病院沿革

明治13年 6月 諏訪郡24村組合管理のもと、公立高嶋病院を開院する
24年 4月 郡制施行により郡立高島病院となる
34年 1月 看護婦の短期養成講習を開始する
大正 8年 4月 諏訪郡立諏訪病院と改称する
12年 1月 日本赤十字社長野県支部病院諏訪分院として創立する
15年 2月 赤十字救護看護婦の養成を開始する
昭和 18年 1月 諏訪赤十字病院と改称する
6月 海軍病院に指定され横須賀海軍病院諏訪赤十字病院と改称する
7月 野比海軍病院諏訪赤十字病院と改称する
19年 4月 本社直轄となり日本赤十字社本部諏訪病院と改称する
25年 3月 諏訪赤十字高等看護学院が甲種看護婦・保健婦養成所に指定される
29年 1月 諏訪赤十字病院と改称する
47年 6月 創立50周年・全館改築竣工記念式典を挙行する
秩父宮妃殿下日本赤十字社名誉副総裁の参列を得る
57年 7月 がん診療中核病院の指定を受ける
61年 11月 健診センターを開設する
平成 9年 1月 地域災害拠点病院の指定を受ける
11年 9月 新病院が完成し諏訪湖畔での診療を開始する
14年 11月 地域医療支援病院の指定を受ける
18年 8月 地域がん診療連携拠点病院の指定を受ける
9月 救命救急センターの指定を受ける
21年 5月 地域周産期母子医療センターの指定を受ける
6月 病院機能評価の更新認定を受ける
22年 10月 卒後臨床研修病院機能評価の更新認定を受ける
23年   2月 健診センター機能評価の更新認定を受ける
24年 4月 DPC病院Ⅱ群の指定を受ける
11月 新棟の建設、救急・手術部門の拡充など一連の整備が完了する
25年 1月 創立90周年記念式典を挙行する
  超音波棟の建設工事に着手する
9月 超音波棟が竣工する
12月 病院機能評価を受審する
26年   2月 DPC病院Ⅱ群に再度分類される
3月 病院機能評価認定
6月 PET-CT室竣工
8月 PET-CT室稼働
27年   4月 時間外選定療養費を導入
7月 鏡視下手術センター開設
28年   3月 DPC病院Ⅱ群に分類される(3回連続)
5月 TAVI(経カテーテル的大動脈弁置換術)の施設認定を受ける
6月 手術支援ロボット ダヴィンチ導入

 

サイトマップ
ページの先頭へ