科の紹介

写真:小児科NICU
NICU
諏訪湖が一望できる小児病棟プレイルーム
諏訪湖が一望できる病棟プレイルーム

【基本方針】

  • 諏訪地域の中核病院として、信州大学医学部小児医学講座、長野県立こども病院と連携し、新生児、小児に対し専門的な医療を提供します。
  • 地域の保健医療機関とともに、母子保健医療の向上に取り組みます。 
  • 教育研修病院として、将来の地域医療を支える医療人育成に努めます。

【連携病院・開業医の先生方へ】

当院小児科が諏訪地域の中核病院としての責務を果たし、こども達の健康を守っていくためには、地域の病院・開業医の先生方との連携が不可欠です。是非、ご意見・ご要望などお聞かせ下さい。

【患者さまへ】

私たち諏訪赤十字病院小児科は、新生児から一般小児科まで、幅広い医療を提供できる体制を整えております。

一般小児病棟においては、ホームドクター(かかり付け医)である開業の先生方や、諏訪地区小児夜間急病センターからの入院依頼に、随時応じる体制を整えております。
一方、当院は地域周産期母子医療センターに指定されており、産科の先生方からの御依頼に応じるために、24時間体制でNICU(新生児集中治療室)を運営しております。

外来診療としましては、午前中は感染症などを中心に、急性疾患を主に扱う一般診療を行っております。
午後には慢性疾患を対象とし、循環器(先天性心疾患、不整脈、川崎病など)、神経(けいれん性疾患、発達障害など)、代謝・内分泌(糖尿病、低身長、甲状腺疾患、肥満など)、腎臓(腎炎、ネフローゼ、血尿など)、アレルギー(喘息、アトピーなど)などの専門診療を行っています。

新生児医療、小児医療を夜間休日も24時間体制で継続し、小児の救急搬送にも対応していくために、外来は予約診療を基本としておりますので、御理解下さい。
当院受診時は、ホームドクター(かかり付け医)にまず相談し、紹介いただくことをお勧めいたします。
受診される時には、成育歴や予防接種歴が記載されている母子手帳及び、今までにお飲みになった薬の情報が記載されているお薬手帳をご持参いただければ、大変参考になります。

何卒よろしくお願い申し上げます。

診療実績

  令和元年度 平成30年度 平成29年度 
延べ外来受診者数 8,577 7,944 8,488
延べ入院患者数 6,615 4,423 5,308

医師の紹介

  主な経歴 専門医・認定医等 得意とする分野
まつうら ひろき
松浦 宏樹
部長
平成9年卒
信州大学医学部附属病院
昭和伊南総合病院
帝京大学附属溝口病院
中信松本病院
飯田市立病院
などを経て
令和2年6月より
諏訪赤十字病院
・【日本小児科学会】小児科指導医/専門医
・【日本内分泌学会】(小児科)専門医
・小児内分泌
・小児糖尿病
たけうち ゆうすけ
竹内 勇介
副部長
平成18年卒
信州医療センター
飯田市立病院
木曽病院
大町総合病院
阿南病院
信州大学医学部附属病院
などを経て
平成31年4月より
諏訪赤十字病院
 
・【日本小児科学会】小児科指導医/専門医
・【日本アレルギー学会】専門医
・【日本プライマリ・ケア連合学会】プライマリ・ケア指導医/認定医
・【日本周産期・新生児医学会】新生児蘇生法「専門」コースインストラクター
日本医師会 認定産業医
・免疫・アレルギー
・小児科一般

ささき たく
佐々木 拓
副部長
平成21年卒

信州大学医学部附属病院
市立甲府病院
県立こども病院
県立木曽病院
などを経て
平成29年4月より
諏訪赤十字病院

・【日本小児科学会】小児科専門医

・小児科一般
・小児神経
・発達障害

よしえ はると
吉江 春人
医師
昭和53年卒
飯田市立病院
市立岡谷病院など
などを経て
平成20年より
諏訪赤十字病院

・【日本小児科学会】小児科専門医
・【日本小児科医会】地域総合小児医療認定医/「子どもの心」相談医
・日本静脈経腸栄養学TNTドクター
 

・血液学
・アレルギー学
・神経学
・内分泌学

おがさわら きょう
小笠原 亨
医師
平成24年卒

信州大学医学部附属病院(初期研修)
信州大学医学部附属病院
諏訪赤十字病院
北信総合病院
長野県立こども病院などを経て
令和2年4月より
諏訪赤十字病院
 

・小児科一般

さかい ゆうすけ
酒井 悠佑
医師
平成29年卒

岡山医療センター(初期研修)
諏訪赤十字病院
信州大学医学部附属病院
などを経て
令和2年4月より
諏訪赤十字病院

  ・小児科一般
・小児消化器
サイトマップ
ページの先頭へ