• はばたけ!!すわっこ研修医

もう直ぐ  ” 病院祭 ”   2015.5

こんにちは、研修医1年目の近藤です。

4月から働き始めて、もうすぐで2か月です。少しずつ仕事に慣れてきましたが、まだまだ毎日が修業です

 

ところで、5/30に諏訪赤十字病院の病院祭があります。そこで、研修医1年目と2年目で劇をします。しかも、1時間‼‼ なので、今は仕事が終わった後に皆で集まって劇の練習をしています。正直ツラい時もありますが、同期達と協力して楽しくやっています(^^♪ もはや劇の練習が1番大事な仕事に思えてきました。笑

 

劇のテーマは「ドラえもん」ならぬ「すわえもん」です。愛と感動(?)の超大作になっているので、皆さんぜひ見に来てください‼

 

さっ、今から劇の練習をしよ~

 

朝勉強会  2015.4

4月担当のサムです。

1年間の研修が終わり、2年目の研修が始まりました!

新しく1年目の研修医の先生方が入ってきて教わるだけから教える側になり、四苦八苦している毎日です!教えるって難しい!

 

今日は研修医主体でおこなっている朝の勉強会について紹介したいと思います!

諏訪赤十字病院では火曜日から金曜日の朝7:15-8:00まで勉強会を行っています。それぞれの日でやることが異なるので簡単に説明します。

 

火曜日は研修医が経験した珍しい疾患や非典型的な経過をたどった症例を発表するMornig reportです。前回は両下肢の浮腫を主訴にした悪性リンパ腫の1例が発表されました。

 

水曜日は救急科をローテーションしている研修医による救急カンファです。救急外来で経験した症例や救急外来で必要な手技、知識を発表・経験します。前回は急性腹症をテーマに様々な画像を供覧しました。

 

木曜日はNew England Journal of Medicineに掲載されているCase reportの抄読会です。英語の症例を訳して発表します。発表者以外の研修医には全文が渡されないため、鑑別疾患を考えながら推論していきます。

 

金曜日はEBMで、2週間前にMorning reportで発表された症例に関しての論文を検索、Evidenceを自分で検索し発表します。ここでは論文の内容や質に関して議論していき、症例がどうであったかと議論します。

 

と、朝から精力的に勉強しています!研修医が経験した症例をお互いに共有できますし、英語の勉強や論文の読み方も勉強できます。いずれも自主的ですが上級医の先生方にも参加していただき有意義なものです!

修了式                                             2015.03.20

こんにちは。

研修医1年目の西脇です。

先日、2年次の先生の研修修了式が行われましたので、

その様子をアップいたします~

この日はイベントが盛りだくさんで15:00から植樹祭が行われました。

植樹祭はH20年から続いていて、今年はムクゲという樹を植樹しました

花言葉は『信念』ということです。

僕も信念を持った医師として成長していきたいと改めて思いました。

 

この日の夜は祝賀会もあり2年次の先生方を送り出しました

医師会の先生や地域でお世話になった先生、また指導医の先生方や当院の初期研修を修了した先生方も遠方から駆けつけてくださいました。

研修医が一同にこれだけ集まれる時間はなかなかないので、とても楽しかったです。

 

今年1年はほんとうにあっという間に過ぎました。

2年の先生はいなくなってしまい寂しく不安に思いますが、これからは僕らが先生方に教えていただいたように、新しく入る先生に教えていきたいと思います。

2年次の先生方、本当にお疲れさまでした

そしてありがとうございました

 

 

12年ぶりの再会

みなさん、こんにちは! 研修医のうっちーといけです。

諏訪ではまだ10月にして、本格的な寒さを迎えてきました。これからは非常に美しい銀世界が待っている!・・・ということにしておきましょう。。。

医師になってもう半年が過ぎ、大事な1年目も折り返しを迎えました。半年経って果たして自分がちゃんと成長できているのか、と不安も募るところですが、新しいことを吸収したり経験したりする楽しさを実感しているのも事実です!

