科の紹介

【科の特色】

 常勤医師2名・視能訓練士2名・看護師1名のスタッフ構成で、諏訪地域の中核病院として様々な眼科疾患に取り組んでいます。外来診療は午前中毎日行っております。午後は基本的に予約検査です。手術は月・水・金曜の午後に行っております。

 白内障、網膜硝子体疾患、緑内障、斜視、翼状片をはじめとする外眼部疾患など様々な眼科疾患に対する手術治療を診療の柱とし、眼外傷や網膜剥離などの緊急手術にも対応しています。特に硝子体手術は黄斑上膜・黄斑円孔などの黄斑疾患から重症の増殖糖尿病網膜症・増殖性硝子体網膜症など難症例の手術治療まで積極的に取り組んでいます。当科では23ゲージシステムとワイドビューイングシステム(Zeiss社 Resight)を使用した小切開硝子体手術を導入して低侵襲な手術を行ない、術後炎症の軽減や手術時間の短縮を図っています。また緑内障に対しては点眼加療を基本に、必要に応じて線維柱帯切開術・線維柱帯切除術などの手術治療を行っています。

 外来では最先端のスペクトラルドメインOCT(Zeiss社Cirrus -OCT)を導入して網膜硝子体疾患の診断能力が大きく向上しました。近年増加している加齢黄斑変性症に対しては積極的に抗VEGF薬の硝子体内投与を行い、スペクトラルドメインOCTを用いて精度の高い診療を行っています。平成23年5月からは倫理委員会の承認を得てアバスチン硝子体注射を導入し、主に網膜静脈閉塞症・増殖糖尿病網膜症・血管新生緑内障の治療に効果を上げています。

 一部の難症例につきましては、山梨大学と連携し更に特殊な検査・治療にも対応しております。今後も最先端の治療法・治療機器を導入し、診療の質の向上に努めて参ります。

【2017年度主な手術実績】

白内障手術 426件
網膜硝子体手術

67件(バックリング手術含む)

緑内障手術 15件
斜視手術 1件
硝子体注射 200件(アバスチン、ルセンティス、アイリーア)

 

視能訓練士の紹介

視能訓練士は眼科の検査をする国家資格で長野県内では110名ほどの(内、認定視能訓練士は7名)有資格者が病院・眼科医院で仕事をしています。現在当院では、認定視能訓練士1名と視能訓練士1名で医師の診療の補助をしています。医師が診療を行う際に必要な検査全般を行うのが主な仕事になります。視力測定・視野測定・OCT撮影・メガネ合わせ・コンタクトレンズ合わせなどが午前中の外来のおもな仕事内容で、午後はそれらの検査に加え斜視・弱視の検査・訓練、時間の取れるときは視覚障害者に対して拡大読書器やルーペなどのロービジョンエイドの処方などをしています。特に加齢黄斑変性や緑内障での視覚障害のある方が増えている近年、ロービジョンエイドを必要とする方が増えているので、医師の治療が一段落しても視力の回復が難しい方々に何かお役に立てる提案ができたり相談に乗れるようにと心がけています。
 


視力検査

屈折検査

   

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
おぐら たく
小倉 拓 
部長
平成17年卒
山梨大学医学部附属病院
栗山会飯田病院
などを経て
平成26年7月より
諏訪赤十字病院
・【日本眼科学会】眼科専門医
 
・緑内障
あかはね けいた
赤羽 圭太 
副部長
平成21年卒
相澤病院
信州大学医学部附属病院
長野赤十字病院
などを経て
平成31年4月より
諏訪赤十字病院
・【日本眼科学会】眼科専門医 ・網膜硝子体
・緑内障
あかはね さとこ
赤羽 聡子 
医師
平成23年卒
信州大学医学部附属病院
飯田市立病院
北信総合病院
などを経て
平成31年4月より
諏訪赤十字病院
・【日本眼科学会】眼科専門医 ・眼科一般
サイトマップ
ページの先頭へ