諏訪赤十字病院 Quality Indicator

医療の質向上委員会 副委員長 

丸山 起誉幸

 

 患者、医療提供者の立場を問わず、質の高い医療を望むのは当然であり、全国的に臨床指標(Quality Indicator:QI)に対する医療者の関心が高まっています1。厚生労働省は全国に先駆け、2010年度に医療の質の評価・公表等推進事業を始めました。その事業に参加するかたちで、日本病院会や国立病院機構などの病院団体や機構がQI事業を具体的に開始しました。日本赤十字社においても2013年から本事業に着手し、国立病院機構に準じた指標(15項目)及び赤十字社独自の指標(2項目)について集計を開始しています。当院においては、2013年に「QI委員会」を設置し、日本赤十字社と日本病院会のQIプロジェクトに参加するかたちで、当院における「医療の質の評価」を開始しました。

 医療の質の定義として、「個人や集団を対象に行われる医療が望ましい健康状態をもたらす可能性の高さ、その時々の専門性に合致している度合い」2が世界的に広く受け入れられています。つまり、医療の質の評価とは、「根拠に基づいた医療(Evidence-based Medicine;EBM)」に則った医療をどれくらい行っているかを評価するものといえます。EBMとは、信頼性(エビデンス・レベル)の高い研究成果(論文)を根拠とした医療であり、EBMに則った医療とは、「診療上のテーマごとに、最も高いレベルのエビデンスを知ったうえで医療を行うこと」といえます。

 1990年代以降、EBMの考え方が普及し、さまざまな疾患について診療ガイドラインが作成され、エビデンスに基づいた医療が推奨されるようになりました。しかしながら、地域性や医療現場の状況(医師の経験や医療施設の特性)、患者特有の病状や意向などにより必ずしもガイドラインに沿った治療が行われない場合も存在し、そのGapを評価する意味で「Evidence-practice Gap(Ep Gap)」という考え方が提唱されるようになりました。その施設のEp Gapを知ることで、実際行われている医療のEBMへの準拠の程度が明らかになります。Ep Gapを調べるためには、標準医療が実践されている度合いを数値で表す必要があります。その一つ一つの数値項目を臨床指標(QI)といいます。

 医療者は、「常に最新で根拠のある医療情報を学会や論文などから入手することを怠らず日々の診療にその知識を投入すること」を義務づけられています。医療者が当院の「医療の質」の程度を知り医療の改善に役立てていくことを目的に、QIをもとに当院の「医療の質」を評価しその結果をここに公表します。QIの結果は、経年的な1病院の評価にのみ評価可能です。つまり、各病院のそれぞれの特性や背景、役割が異なるために病院間の評価に用いることには適していません。したがって、公開は当院のみの指標となります。

 本事業により、当院における「医療の質」の程度が具体的に明確化され、それを各人が認識することにより、今後の医療の向上に役立てていただければ幸いです。

 

<参考文献>

1)2009年厚生労働省科学研究費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「医療の質向上に資するアウトカム評価に関する研究」(研究代表者;福井次矢),2010年5月.

2)Lohr KN,Medicine:A strategy for quality assurance Vols I and II,Washington DC:National Academy Press,1990.

3)福井次矢,Quality Indicator 2011 聖路加病院の先端的試み「医療の質」を測り改善する 東京:インターメディカ,2011.

経営管理

医療従事者数

当院の医療従事者の人数を示しています。

算出方法
  • 4月1日時点の医療従事者数
  • 医師、看護職、医療技術職、その他

 

病床稼働率

病床がどの程度利用されているかを示しています。

 

(一般)

(精神)

算出方法
  • 病床稼働率 = 1日平均入院患者数 ÷ 病床数

 

平均在院日数

入院患者が平均して何日在院したかを示しています。

 

(一般)

(精神)

算出方法
  • 平均在院日数 = 在院患者延人数 ÷{(新入院患者数 + 新退院患者数)÷ 2}

 

外来患者数

外来を初診、再診した延べ患者数を示しています。

 

(一般)

(精神)

算出方法
  • 外来受診した患者の延べ数
  • 健診は含まない

 

入院患者数

入院した延べ患者数を示しています。

 

(一般)

(精神)

算出方法
  • 毎日午前0時時点で在院した患者の合計

 

