• お知らせ

7月24日(水)、患者・家族のミニがん教室「抗がん剤治療の副作用について」を開催します

2019年07月10日 各種イベント

患者・家族のミニがん教室は、気軽に質問や相談ができる少人数教室です。今回は、抗がん剤治療の副作用とその対処法について、がん化学療法看護認定看護師がわかりやすくお話します。詳しくは、こちらをご覧ください。

第15回日赤病院祭を開催しました!

2019年05月27日 各種イベント

[令和元年]新たなスタートを地域の皆さんと共に

令和元年5月25日(土)諏訪赤十字病院で15回目となる日赤病院祭を開催し、2,633名の方にご来場いただきました。
 

開会式・オープニングセレモニー


進士病院祭実行委員長

梶川院長

 


島崎二区 子ども花笠踊り

島崎一区 子ども神輿

 


バルーンリリースと共に開催宣言

 

日赤ミニマラソンDEスワ!

諏訪湖畔では、毎年恒例の「日赤ミニマラソンDEスワ!」が行われました。
地元の小学生や親子で一緒に参加した方、また、看護学生や日赤職員も一緒に、元気に2キロの道を走り抜きました。
 


元気よく一斉にスタート!

一生懸命走りました

 


最後はみんなで記念写真☆

 

屋外イベント(ロータリー・正面玄関ピロティ)

ロータリーでは、フードコーナーや野菜・果物販売、「諏訪を元気にする飲食店の会」様による屋台村、日赤奉仕団による炊き出しの配布、ペットセラピーなどが行われました。
また、災害救護車両やドクターカーを展示し、献血にもご協力いただきました。
 


大人気のフードコーナー

野菜・果物販売

 


日赤奉仕団の皆さまによる炊き出し

ペットセラピー

 

屋内イベント(エントラスホール・研修センター)

子ども広場やハンドケア、職業体験を行いました。また、健康チェックは、今年も大勢の方が測定に訪れました。
 


子ども広場

みんなで魚釣り

 


看護師によるハンドケア

ドクターと一緒に内視鏡手術の体験

 


日赤有志「和を楽しむ会」によるお茶会

救急法の体験

 


「かっこうの会」バンド演奏

諏訪実業高校による書道パフォーマンス

 


看護学生によるパフォーマンス

諏訪清陵高校音楽部による合唱

 

松山 三四六 さんによる講演と院長対談

これからの地域医療に必要なこと
~信州のど真ん中から笑顔を発信~

メイン企画として、松山 三四六 さんに「一瞬懸命に働く、信州の働き方改革」をテーマに、これからの地域医療に必要なことついてご講演いただきました。講演後は、梶川院長と対談を行い、会場を盛り上げていただきました。
 


松山 三四六 さん

 


梶川院長と対談

大勢の方にお越しいただきました

 

閉会式

「パプリカ/Foorin」の合唱で、病院祭は閉会しました。
 


松山 三四六 さんと来場者の皆様と一緒に大合唱


ご来場、ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

当院では引き続き、基本方針に基づき地域と共に歩んで参ります。
 

「赤十字レッドライトアップ2019」フォトコンテスト入賞作品発表

2019年05月22日 各種イベント

「赤十字レッドライトアップ2019」実施しました!

5月8日は世界赤十字デーです。
赤十字の創設者アンリー・デュナンの生誕にちなみ、1948年に制定されました。 

日本赤十字社では、アンリー・デュナンと日赤創設者の佐野常民が強く訴えた「人道」への理解を深めていただくことを目的に、国内の歴史的建造物やランドマークとなる施設(42施設)を赤くライトアップいたしました。
 

フォトコンテスト同時開催しました!

諏訪赤十字病院では、今年度、新たな企画としてフォトコンテストを開催しました。
応募総数57作品より、入賞した作品(最優秀賞1点、優秀賞3点、院長特別賞1点)は以下のとおりです。
 

最優秀賞

人道に感謝
山崎 哲 様
(下諏訪町)

優秀賞

将来お医者さんに
小口 照人 様
(岡谷市)

優秀賞

cross over
匿名

優秀賞

流れ
清水 伸 様
(岡谷市)

院長特別賞

薄慕の日赤
清水 佳児 様
(岡谷市)


入賞されたみなさまおめでとうございます。また、たくさんのご応募ありがとうございました。
 

エントラスホールにて展示会を開催します!

