も多くあります。近隣に大きな病院が少ないため患者が集中してくるこの体制が、多くの症例を経験したいという目的には合致していると感じます。

 実際の研修内容は、当然ローテーションしている診療科にもよっても異なりますが、基本的には研修医が絶対に行わなければならないdutyはそれほど多くない病院であると言えると思います。「毎日夜遅くまで仕事をして、病院で寝泊まりして...」といったような忙しさは、(敢えて望まない限り)ありません。

 これに関しては良し悪しがあると思います。当然、与えられる最小限のことだけをこなしているのでは、身につくものも少なく研修が終わる...ということもありえます。ただ、望めばどんどん診療に深く関わっていくことはできますし、(上級医の指導のもと)主体的に診療を進めていく立場となることも可能です。また、熱心な指導医も多くこちらに積極性があれば喜んで指導にあたってくださいます。上で述べたように、症例は非常に豊富な病院です。その環境を生かすも殺すも自分次第、といえると思います。

 


縫合研修

 実際、日常業務に忙殺される、ということがそれほど多く無い分、研修医は皆それぞれに座学を進めたり、緊急手術に加わったり、救急外来で患者を「待って」みたり、また余暇を楽しんだりと、研修生活を充実させています。左に回り込ませる文章が入ります。

 

 

 

課外活動

 

諏訪赤十字病院の診療面以外での特徴として、スポーツなどの課外活動がさかんなことが挙げられると思います。院内に野球、フットサル、バスケットボールなどのチームがあり、毎年行われる赤十字病院中部ブロック大会、その先の全国大会での活躍を主な目標に、日々活動を行っています。病院から大勢の関係者が選手、サポートとして参加する中部ブロック大会は、毎年数台の大型バスを利用しての遠征となり、大変な盛り上がりを見せます。

 また、病院周辺には諏訪湖、温泉、霧ヶ峰...などがあり、観光地としても大変魅力的な場所です。冬にはスキーなどのウィンタースポーツも気軽に行えます。休日などにはこういった環境も十分に楽しみながら、研修を行うことができると思います。

 


野球大会の様子

高遠の夜桜

 

プログラム概要

諏訪赤十字病院 臨床研修の理念;初期臨床研修の理念

赤十字の理念を基盤として「医師としての人格」を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず、一般的な診 療において頻繁に遭遇する外傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身につける。

 

初期臨床研修の基本方針

  1. 臨床医として必要なプライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を修得する。
  2. 安心・安全で良質な医療を提供できる。
  3. 患者・家族・医療スタッフとのコミュニケーションを大切にできる。
  4. 医学の成果から生涯にわたって学び続け、医学・医療の発展に寄与できる。
  5. 医師として社会的役割を認識し、地域のニーズに応えることができる。
  6. 赤十字の7原則のもと、災害救援、救護活動に参加できる。

    

初期臨床研修プログラムの目的

初期臨床研修の目的は、「医師としての人格」を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず、一般的な診療 において頻繁に遭遇する外傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身につけることである。当院のプロ グラムでは、当院の基本理念に沿って地域に根ざした患者中心の医療と、赤十字の理念のもとに医療救援を実践する中で、初期臨床研修の目的を果たしていく。