そんな1年目後半戦の10月には、全国赤十字スポーツ大会や諏訪マラソンなど、寒さも吹き飛ばす熱いイベントがありましたので、報告します。

全国赤十字スポーツ大会とは、フットサルや野球やバスケ、テニスなどさまざまな種目において各地方のブロックで勝ち上がった強者たちが一同に集まる、赤十字職員による全国大会です!!

今年は開催地は・・・なんと・・・東北地方最大の都市、仙台でした。仙台と聞くと、牛タンやずんだ餅など、魅惑するものがたくさんありそうで、わくわくしてきますね。

ボクはバスケの方で参加させていただき、1勝1敗と喜びと悔しさの両方を味わい貴重な経験をすることができました。学生時代と比べ、めっきり運動量が落ち、メタボ予備軍への仲間入りを恐れなくてはならない状況へと陥りそうですが、やっぱり体を動かすっていいですね^^

夜はレセプションがあり、個人的な話ですが、小学校の同級生で研修医になった人に12年ぶりに再開し、いろんな場所で古き友人もがんばっているんだな、と励まされました。

各地にいる様々な仲間、ライバルと切磋琢磨し、今後もがんばっていこう、とリフレッシュできた旅でした。

研修の出来事

みなさんこんにちは!研修医のなかちゃんとたいしょうです。

諏訪の涼しい夏もあっという間に終わり、気づけばちらほら紅葉が目につきますね。。。

研修1年目も折り返し地点です。

9月のイベントは新作花火大会がありました。いつも遊びのイベントばかり載せていると勘違いされてしまうので、私事ではありますが、私たち2人の出来事を報告します。

 

なかちゃんは9月の土日を使い呼吸器外科の勉強会に一泊二日で参加してきました!

内容としては豚の肺を使わせていただき、肺葉切除を体験させて頂きました。実際の手術で使う器具を執刀者として使用できたり、合併症などを勉強することが出来ました。

他にはブランチ先生を招き、英語での症例検討会を行いました。ブランチ先生の国際的な視点の下みんなで英語に苦慮しつつも頑張っています。実際の患者さんのところにも了承を得て回診させてもらい、診察方法などを学びました。

 

たいしょうは9月のローテーションで外科を回りました!

当院の外科は1年生必須で1か月半回ることになります。消化器外科の手術を始め、乳腺、甲状腺の手術などいろいろな手術に入らせていただきました。回る前は外科に特別興味がなかった僕ですが、先生方の厳しく手厚いご指導、優しいオペ室のスタッフさん、そして何より外科の先生の面白トークのおかげで楽しく回ることが出来ました。

またCVカテーテル、胸腔ドレナージなど様々な手技を体験させていただきました。中でも印象的だったのは女性の乳房の縫合をやらせて頂いたことです。これだけ聞くと変な意味に聞こえるかもしれませんが、真面目な話、乳腺の手術で乳房の見た目は非常に大事なことで、それを1針1針丁寧に縫わせて頂けたのはとても貴重な体験でした。外科を好きになれたのはこの病院の外科の先生、スタッフさんのおかげです!

 

最後に美しい9月の諏訪湖を見ながらお別れです。

お付き合いいただきありがとうございました。

 

僕たちの夏の1日

 8月の担当はうっちーとさむです。

肌寒く感じる今日この頃、僕たちも夏の花火大会で頑張っています!!笑

 

 

 

 

諏訪の夏と言えば諏訪湖上花火大会です!毎年全国から50万人を超える来場者が集まります。花火の打ち上げ数も4万発と日本の花火大会で最大規模の花火大会です!露店数も600店と大変なにぎわいを見せました。

 

ただ、人が集まればけがなどの外傷や天候悪化による低体温になる方もおられます。そこで要になるのが救護所です。諏訪市の人口の数倍という人数を相手にするために、諏訪赤十字病院・諏訪消防署・諏訪警察・消防団が一つになって対応していました。ぼくらも救護所で精一杯対応しました。今年は去年と違い天候が大荒れになることもなく傷病者も比較的少なく終了しました。

