科の紹介

当科は、虚血性心疾患、弁膜疾患、成人先天性心疾患などの心臓疾患、大動脈瘤、急性大動脈解離などの大血管の疾患、また閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患など循環器領域全般に対する外科治療を行っています。平成20年7月には心臓血管センターを開設し、今まで以上に、循環器内科との連携を密に診療にあたっています。
 
我々はこれまでの経験をもとに、循環器科、麻酔科、看護部、臨床工学部などと綿密に連携し、更に質の高い安全な医療の提供を目指しております。また、治療にあたっては、患者様やご家族に十分な説明を行い、患者様による選択を重視した治療を行っていくことを基本方針とすると同時に、患者様ご家族の心情や不安を理解した上で心のこもった診療を行っていく所存です。

                 心臓血管センターの紹介はこちらから

各疾患に対する当科の治療方針と特徴

 1) 狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患

虚血性心疾患に対する冠動脈バイパス術では、人工心臓を使用し、心肺止下に手術を行う冠動脈バイパス術を基本的な方法として行ないます。心筋梗塞にて心臓が拡大し、心臓の収縮が低下している患者様に対しては十分な検討のもとに左心室を切開してリフォームを行う左室形成術を施行致します。心筋梗塞が原因で僧帽弁閉鎖不全を生じている患者様に対しては弁輪形成術等、極力患者様の弁を修復する手術を施行しています。

2) 弁膜症

僧帽弁の弁膜症の患者様には、できるかぎりご自分の弁を修復する弁形成術を施行致します。しかし、リウマチ性弁膜症や弁の破壊が高度な感染性心内膜炎の患者様に対しては人工弁置換術をおすすめしています。

3) 成人の先天性心疾患

心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、動脈管開存症などの疾患の治療を行います。

4) その他の心疾患

収縮性心膜炎に対する手術、心臓腫瘍(粘液腫など)の摘出術、拡張型心筋症に合併した僧帽弁閉鎖不全症に対する弁形成術などを行います。

5) 大血管の疾患

急性大動脈解離や、胸部・腹部大動脈瘤破裂に対する緊急的人工血管置換術、待機的な大動脈瘤(胸部~腹部)に対する人工血管置換術、大動脈狭窄に対するバイパス術などを施行します。

6) 末梢の動脈疾患に対する手術

閉塞性動脈硬化症による下肢の虚血に対して血管内治療(カテーテルを用いた治療)、外科的人工血管バイパス術を施行しています。 
 
下肢静脈瘤は当院外科の大橋部長が治療を行っています。

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
こうの てつや
河野 哲也
部長
平成4年卒
信州大学医学部附属病院
長野赤十字病院
Baylor College of Medicine
を経て
平成21年より諏訪赤十字病院
・【日本外科学会】外科指導医/専門医
・【三学会構成心臓血管外科専門医認定機構】心臓血管外科専門医
・【日本胸部外科学会】認定医
・【日本救急医学会】救急科専門医
・【日本集中治療医学会】集中治療専門医
心臓外科
胸部外科
集中治療
救急医療
 
こまつ かずのり
駒津 和宜
副部長
平成14年卒
信州大学医学部附属病院
市立甲府病院
昭和伊南病院
飯田市立病院
などを経て
平成29年3月21日
より諏訪赤十字病院
・【日本外科学会】外科専門医
・【日本脈管学会】脈管専門医
・【日本胸部外科学会】心臓血管外科専門医
・【ステントグラフト実施基準管理委員会】
腹部ステントグラフト施行医
胸部ステントグラフト施行医
心臓血管外科一般
大動脈瘤治療

けはら ひろむ
毛原 啓
医師
平成20年卒

諏訪中央病院
信州大学医学部附属病院
長野赤十字病院
を経て
平成27年9月より
諏訪赤十字病院
・【日本外科学会】外科専門医 ・心臓血管外科一般

うらした しゅういち
浦下 周一
医師
平成23年卒

松代総合病院
信州大学医学部附属病院
を経て
平成28年4月より
諏訪赤十字病院
  ・心臓血管外科一般
サイトマップ
ページの先頭へ