科の紹介

形成外科が扱う疾患は、外傷・腫瘍・先天異常に分類されます。


(1)外傷では、切り傷・擦り傷・やけどなど全身の怪我を治療する以外に、次のような外傷を治療します。

顔面外傷:顔や顎の骨折、顔の外傷、外傷後の顔面変形、顔面神経麻痺など手足の外傷:四肢や手指の切断に対する再接着・神経損傷・腱損傷・皮膚欠損など


(2)腫瘍では体表面に近い部位の腫瘍や、顔面に生じた腫瘍を切除します。

また、腫瘍切除により生じた組織欠損や変形を修復します。

なかでも、乳がんの治療により生じた変形を修復する「乳房再建」には積極的に取り組んでおり、乳腺外科とのチーム医療を実践しています。

なお、平成25年9月に、エキスパンダー法による乳房再建を保険診療で行えるよう、下記の施設認定を受けました。

エキスパンダー実施施設(一次再建、二次再建)

インプラント実施施設(一次一期再建、一次二期再建、二次再建)


(3)先天異常では、手足の変形(多指症・合指症)、口唇口蓋裂、耳介の変形、漏斗胸などを治療しています。

なお、当科では美容は行っていません。

また、信州大学形成外科の松尾 清教授が開発された、「眼瞼下垂症手術による頭痛や肩こりの治療」も行っております。

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
くしま ひでお
久島 英雄
病院長補佐
平成元年卒
国立長野病院外科
信州大学医学部形成外科
長野赤十字病院形成外科
などを経て
平成17年諏訪赤十字病院形成外科部長
信州大学医学部臨床教授
・【日本形成外科学会】形成外科専門医/皮膚腫瘍外科指導専門医
・【日本創傷外科学会】創傷外科専門医
・再建外科学(乳房再建、頭頚部再建 等)
・マイクロサージャリー(切断四肢・指 再接着)
かわむら たつや
川村 達哉
部長
平成9年卒

信州大学医学部附属病院
長野赤十字病院
県立須坂病院
などを経て
平成26年4月より
諏訪赤十字病院

・【日本形成外科学会】形成外科専門医
・【日本創傷外科学会】創傷外科専門医
・一般形成外科
・外傷
かすが わたる
春日 航
医師
平成24年卒

信州大学医学部附属病院
平成27年4月より
諏訪赤十字病院

 

・一般形成外科疾患全般

サイトマップ
ページの先頭へ