• お知らせ

脳卒中センター市民公開講演会を開催しました!

2018年11月20日 各種イベント


 

11月18日(日)当院の脳卒中センターの医師が「最新の脳卒中診療『脳カテーテル治療』」と題して、諏訪市総合福祉センター湯小路いきいき元気館3階交流ひろばにて講演会を行いました。

第一脳神経外科部長の柿澤医師を座長に、脳卒中センター・副センター長 兼 神経内科部長の安出医師、脳卒中センター・センター長 兼 第二脳神経外科部長の和田医師、第一脳神経外科副部長の内山医師の3名が講演し、約170名の皆さまにご参加いただきました。
 


最新の脳卒中診療『脳カテーテル治療』
座長:柿澤医師

「脳卒中とは」
演者:安出医師

 


「脳卒中センターの歩み」
演者:和田医師

「脳血管内治療とは」
演者:内山医師


<ご参加いだたいた方の感想(一部抜粋)>
・動画を用いた説明で具体的なイメージが描け、素人目にもすごいと思いました。医学の進歩を感じました。(60代男性)
・最先端の技術を持った先生がおり、何より発症したらすぐ病院に来る事、予防と健診が大事だと感じました。(80代女性)
・脳卒中の予防や最新の治療法などとても勉強になりました。また「チーム一丸となって研修し待機している」という言葉も心に残りました。(40代男性)
・何かあったら様子を見ないですぐ救急車を!とのお話があり、健康寿命を延ばすための具体的かつピンポイントの説明は忘れずにいたいと思います。(50代女性)


ご参加いただきました皆さまありがとうございました!

脳卒中センターのページはこちらから
脳神経外科のページはこちらから
神経内科のページはこちらから


 

サイトマップ
ページの先頭へ