健診センターの紹介

 昭和61年11月1日に開設し、平成24年1月には新棟でのグランドオープンにより現在は年間約13,600名の人間ドックや各種健康診断を行っています。

 定期的な健康診断は病気の早期発見・早期診断そして早期治療を行う事により、身体的・経済的な負担が大きく軽減されます。

 地域の方々の生涯を通じた健康支援を基本理念として、人間ドック学会専門医・人間ドックアドバイザー・人間ドック食生活アドバイザー・健康運動指導士・第一種衛生管理者の有資格者等により組織され、また健診に関係する各診療科の医師も学会認定医・専門医が携わっており、人間ドック施設機能評価認定施設として安心して健診を受けられるように、質の向上と環境整備の提供に努めています。 

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
わたなべひでひこ
渡辺 秀彦
医師
昭和51年卒
信州大学第2内科
昭和57年 カナダ留学
県立木曽病院
等を経て
平成5年 諏訪赤十字病院
・【日本人間ドック学会】人間ドック専門医
・国土交通省指定航空身体検査医
・【日本人間ドック学会】人間ドック専門医制度過渡的措置に基づく研修施設指導医
・【日本人間ドック学会】人間ドック健診情報管理指導士(人間ドックアドバイザー)
予防医学
おぐち ひさお
小口 壽夫
名誉院長
昭和43年卒
昭和62年~63年文部省在外研究員として米国ワシントン大学
信州大学医学部 助教授
県立木曽病院 院長
県立須坂病院 院長
等を経て
諏訪赤十字病院 院長
平成25年 諏訪赤十字病院 
名誉院長
・【日本内科学会】認定内科医
・【日本人間ドック学会】人間ドック指定医
・【日本腎臓学会】功労会員(平成20年~)
 
サイトマップ
ページの先頭へ