• お知らせ

阿部守一長野県知事が当院に来院しました

2019年01月15日 病院情報

1月15日(火)「しあわせ信州移動知事室」の活動の一環として阿部守一長野県知事が当院に来院し、管理棟1階のエネルギーセンターの視察と諏訪地域で働く若手看護職員との対話を行いました。

下水熱エネルギーの利用現場の視察

当院のエネルギーセンターでは、株式会社シーエナジー様のプランのもと、エネルギー費用削減と地球温暖化対策として、下水熱と地中熱を活用した地産地消型再生可能エネルギーを導入しております。
県が管理する下水道管を活用した排熱の利用は、全国で初めての取り組みです。
 


阿部長野県知事(中央)と株式会社シーエナジー佐古社長(右)と梶川院長

 


 

 
諏訪地域で働く若手看護職員との対話

「つなぐ看護~看護職が一体となって療養者を支える~」をテーマに、看護職として職務に当たるうえでの抱負・心構え・使命感などについて、様々な職場で働く若手看護職員5名が発言し、知事と意見交換を行いました。
 


 

 
災害救護車両の見学

 

エネルギーセンターの視察と若手看護職員との対話のほか、当院が所有する災害救護車両の見学を行いました。

災害救護車両は、救命のための蘇生処置、簡単な外科手術、診察および簡易なベッドを有した、いわば「動く診療所」です。
また、大規模災害時には、被災地における情報収集や現地救護活動の拠点としての機能を有しています。
 

「しあわせ信州移動知事室」とは

「しあわせ信州移動知事室」は、知事が広い県土をもつ本県の様々な課題をタイムリーに把握し、スピード感を持って県政全般に反映させていく取り組みです。 詳細はこちらから
 

サイトマップ
ページの先頭へ