5月24日(金)~6月3日(月)の期間中、諏訪赤十字病院エントラスホールにて、入賞作品および応募作品の展示会を開催いたします。
来院された際には、ぜひお立ち寄りください。
 

赤十字運動月間・看護の日のイベントを開催しました!

2019年05月10日 各種イベント

諏訪赤十字病院と長野県看護協会の協同でイベント開催!

5月の「赤十字運動月間」と5月12日の「看護の日」にちなみ、エントランスホールにてイベントを開催しました。
 


癒しのハンドケア

チラシやノベルティの配布

防災グッズの紹介

お薬相談・栄養相談

 

諏訪赤十字看護専門学校の学生による「看護の日」イベント開催!

午前中は、上諏訪駅や城南小学校等でビラを配り、合唱や交流PR活動を行いました。
午後からは、デイルームで入院患者さんへ歌や手作りのお花のプレゼントを行いました。また、ナイチンゲール生誕祭も行われました。
 


各階でコンサート開催

患者さんと一緒に

ナイチンゲール生誕祭

キャンドルに火を灯します

諏訪赤十字看護専門学校のページはこちらから
 

5月25日(土)第15回日赤病院祭開催!!

当日は多数イベントを企画しておりますので、ぜひ皆さんお越しください!

第15回日赤病院祭の詳細はこちらから

5月8日(水)世界赤十字デーに当院を赤くライトアップしました!

2019年05月09日 各種イベント

 


5月8日は世界赤十字デーです。
赤十字の創設者アンリー・デュナンの生誕にちなみ、1948年に制定されました。
諏訪赤十字病院では、先人達が歩んできた人道の歴史に思いをはせるとともに、紛争や災害で苦しむ人々に寄り添い、アンリー・デュナンと日赤創設者の佐野常民が強く訴えた「人道」への理解を深めていただくことを目的として「赤十字レッドライトアップ2019」を実施いたしました。

また、今年度は初めての取り組みとして「赤十字レッドライトアップ2019」にかかるフォトコンテストも同時開催しました。
 

フォトコンテスト応募受付中!

※5/13追記 応募が完了いたしましたら、担当者から受付完了メールをお送りしております。
※5/13追記 応募先のメールアドレスにデータを送信できない例がございます。送信ができない方は、お手数ですが、経営企画課(0266-52-6111)までお問い合わせください。


どなたでもご応募いただけます。たくさんのご応募お待ちしております!

<募集受付期間>
2019年5月8日(水)~5月17日(金)

<応募資格>
どなたでもご応募いただけます

<募集写真>
諏訪赤十字病院がライトアップされていると分かる写真

<応募点数>
1人3点まで

<応募形態>
・1作品20MB以内のJPEGデータに限る
・カラー、モノクロいずれも可
・組写真不可
・デジタルカメラの機種に制限なし
・スマートフォンでのご応募も可能

<応募方法>
メールにてご応募ください(Mail:koho@suwa.jrc.or.jp)。
件名を「ライトアップ2019」とし、本文に ①応募作品のタイトル ②応募者の氏名 ③住所 ④生年月日 ⑤連絡先 を記入のうえ、応募写真を添付してメールしてください。
容量超過などによりメールをお送りできない場合はご連絡ください。

<審査発表>
プロモーション委員会にて実施します。
入賞作品決定後、応募者本人あてに文書にて通知いたします。
また、5月23日(木)諏訪赤十字病院ホームページにて発表いたします。

<賞>
最優秀賞1点、優秀賞3点、院長特別賞1点
・賞状および記念品を贈呈します。
・最優秀賞の作品はホームページのトップページに掲載します。
・最優秀賞、優秀賞、院長特別賞の作品は、広報誌「ほっとらいん」に掲載します。
 また、諏訪赤十字病院本館1階エントランスホールに展示します。
 【展示期間:5月24日(金)~終了日時調整中】

