• ないちんがえる

2018.2.6 大切な人を救うためにできること

こんにちわ

と~っても寒いlaugh日が続いていますが、みなさんの体調はいかがでしょうか

諏訪は雪が少なくて助かっていますが、福井県では1Mも積もったと・・・

laugh大雪laughとなり大変な地域もあり心配なことばかりです

通勤時も気をつけていつもより少し時間に余裕を持った行動をとりましょう

さて、今日は、先週末に行われた、「院内ICLSコース」の紹介です

以前にもこのブログでお話ししたことがあると思いますが、ICLSコースの目標は、「突然の急変患者、心停止に対して、系統的なBLS/ALSアプローチに基づいた最初の10分間の適切な対処やチーム蘇生の方法を習得する。」ことです

そんな目標に向かって、みんなで1日かけて知識や技術を習得しましたよ

コースコーディネーターと言われる医師のちょっとした講義があって・・・

真ん中は一次救命処置(BLS)の実技練習

ほぼ、身体を動かして覚えるコースなんです

 口から気管へ管を入れて(挿管)呼吸ができるようにしますそしてその後、ちゃんと入っているか確認確認

チームのみんなで知恵を出し合い、協力して具合の悪くなった方を救命しますそのためには、知識も技術も大切なんです。そして・・・あたたかいこころが必要です

最後は、一日学んだ事をフル活用、頭をフル回転させて知識や技術を現場で活かせるようにしています

今回は、県外からの参加者もあり、看護師だけではなく、病院で働く色々な職種の方々と学びました

これからも、大切な人を救うために出来ることを考えていきたいと思っています

本日はこの辺で

 

 

サイトマップ
ページの先頭へ