• はばたけ!!すわっこ研修医

はじめまして、研修医1年目の上野です。    2020.07.09

 諏訪に来て早3か月が経過しました。研修生活も多忙ではあるものの充実した日々が送れています。はじめまして研修医1年目の上野です。

 

 6月に入りいよいよ当直業務に入ることになりました。当直では救急車対応に限らず、夜間ではwalk inで来院される患者さんも結構おられます。初日こそ緊張して慌てふためきましたが、私は6月に救急科をローテートしたおかげかとりあえず度胸だけはつきました。(救急対応が完璧とは言ってません。)

 当直業務では緊急性/重症度が高い患者さんから低い患者さんまで様々な症例と出会います。研修をする上で経験値を積んでいくにはひたすら数をこなすしかないと私は思いますし、また実際に経験してもその考えは変わりません。今の時期は皆さんが研修先を探している頃だと思うので、是非当直体制が整っている病院を選択肢に入れると良いのかなと思います。諏訪日赤は指導医の先生方も優しく丁寧に教えて下さり充実した研修生活を送るためにも是非!(笑)。

 

 なんか勧誘主体になってしまいましたが、、、ローテートしていて思ったことも書いておきましょう。諏訪日赤は自分が主体的になればいろいろなことを経験させていただけます。患者さんfirstであることは当然ですが、患者さんから学ばなければいつまで経っても成長できないです。そのために指導医の先生方がしっかりとサポートして下さって手技や診察、緊急時の対応など経験を積んで自身に刻んでいくことができます。私は結構引っ込み思案でやや引き気味の姿勢を取ることが多かったのですが、先生方が背中を押してくださり、看護師さんがサポートして下さり、自分の能力を向上させることができた、また今後ももっと伸びていくことができると思っています。

 また、シミュレーション室や手技を練習するための機材もそろってきており、2年次の先生方に教えていただいたり、一年次のみんなで時間がある時には超音波を当て合いっこしながら楽しくスキルを高めあっています。

 

 

 堅苦しい話ばっかりになってしまってすいません(笑)。諏訪の楽しい話もしたいのですが、このご時世で外出もままならなくて諏訪の魅力をお伝えできないのが悔やまれます、、、。来年には治まっていることを願って次年度の研修医の皆さんと楽しみ合いたいものです。長くなってしまいましたが、このあたりで失礼します。

 (多分次かその次あたりのブログは面白いこと書いてくれるんだろうなあ、、、と勝手にハードルを上げておきます(笑)。次回もお楽しみに!)

サイトマップ
ページの先頭へ