• お知らせ

エントランスホールの飾り棚の展示が新しくなりました!

今回のテーマは「クリスマス」!

金澤みどりさん(院内ボランティアさん)による素敵な作品展です!
 


 

 

 

 

 

クリスマスの展示は12月25日(月)までとなっておおります。
是非皆さまお立ち寄りください!
 

12月17日(日)乳がん患者会「さくら会」を開催します。

12月の会では、外部より講師の先生をお迎えして、がん治療によるくすみや色素沈着・手術の傷跡などをカバーするメイク方法について学びます。詳しくは、こちらをご覧ください。

『諏訪を元気にする飲食店の会』の皆様より車イス3台を寄贈いただきました!

整形外科用の車イス3台!有効に活用させていただきます

11月30日(木)『諏訪を元気にする飲食店の会』さまより、2017年春に開催された「第13回そと呑みー」の収益の一部で、整形外科用の車イスを3台寄贈いただきました。
 


 

『諏訪を元気にする飲食店の会』の皆さまには、昨年開催された「信州諏訪味噌合戦 2016春の陣」の際にも、点滴スタンドを5台寄贈いただいております。
また、昨年から当院の病院祭にも数店ご参加いただき一緒に盛り上げていただきました。


この度は、本当にありがとうございました!病棟で有効に使用させていただきます。
 

12月14日(木)がん患者さん・ご家族の交流の場『ほっとサロン』を開催します。

「ほっとサロン」は、同じ体験を持つ患者さん・ご家族が、悩みや不安、体験などを自由に語り合うことのできる場です。今年最後のサロンで、同じ体験を持つ仲間と一緒におしゃべりをしませんか。詳しくは、こちらをご覧ください。

地域医療支援病院運営委員会が開催されました

平成29年度第3回地域医療支援病院運営委員会が開催されました

11月29日(水)当院応接室にて、本年度3度目の地域医療支援病院運営委員会が開催されました。
金子ゆかり諏訪市長をはじめ13名の委員の方々にお集まりいただき、貴重なご意見をいただき活発な意見交換を行うことができました。
 


会議の様子

金子ゆかり諏訪市長

今回新に、
諏訪郡医師会長 鈴木 正 様、富士見町町長 名取 重治 様に当委員会委員にご就任いただきました。

会議では、事務局より「地域医療支援病院の事業経過報告(平成29年度上半期)」として、地域医療支援病院の主な機能である「紹介患者への医療提供」「施設・設備の共同利用」「救急医療の提供」に関する運営報告を行いました。

また、その他の取り組みとして「働き方改革~イクボス宣言~」や「職場いきいきカンパニーの認定」「地域との災害シミュレーション」などについて報告いたしました。


今後も関係の方々のご支援を賜りながら、地域医療支援病院としての機能の充実に努めて参りたいと存じます。

12月13日(水) 第3回「がん化学療法講座」を開催いたします!

第3回目の今回は、”医療者側の安全配慮”と題して、曝露対策、感染対策について扱います。

詳しくはこちらをご覧ください。

【お知らせ】インフルエンザ予防接種新規受付及び接種中止のお知らせ

インフルエンザ予防接種新規受付及び接種中止のお知らせ

今年度はインフルエンザワクチンの在庫が少なく、例年以上に接種を希望される患者さんが集中し、新規の受付及び接種が出来なくなりました。
大変申し訳ございませんが、インフルエンザの新規受付及び接種を見合わせいただきます。
ワクチンの手配が出来次第再開の予定ですが、現段階では未定の状況です。
ご不便、ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご容赦の程、お願い申し上げます。

諏訪赤十字病院

池坊いけばな作品展を開催中!

当院1階エントランスホールにて、華道家元池坊諏訪支部有志による作品展を開催しております。
病院を訪れる患者さんを癒すとともに、普段あまり華道に接する機会のない方々にいけばなの魅力を伝えたいと、池坊諏訪支部が企画し今回で9回目の開催になります!

【日時】前期:11月27日(月)~28日(火)8:30~17:00
    後期:11月29日(水)~30日(木)8:30~17:00
   (前期・後期で作品を入れ替えます)

 


 

 


 

 

心癒される作品が展示されています。是非皆さんお立ち寄りください!

第8回の開催の様子はこちらから

11月26日(日)第43回ハートラちゃん講座を開催しました!

ハートラちゃん講座のページはこちらから

平成29年度 開催報告はこちらから

災害シミュレーション(本部機能訓練)を行いました

諏訪地域無線通信訓練と合同で災害シミュレーションを行いました。

11月25日(土)当院災害マニュアルを基にした災害シミュレーション(本部機能訓練)を、諏訪地域無線通信訓練と合同で行いました。
当院休診日に、糸魚川ー静岡構造線断層で震度7の地震が発生し、諏訪市も震度7を観測した想定で訓練は行われました。
 


発災後、当院手続きをとり暫定災害対策本部を設置

その後、災害地策本部を設置・災害モードを発令し、多数の傷病者の受け入れを行いました。
 


災害対策本部を設置し、傷病者の受け入れ開始

周辺地域の道路状況の把握、施設の損壊やスタッフの体調不良への対応、マスコミへの情報発信など、様々な想定の中で訓練は行われました。
 


諏訪地域災害時医療統括本部

新設エリア統括
(災害対策本部へ無線通信や
PCを利用しての状況付与)

災害拠点病院である当院では、今回の訓練の反省や課題を参考にいつ起こるかわからない災害に備え、今後も訓練や研修を重ねていきたいと考えております。

★当院の災害拠点病院のページはこちらから★  
 

サイトマップ
ページの先頭へ