 

来年も来場者が幸せなひと時を過ごして、無事に帰れるといいなと祈ってます。

 

 

※途中、救護所の隙間から花火を観覧できました。

 

10月1日に3回目の臨床研修機能評価を受審しました。

こんにちは、臨床研修事務局の両角(もろずみ)です。

 

今回は10月1日に当院が受審した、臨床研修機能評価について紹介します。

 

臨床研修機能評価は、

 第三者機関である「NPO法人卒後臨床研修評価機構」が、臨床研臨床評価を行います。

 

 

機能評価を行う目的は、

  わが国の医療の発展に寄与するとともに、臨床研修病院(群)の質の向上を図ることです。

 

検証内容は研修医に

 ・プライマリ・ケアの基本的診察能力が身につけられるプログラムであるかどうか。

 ・医療人としての必要な基本姿勢、態度が身につけられるプログラムであるかどうか。

                                  

 

今後、医学生が臨床研修病院の選ぶポイントの1つになる事と思います。

 

  平成26年10月1日現在

      認定病院:158病院 / 1,014病院 認定病院率 15.58%

 

                                   

 

よいてこ&スポーツ大会

こんにちは!なかちゃんとまいまいです!

夏といえば暑いイメージがありますが、諏訪の夏は涼しくて快適ですよ!

 

7月といえば夏祭り→盆踊り→よいてこですね!

よいてことは、諏訪地域周辺の様々な団体(職種、年齢問わず)が踊り歩く、毎年開かれているお祭りです。

 

当日は午前中から大雨でしたが、夕方から雨が上がり、よいてこは無事開催されました。諏訪赤十字病院では、出発前に最後の練習をしてから皆さんで移動し、踊りに参加してきました。おそろいのはっぴを着て、会場へ!

素敵な衣装を着たたくさんの団体と一緒に夜まで踊りました!諏訪地域の皆さんの熱気はすごかったです!さすがです!たくさんの諏訪の皆さんと夏を満喫してきました!

 

諏訪赤十字病院は、『サマー祭りだ!わっしょい賞』という賞をいただきました。

惜しくも逃してしまった最優秀賞を、来年こそは獲りたいと思います!

 

もう1つ7月は日本赤十字スポーツ大会がありました。

中部地方の日赤職員が一堂に名古屋に集まり、野球、フットサル、バスケ、バレー、テニス駅伝など数種類のスポーツに分かれてトーナメント方式で競います!全体では1000人弱の規模です!

日頃患者さんのためには力を合わせて医療に取り組んでいる日本赤十字職員ですが、やはり病院対抗となると燃えますねー!

2日間に渡って熱い戦いが繰り広げられて、当院は野球の部門で準優勝しました。研修医2年目の先生が参加されていました!

研修もみんなそれぞれの科で苦労しつつ充実した日々を行っております!

学びだけではなく、私生活もみんながんばっているなーと感じた7月でした!

 

 

 

 

 

BBQ

はじめまして!研修医1年目のさっちんです。

ちょっと前のことではありますが、今日は6月の出来事をご紹介させていただこうと思います。

 

今年4月から新社会人として働き始めた私。5月の病院際も終わり、6月頃から徐々に仕事にも慣れ余裕も出てきて、日々成長を実感して……と言いたいところでしたが、そんな兆しはこれっぽっちもないまま日々をただ必死に過ごしていました。そんな中…

6月14日、院長の大和先生が研修医をご自宅でのバーベキューに招待してくださいました!(*´▽`*)

研修医は朝早々にそれぞれの業務を終え、お昼前頃に病院からみんなで車に乗り合わせ、気持ちの良い高原ドライブを楽しみつつ先生のお宅に向かいました(一人は信じられない距離を自転車でやってきましたΣ(゚Д゚))。