<主催>
諏訪赤十字病院(プロモーション委員会)

<問い合わせ先>
0266-52-6111(代表)
諏訪赤十字病院 経営企画課 企画・広報係

<注意事項>
・応募写真は、応募者自身が撮影し、同一作品が他のコンテストに応募または入賞されていないもののみとします。ただし、個人のSNSやブログに発表した作品については、応募可能とします。
・未成年者の応募は、保護者の同意を得たものとします。
・応募者の個人情報は、入賞発表など本コンテストに必要な範囲のみにおいて使用され、氏名・年齢が明示される場合があります。
・作品に関する被写体の肖像権や他の諸権利を含む作品は権利者の承認を得たものとします。作品に関する肖像権や著作権等第三者の権利侵害については、主催者は一切の責任を負いません。
・主催者が「応募規定に反する」「公序良俗に反する」「法令等に違反する」「肖像権や著作権、プライバシーの侵害がある」またはそれらの恐れがあると判断した場合には、審査の対象とはなりません。
・入賞作品は、本イベントの他にインターネットや広報誌など、広報媒体として無償で使用させていただきます。なお、その際に生じた利益を作品提供者に提供することはございません。
・タイトルの明示やトリミングなども含め使用権は全て主催者に帰属します。
・作品の広報媒体での利用に際し、入賞者の意図する色調や表現が厳密に再現できない場合があることを予めご了承ください。その際、入賞者はこれに対して著作権人格権に基づく権利行使をしないものとします。

5月25日(土)『第15回日赤病院祭』開催します!

2019年05月09日 各種イベント

5月25日(土) 9:30~15:00

      第15回 日赤病院祭

【令和元年】新たなスタートを地域の皆さんと共に

※病院祭当日は幸い天候に恵まれますが、猛暑が予想されますので、

 来院される皆様は、暑さ対策や熱中症対策等をお願いいたします。

メイン企画

タレント、ラジオパーソナリティ、歌手、柔道家、長野大学福祉学部客員教授

松山 三四六さんによる講演会

1部→13:45~14:15

   「これからの地域医療に必要なこと」

   ~信州のど真ん中から笑顔を発信~ 講演会

2部→14:15~14:35

   諏訪赤十字病院 梶川病院長との対談

   14:35~14:45

   質疑応答

長野県を中心に活躍している松山三四六さんですが、ABNの

『駅前テレビ』の生放送が終わり次第駆けつけてくれます。

パンフレットはこちらからご覧ください。パンフレットを見る

主なイベント

・オープニングセレモニー(バルーンリリース、島崎一区子ども神輿、島崎二区花笠踊り)
・松山三四六氏による講演会
・無料カレー ※無くなり次第終了
・無料フードコーナー(フランクフルト、綿あめ、かき氷、非常食の配布) ※無くなり次第終了
・こども広場 ※会場が研修センターになっております

・職業体験~憧れのドクター、ナースになってみよう!!~
・健康チェック、医師相談、栄養相談、こどもの健康相談
・献血
・赤十字奉仕団による炊き出し ※無くなり次第終了

・看護師による癒しのハンドケア ※会場が研修センターになっております
・ペットセラピー
 

≪エントランスホールイベント≫
・かっこうの会の皆さんによるバンド演奏
・諏訪実業高等学校の学生さんによる書道パフォーマンス
・諏訪赤十字看護専門学校の学生による合唱等のパフォーマンス
・職員による認知症に関する寸劇

・松山三四六氏による講演会
・諏訪清陵高等学校の学生さんによる合唱


≪諏訪赤十字病院 湖畔前≫
・ミニマラソン(諏訪湖岸2キロ) 大会概要・申し込み方法はこちらから!
 当日の申し込みでも可能です!集合時間にお集まりください!




その他のイベントも多数用意しております!
なお、今年度も研修医による日赤笑劇場は行いませんのでご了承ください。

ご家族やお友達をお誘いあわせにうえ是非ご参加ください。
私たちと【令和元年】のスタートを大いに盛り上がりましょう!

当日スケジュールは以下のとおりです。

 

サイトマップ
ページの先頭へ