初期臨床研修プログラムの特徴

  1. 救急・総合診療科における外来・救急の初期診療に年間を通して参加し、患者中心の医療を実践する中でコミュニケーション能力を養い、プライマリケアを学び、地域研修でその幅を広げることができる
  2. 赤十字の災害救護活動(集団災害防止:諏訪湖マラソンや花火大会への救護)に参加し、 また、大規模な災害シミュレーションに参加して災害救護を体験するなど、社会における医療活動を実感することができる。また、日本赤十字社主催の全赤十字 臨床研修指定病院による研修医教育に参加し、赤十字活動の理解を深める
  3. がん・脳卒中・心臓血管病などの高度医療にも参加することで、初期から後期研修に向けてのキャリア形成を円滑に進め、長野県の医療に貢献する医師を育成する
  4. 内科・外科・小児科・麻酔科へ早めにローテートする中で医師としての基本的診療能力を高め、プロフェッショナルとしての自覚を持つことができる。2年目に1年目の研修医の指導に当たり、自己の成長を確認し、後輩を指導する経験を持つ
  5. 2年目に選択科を設定し、研修の不足を補うと共に、指導医と相談しながら自己のキャリア形成に備えることができる
  6. 頻回に症例提示と問題点の抽出を行い、EBMに基づく診療を指導医と相談しながら自己のキャリア形成に備えることができる
  7. 火曜日~金曜日の毎朝7時15分から開催される研修医行事を通じて、頻回に症例提示と問題点の抽出を行い、医学英語を習得し、論文の批判的吟味に慣れ、EBMに基づく診療を検討し、生涯にわたって医学的知識・判断力の形成を続ける姿勢と方法を身につける
  8. オリエンテーションから技能研修を看護師とともに行い、病院祭の演劇・職員スポーツ大会など初夏までに開催される病院行事に積極的に参加して病院職員と共に活動することを通じて顔の見える関係を築き、チーム医療を円滑に行える基盤を作る

 

諏訪赤十字病院初期臨床プログラム

プログラム詳細PDF

採用情報

募集要項     

平成30年度初期臨床研修医採用試験 

   第1回 8/2(水)、  第2回 8/7(月)、  第3回 8/18(金)

   第4回 8/30(水)、  第5回 9/8(金)         

 ※ 日程のご都合のつかない場合は下記まで直接ご連絡下さい。

   教育研修推進室(0266-57-6286)

募集人員

    8 名 【諏訪赤十字病院臨床研修プログラム(基幹型)による募集

 

応募資格

1.平成30年医師国家試験合格見込者(卒業見込者及び既卒者)

 

 

処 遇
(身 分) 常勤職員 (研修医)
給 与
給 与 基本給
1年次:311,065円 (諸手当含まず/平成29年度) 
2年次:341,720円
諸手当 通勤手当/住居手当/扶養手当/時間外手当(日本赤十字社給与要綱による)
宿日直研修手当 ( 1年次:15,000円 2年次:21,000円 ) 
賞 与 諏訪赤十字病院内規により支給
保 険 全国健康保険協会健康保険/厚生年金保険/労働者災害補償保険/雇用保険 加入
宿 舎 不動産物件の斡旋 及び 住居手当支給により補助

※ アルバイト禁止

募集要項
出願手続
応募希望者は、次の書類を取り揃え提出する (1)応募願書(要 写真添付)/ エントリーシート1通   ※ 写真はすべてカラー・上半身脱帽無背景・3ヶ月以内撮影のもの/直筆のこと (2)成績証明書 1 通 (3)大学卒業証書の写しまたは卒業(見込)証明書・あるいは医師免許証の写し1通
出願方法

応募希望者は上記書類を選考希望試験日の10日前までにご郵送ください。

 応募者にはあらためて試験実施要項を通知いたします。

選考試験日

試験日はご希望に沿えるように対応致します。

 ○選考試験時間 13:30〜17:00(予定) ※都合の良い希望日をお電話にてお申込み下さい。

  試験実施要項を通知いたします。

選考方法
筆記試験・面接
書類の提出先
〒392-8510 長野県諏訪市湖岸通り五丁目11番50号 諏訪赤十字病院 事務部 教育研修課 医師研修担当

お問い合わせ

諏訪赤十字病院 事務部 教育研修推進室

 

〒392-8510

長野県諏訪市湖岸通り5丁目11番50号

TEL : 0266-57-6286(直通)

FAX : 0266-57-6036(FAX)

お問い合わせフォームはこちら

研修医の様子


 多職種とのオリエンテーリング

画像技術センター オリエンテーション

 


消防署研修

薬剤部 オリエンテーション

       


救急部ユニフォーム

BLS研修

 

     

サイトマップ
ページの先頭へ