逆紹介を推進いたします

大病院志向が強まって、当病院は受け入れに適当な人数を超えております。そのために診療予約時間が守れない状況となり患者さんには大変ご迷惑をおかけしております。厚生労働省は、病院外来診療の役割は急性期の患者さんを診察することであるとしており、症状が落ち着いたら診療所での継続治療をしていただくのが望ましいと指針を出しております。慢性期の患者さんについて、いつまでも病院に通院していると、どうしても患者さんの数が増えることとなります。そこで、病院と診療所は医師会の指導のもと、お互いに連絡を取り合って慢性期の患者さんが安心して診療所で診ていただけるように連携を強化しております。
病院での治療が落ち着いた方は
・当院へ紹介状を持参された患者さんは、紹介元の診療所へ日赤から逆紹介いたします。
・当院へ紹介状なしで来られた患者さんは、最適な診療所の先生に紹介いたします。
以上のことにご理解いただきご協力をお願いいたします。
なお、逆紹介にあたっては当院医師が説明し、看護師等がご相談に応じますので、よろしくお願いいたします。

サイトマップ
ページの先頭へ