紹介率・逆紹介率

紹介率は、地域の医療機関からの紹介によって受診した患者数の割合を示しています。

逆紹介率は、当院から地域の医療機関に紹介した患者数の割合を示しています。

 

(紹介率)

(逆紹介率)

算出方法
  • 紹介率=(紹介患者の数 ÷ 初診患者の数)×100
  • 逆紹介率=(逆紹介患者の数 ÷ 初診患者の数)×100

 

診療機能

全手術件数

当院で行われた手術の件数を示しています。

算出方法
  • 手術室で行われた手術件数

 

緊急時間外手術件数

当院で行われた緊急手術で、時間外に行われた件数を示しています。

算出方法
  • 手術室で行われた緊急手術で、時間外に行われた手術又は時間外にかかった手術

 

全身麻酔手術件数

当院で実施された手術のうち、全身麻酔で行われた手術の件数を示しています。

算出方法
  • 手術室で行われた全身麻酔下手術件数

 

褥瘡発生率(一般病床)

褥瘡(床ずれ)は患者のQOL(生活の質)の低下をきたすとともに、感染を引き起こすなど治療が長期に及ぶことによって、結果的に入院の長期化につながります。そのため、褥瘡の予防対策は、提供する医療の重要な項目のひとつにとらえられています。

褥瘡発生率(一般病床)

算出方法
  • 一般病床の入院患者
  • 褥瘡発生率 = 分母対象患者のうちd2以上の褥瘡の院内新規発生患者数 ÷ 入院延べ患者数
DepTh(深さ)
  • d0 皮膚損傷・発赤なし
  • d1 持続する発赤
  • d2 真皮までの損傷
  • D3 皮下組織までの損傷
  • D4 皮下組織をこえる損傷
  • D5 関節腔、体腔に至る損傷
  • DU 深さ判定が不能の場合

出典・参考:日本病院会 QIプロジェクト

 

特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率

手術後に、手術部位感染(Surgical Site Infection :SSI)が発生すると、入院期間の延長につながります。SSIを予防する対策として、手術前後の抗菌薬投与があり、手術開始から終了後2~3時間まで、血中および組織中の抗菌薬濃度を適切に保つことで、SSIを予防できる可能性が高くなります。このため手術執刀開始の1時間以内に、適切な抗菌薬を静注することで、SSIを予防し、入院期間の延長を抑えることができると考えられています。

算出方法
  • 特定術式における手術開始前1時間以内の予防的抗菌薬投与率= 手術開始前1時間以内に予防的抗菌薬が投与開始された手術件数 ÷ 特定術式の手術件数

※特定術式とは、冠動脈バイパス手術、その他の心臓手術、股関節人工骨頭置換術、膝関節置換術、血管手術、大腸手術、子宮全摘除術を指します。

出典・参考:日本病院会 QIプロジェクト

 

糖尿病患者の血糖コントロールHbA1c(NGSP)<7.0%

HbA1cは、過去2~3ヶ月間の血糖値のコントロール状態を示す指標です。糖尿病合併症、特に細血管合併症の頻度はHbA1cに比例しており、合併症を予防するためには、HbA1cを7.0%以下に維持することが推奨されています。

糖尿病患者の血糖コントロールHbA1c(NGSP)

算出方法
  • 糖尿病患者の血糖コントロールHbA1c(NGSP)<7.0 = HbA1c(NGSP)の最終値が7.0%未満の外来患者数 ÷ 糖尿病の薬物治療を施行されている外来患者数

出典・参考:日本病院会 QIプロジェクト

 

NST(栄養サポートチーム)介入延べ患者数

入院患者に対して、NST(栄養サポートチーム)が介入した実績を示しています。

算出方法
  • NST介入した延べ患者数

 

緩和ケアチーム新規依頼件数

緩和ケアチームが新規に介入した実績を示しています。

算出方法
  • 緩和ケアチームに新規依頼があった件数

 

外来化学療法室使用延べ患者数

外来化学療法室の利用実績を示しています。

算出方法
  • 外来化学療法室にて、殺細胞薬(分子標的薬を含む)、ホルモン剤、ゾメタ・ランマーク(骨転移抑制剤)を投与した患者数

 

救急・災害

救急患者数

救命救急センターを受診した患者数、および救急車にて受診した患者数を示しています。

 

