科の特色

2019年4月に新規開設された診療科です。

従来院内では、緩和ケアチームとして主科より依頼のあった患者さんについて身体症状、精神症状を中心に介入を行ってきました。
また入院中にチーム介入した患者さんで、ご希望があった方についても緩和ケア外来で介入を継続してきました。
緩和ケア内科では、身体症状担当医師が緩和ケア専従となり引き続き入院患者さんの緩和ケアチーム介入、外来介入を行います。

また新たに院外からの外来紹介枠を設け、地域から緩和ケアが必要な患者さんの受け入れも行っていきます。

緩和ケアとは

・緩和ケアは「病気の時期」や「治療の場所」を問わず提供され、「苦痛(つらさ)」に焦点があてられる。
・「つらさ」とともに、病気に伴う患者さんの生活の変化や気がかりに対応する。
・さまざまな場面で、切れ目なく、緩和ケアを受けられることが大切である。

緩和ケアの定義(2002年 WHO)

「緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者と家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し適切に評価し対応することを通して、苦痛を予防し緩和することにより、患者と家族のQuality of Lifeを改善する取り組みである」

対象疾患

緩和ケアを必要とするすべてのがん患者さん

※非がん患者さんにつきましては、お問い合わせください

診療実績

2018年

緩和ケアチーム介入実績:252件
緩和ケア外来実績:初診6件、再診42件(のべ)
がん看護外来実績:60件
がん患者指導管理料1:186件
がん患者指導管理料2:6件

紹介時のお願い

緩和ケア内科外来を次の曜日に行います

毎週火曜日午前:再診
毎週金曜日午後:再診
毎週水曜日午後:新患(紹介)

※新患患者さんのご紹介枠は水曜日の午後となります。

地域連携への取り組み

①年に3回、岡谷市民病院、諏訪中央病院、富士見高原病院と協力して「諏訪地域緩和ケア研究会」を開催し、事例検討やミニレクチャーを行います。

②緩和ケアセンターの活動として、連携協力している医療機関等を対象にした患者さんの診療情報に係る相談や、いつでも連絡を取れる体制の整備を行います。

③がん相談支援センターと協力して、患者さんやそのご家族に対する緩和ケアに関する相談支援を行います。

専門外来

がん看護外来

毎週火曜日、水曜日、木曜日、金曜日

リンパ浮腫外来

毎週木曜日午後、毎週金曜日

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
くりざき よしき
栗崎 功己
部長
平成3年卒
市立甲府病院
国立松本病院
諏訪赤十字病院
信州大学泌尿器科講師
などを経て
平成26年3月より
諏訪赤十字病院 泌尿器科
平成31年4月より
諏訪赤十字病院 緩和ケア内科
・【日本泌尿器科学会】泌尿器科指導医/専門医
・【日本がん治療認定医機構】がん治療認定医
・【日本排尿機能学会】認定医
・ロボット(da Vinci Xi)手術認定医
・【日本ロボット外科学会】専門医(泌尿器/国内B)
・緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了
・地域緩和ケア連携調整員研修アドバンスコース修了
・がんのリハビリテーション研修会修了
・【日本障がい者スポーツ協会】公認障がい者スポーツ医
・日本癌治療学会認定がん医療ネットワークナビゲーター・シニアナビゲーター指導責任者

・緩和ケア
・前立腺がんに対するロボット手術
腹圧性尿失禁に対するTOT手術
・間質性膀胱炎に対する水圧拡張術
 

サイトマップ
ページの先頭へ