• PET-CT検査

最高峰で最新鋭のPET-CT装置で検査を実施します

地域がん診療連携拠点病院である諏訪赤十字病院では、臨床PET-CT検査・地域の医療機関から紹介によるPET-CT検査・健診PET-CT検査をおこなっています。

当院のPET-CT装置は高画質で様々なシステムが備わっており、日本核医学学会PET核医学認定医による画像診断と日本核医学技術学会核医学専門技師による検査で正確で安心な検査を実施しています。

 

    健診PET-CTページへ
 

            医療機関からのPET-CT検査紹介ページへ 

PET検査の原理


 

脳や心臓は、ブドウ糖が栄養源のため、大量のブドウ糖を取り込みます。また、がん細胞は正常な細胞より糖代謝が活発なため、正常な細胞の3~8倍のブドウ糖を取り込みます。


この検査で使用される薬はブドウ糖によく似た成分のFDGという薬に18F (フッ素)といわれる放射線を出す物質を加えた18F-FDGという放射性医薬品で、ブドウ糖と同じように身体の細胞に取り込まれます。

この薬を注射して放出される放射線をPET装置で検出することで、全身のブドウ糖が取り込まれる様子を観察できることから、脳や心臓、特にがんの病気の診断に有用な検査法です。

PET-CT検査

PET-CTとは、PET(Positron Emission Tomography:陽電子断層撮影法)とCT(Computed Tomography:コンピュータ断層撮影法)を融合させて、画像を同時に得る最先端の検査法です。


 

 

PET-CT装置とは、PETとCTが一体型となった装置で、一度の撮影で全身のPET検査とCT検査ができます。PET検査は組織やがんなどの活動状態が評価でき、CT検査は組織やがんなどの細かな形や大きさ、正確な場所などの情報を得られます。
このPET検査とCT検査を組み合わせることで、診断能力が向上します。

 

 

 

PETーCT検査の優れているところ

一度の検査で全身撮影

病期診断

PET-CT検査は一度で全身を撮影するので予想外の発見や転移を調べることができます

広がりの程度(病期)の診断ができます。それによって治療の方針が決まります

再発・転移診断

病理診断

再発や離れた場所への転移が判定できます

抗がん剤や放射線治療後の治療効果が判定できます

PET-CT検査はこのように見えます

 

 

保険適用について

病  名

要  件

悪性腫瘍
(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む)

他の検査、画像診断により病期診断、転移・再発の診断が確定できない患者に使用する

保険診療としてPET-CT検査を受けていただくことができるのは、上表のとおり、悪性腫瘍(早期胃癌を除き、悪性リンパ腫を含む。)に限られ、更にPET-CT検査予約時に他の検査、画像診断、病理診断等による精査が既に行われていることが必要です。また、同一月内に悪性腫瘍の診断目的でガリウムシンチグラフィーが行われている場合も保険適用となりませんのでご注意下さい。

検査の流れ

検査室の入室から退出まで約3時間かかります。

 

                                                 

PET-CT検査についてのQ&A

Q 検査前日から検査終了までの間、守らなければいけないことはありますか?

A 運動は控えてください(草むしり・雪かき、農作業など筋肉を使う作業も控えてください)。
  飲酒は控えてください。
  検査6時間前から絶食です。糖分の入っていない水は飲んでも良いです。
  ※検査前に運動や食事などすると検査薬が、がんへの集まりが悪くなり正確な診断ができません。
  注射後は待機室で安静にしてください。筋肉を使うと筋肉へ検査薬が多く集まり正確な診断ができません。

Q   検査後の注意事項はありますか?

A    日常通りで結構ですが、12時間は乳幼児・妊婦との接触はできるだけ控えてください。
      授乳は24時間、控えてください。

Q   PET-CT検査ですべてのがんを見つけられるのですか?

A    PET-CT検査は多くのがんを発見するのに有用で早期発見に優れていますが、臓器や種類によっては、
      発見しにくいがんがあります。
      これは検査薬が尿として排泄されるため、腎臓や膀胱などのがんは発見しにくいです。
      また、ミリ単位の小さながんは発見できない場合があります。
    検査薬は炎症にも集まる性質があるためPET-CT検査だけで確定診断するものではありません。

発見しにくいがん

・脳腫瘍 ・早期胃がん ・肝細胞がん  ・腎臓がん ・尿管がん・膀胱がん  ・前立腺がん

・検査薬を取り込まないがん細胞など

 

発見しやすいがん

・頭頚部がん(咽頭、喉頭、甲状腺、舌) ・肺がん ・食道がん ・乳がん ・すい臓がん

・大腸がん ・子宮がん ・リンパがん ・黒色腫など  (転移・再発のがんには有用です)

Q   放射線の被ばくが心配です

A    諏訪赤十字病院のPET-CT装置は少ない放射線の量で鮮明な画像が得られます。
      PETで使用する検査薬(放射性医薬品)からの被ばく量は3.5mSv(ミリシーベルト)です。
      この検査薬(放射性医薬品)は半減期が110分です。つまり注射をして110分後には放射線の量が
      半分に減少し、さらに110分後には放射線の量が半分(最初から1/4)になります。
      また、尿からの排泄もあり翌日には放射性医薬品はほとんど体内に残りません。 
      CTの被ばく量は4~5mSvで合計8mSv位です。胃のバリウム検査を2回行うのと同等です。
      この線量で放射線障害が起こることはありませんのでご安心ください。

 

サイトマップ
ページの先頭へ