先生のお宅は、高原の上の豊かな自然の中にある、おとぎ話に出てくるような、とってもかわいらしいお家です。

先生のお家に到着すると、先生だけでなく奥様やペットのミルキーとシャウシャウも温かく出迎えてくれました。

ミルキーは立ち上がると私たちの膝上くらいの身長がありますが、まだ生後1歳にも満たない赤ちゃん犬です。とっても人懐っこくて、動物に慣れていない私でもすぐに仲良くなれました。シャウシャウは逆に恥ずかしがり屋さんで、少し離れたところから穏やかに優しく見守ってくれました。

先生のお家とご家族のステキさに心を弾ませながら、みんなで椅子やテーブルを並べ、火をおこしました。先生と奥様が用意してくださったお肉や野菜たちを焼き始め、いよいよバーベキューの始まりです!…と思ったら、自転車で向かっている一人がまだ到着しないようです。少し待ってはみましたが、なかなか現れません。そうこうしているうちに、おいしそうなお酒と、先生の奥様が作ってくださった、たくさんのおいしそうなお料理の誘惑に勝てず、先に始めながら待つことにしました(;^ω^)

バーベキュー用のお肉や魚介類、野菜だけでなく、煮物や冷奴、サラダや温野菜など、普段の一人暮らしの食生活ではなかなか食べられないおいしいごちそうをたくさんいただきました。そのうちに最後の一人も到着、改めて全員でおいしいお酒とごちそうに舌鼓をうちました。すてきな雰囲気とおいしいごはんで話もはずみ、とっても楽しい時間を過ごせました。

そして、もうそろそろお肉も終わり!という頃になんとなんと、鮭の燻製を用意してくださっているとのことで…

ドーン↓

それはそれは、今までに食べたことのないくらい美味しい燻製で、この鮭を毎日枕にして寝たいくらいの美味しさでした(笑)。それをおかずにご飯とお新香もいただき、参加者全員大大大満足でした。

おなかも満たされた後は、各々日向ぼっこをしたりミルキーと遊んだりして過ごしました。

しばらくすると、お茶もいただけるということで、お家の中にお邪魔させていただきました。奥様がお茶をいれてくださり、グランドピアノのあるおしゃれなお部屋で、同期の(男)2人が演奏する連弾をBGMに、休日の午後をみんなでゆったり過ごしました。

4月から、慣れない環境で毎日新しいことに囲まれてめまぐるしく過ごし、5月の病院際に向けて必死に準備してきた私たちにとっては、久しぶりにのんびりできた日となりました。

 

さて、楽しかった時間はすぐ終わってしまうもので、もうそろそろ帰る時間となりました。

奥様が最後に記念写真を撮ってくださり、みんなでお礼のあいさつをして先生のお家を後にしました。

大和先生のお家で活力を補った私たちは、この日のことをずっと心に残る思い出として大切にしつつ、地域の皆様に密着した医療を目指し、次の日からの研修生活へと戻っていくのでした。

 

病院祭

こんにちは~

研修医の池ちゃんとりょーちんです!!

 

突然ですが、諏訪赤十字病院の病院祭がありました!

この病院祭は様々なイベントを通じて患者さんや地域の皆さんに諏訪赤十字病院をより身近なものに感じていただこうと毎年5月末に行われています。

数々あるイベントの中でも、僕たち研修医と救急救命士1年目による’笑’劇場というオリジナル劇は毎年とても人気があり、開場には入場制限がかかってしまうほどです!!(嘘です)

 

劇をやっているのは本当です!

毎日の忙しい研修の合間を縫って、毎晩遅くまで病院に残って練習してきました!

睡眠時間も日に日に削られてゆき、大変な日々を過ごしてました…

当日はたくさんのお客さんの前で緊張の連続でしたが、無事に劇を終えることができました!!

練習ではみんなで意見を言い合ったり、時には衝突することもありましたが、今回の劇を通して研修医と救急救命士の団結力がより強固なものになった気がします!

 

見に来てくださった皆さん、ありがとうございました!!

 

 

 

 

サイトマップ
ページの先頭へ