(救急患者数)

(救急車取扱患者数)

算出方法
  • 救急患者数 = 救命救急センターを受診した患者数
  • 救急車取扱患者数 = 救急車にて救命救急センターを受診した患者数

 

救急車・ホットライン応需率

救急車の受け入れ状況を示す。

救急車・ホットライン応需率

算出方法
  • 救急車・ホットライン応需率 = 救急車で来院した患者数 ÷ 救急車受け入れ要請件数

 

医療安全

 

入院患者の転倒・転落発生率(一般病床)

入院中の患者の転倒やベッドからの転落は少なくありません。原因としては、入院という環境の変化によるものや疾患そのもの、治療・手術などによる身体的なものなどさまざまなものがあります。

転倒・転落の指標としては、転倒・転落によって患者に傷害が発生した損傷発生率と、患者への傷害に至らなかった転倒・転落事例の発生率との両者を指標とすることに意味があります。転倒・転落による傷害発生事例の件数は少なくても、それより多く発生している傷害に至らなかった事例もあわせて報告して発生件数を追跡するとともに、それらの事例を分析することで、より転倒・転落発生要因を特定しやすくなります。こうした事例分析から、導かれた予防策を実施して転倒・転落発生リスクを低減していく取り組みが、転倒による傷害予防につながります。

入院患者の転倒・転落発生率(一般病床)

 

入院患者の転倒・転落による損傷発生率(レベル2以上、レベル4以上)(一般病床)

(レベル2以上)

入院患者の転倒・転落による損傷発生率

 (レベル4以上)

 

算出方法
  • 一般病床の入院患者
  • 単位 ‰(パーミル:1000分の1を1とする単位)
  • 転倒・転落発生率 = 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された入院中の転棟・転落件数 ÷ 入院延べ患者数
  • 入院患者の転倒・転落による損傷発生率(レベル2以上)= 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された転棟・転落件数のうちレベル2以上の
  • 転倒・転落件数 ÷ 入院延べ患者数
  • 入院患者の転倒・転落による損傷発生率(レベル4以上)= 医療安全管理室へインシデント・アクシデントレポートが提出された転棟・転落件数のうちレベル4以上の
  • 転倒・転落件数 ÷ 入院延べ患者数
損傷レベル
  1. なし 患者に損傷はなかった
  2. 軽度 包帯、氷、創傷洗浄、四肢の挙上、局所薬が必要となった、あざ・擦り傷を招いた
  3. 中軽度 縫合、ステリー・皮膚接着剤、副子が必要となった、または筋肉、関節の挫傷を招いた
  4. 重度  手術、ギプス、牽引、骨折を招いた・必要となった、または神経損傷・身体内部の損傷の診察が必要となった
  5. 死亡  転倒による損傷の結果、患者が死亡した
  6. UTD   記録からは判定不可能

 

出典・参考:日本病院会 QIプロジェクト

 

医師教育

初期研修医新規採用人数

臨床研修指定病院の役割である初期研修医育成の実績を示しています。

算出方法
  • 4月1日時点の初期研修医採用人数

 

後期研修医新規採用人数

臨床研修指定病院の役割である後期研修医育成の実績を示しています。

算出方法
  • 4月1日時点の後期研修医採用人数

 

指導医講習会受講医師数

厚生労働省が主導する指導医講習会を受講した医師が数多く存在していることは、研修医指導を重視していることを示しています。

算出方法
  • 4月1日時点の指導医講習会受講医師数

出典・参考:聖路加国際病院Quality Indicator

 

研修医一人あたりの指導医数

厚生労働省が主導する指導医講習会を受講した医師が数多く存在していることは、研修医指導を重視していることを示しています。

算出方法
  • 研修医一人あたりの指導医数 = 指導医講習会受講医師数 ÷ 初期研修医新規採用人数

出典・参考:聖路加国際病院Quality Indicator

 

地域医療

登録医数

当院と医療連携している病院・診療所の状況を示しています。

算出方法
  • 4月1日時点の登録医数

 

訪問看護新規登録件数

当院の訪問看護の実績を示しています。

算出方法
  • 訪問看護を新規契約、または契約を終了したあと改めて再開した件数

 

サイトマップ
ページの先頭へ