プログラム責任者『挨拶』

職業人としての医師を選び、医学部を卒業、国家試験を突破した研修医の方々の卒後教育のお手伝いをしてきました。Early  exposure の重要性を痛感します。夢を持ち、医師としてこれからを実現していくに当たり、最初の数年間は一生の方向を決定します。天職としての医師を始めるにあたり、当院は、研修の環境、望ましい習慣や人格の形成、一生の宝となる仲間など、貴重な時間と場所を提供したいと思います。

研修は多少ハードかもしれません。一人前の医師、職業としての医師になるための全てを用意していると自負しております。朝早くからの症例発表、症例検討、EBM、NEJMのCase Record等の英語論文抄読、昼夜を問わないER対応、患者さんの入り口である総合診療診察。各科ローテーションでは90名(全医師の80.4%)を誇る指導医や上級医の手厚い指導やコメディカルとの日常勤務でのディスカッション。 まさに、臨床は現場で起きており、患者さんが中心であることを身をもって実感します。 個々の患者さんの悩みをサイエンス(エビデンスやロジカルな思考)とアート(感性やナレイティブなど)を用いて折りなし、患者さんに還元していく。そんな研修が毎日展開されております。赤十字職員としても、災害救護や国際医療支援活動、環境保護等にも関与しております。また、日常生活では、病院祭、スポーツ大会、諏訪湖マラソンなど病院行事を通じて、22名の研修医相互の結束を固め、さらに病院職員、地域住民との交流を深めています。 

医師への最初の第一歩を私たちと共に始めませんか。

プログラム責任者
笠原  寛

臨床研修機能評価認定病院

NPO法人卒後臨床研修評価機構より更新認定を受けました。

当院は、NPO法人卒後臨床研修評価機構より、平成20年12月1日付けで長野県内においては2病院目、全国で54病院目の病院として認定証を取得し、 平成26年12月1日付け、更新審査により認定期間を4年間と更新いたしました。当認定は、当機構の行う第三者評価により、臨床研修指定病院(厚生労働 省)としての研修プログラムの保証、臨床研修病院の質の改善・向上を促進し、国民が安心して受診できる病院、国民が求める良い医師を育てることを目的とし ております。今後も引き続き、日本の医療の発展に寄与するとともに、臨床研修病院としての質の向上に努めてまいります。

臨床研修理念・基本方針

理念

赤十字の理念を基盤として「医師としての人格」を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず、一般的な診療において頻繁に遭遇する外傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身につける。

 

基本方針

1. プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を修得する。
2. 安心・安全で良質な医療を提供できる。
3. 患者・家族・医療スタッフとのコミュニケーションを大切にできる。
4. 医学の成果から生涯にわたって学び続け、医学・医療の発展に寄与できる。
5. 医師として社会的役割を認識し、社会のニーズに応えることができる。
6. 赤十字の7原則のもと、災害救援、救護活動に参加できる。

臨床研修病院の役割・機能

臨床研修病院の役割・機能

初期臨床研修の目的は、「医師としての人格」を涵養し、医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、将来専門とする分野にかかわらず、一般的な診療において頻繁に遭遇する外傷や疾病に適切に対応できるように、プライマリケアの基本的な診療能力(知識・技能・態度)を身につけることである。当院の基本理念に沿って地域に根ざした患者中心の医療と、赤十字の理念のもとに医療救援を実践する中で、初期臨床研修における役割を果たしていく。


1. 救急・総合診療科における外来・救急の初期診療に年間を通して参加し、患者中心の医療を実践する中で高いコミュニケーション能力を養い、プライマリケアを学び、地域研修でその幅を広げることができる。
2. 赤十字の災害救護活動に参加し、社会における医療活動を実感することができる。
3. がん・脳卒中・心臓血管病などの高度医療にも参加することで、初期から後期研修に向けてのキャリア形成を円滑に進め、長野県の医療に貢献する医師を養成する。
4. 内科・外科・小児科・麻酔科へ早めにローテートする中で医師としての基本的診療能力を高め、プロフェッショナルとしての自覚を持つことができる。
5. 2年目に6ヶ月以上選択科を設定し、研修の不足を補うと共に、指導医と相談しながら自己のキャリア形成に備えることができる。
6. 頻回に症例提示と問題点の抽出を行い、EBMに基づく診療を指導医と共に検討し、生涯にわたって医学的知識・判断力の形成を続ける姿勢と方法を身に付けることができる。


また、基幹型研修病院である当院が中心となり、研修協力病院・施設と協力して優れた研修医をはぐくむために熱心に臨床教育を行い、最新の医療技術および情報を提供し、病院全体として臨床研修を積極的に支援していく。

研修医の様子


 多職種とのオリエンテーリング

画像技術センター オリエンテーション

 


消防署研修

薬剤部 オリエンテーション

       


救急部ユニフォーム

BLS研修

 

     

サイトマップ
ページの先頭へ